Once Upon A Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)

<<   作成日時 : 2015/04/22 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015年04月21日 18:30- 京セラドーム

満足度評価
★★★★★

画像


開演予定の18時半を過ぎても、ドーム内は明るくて、始まる雰囲気がまったくなくて・・・

画像


画像


そうこうしていたら、18時40分にステージの両サイドにあるスクリーンに映像が映しだされ・・・
ビートルズ時代の曲、ウィングス時代の曲、そしてソロの曲はもちろん、本人が歌っているものから、オリジナルとアレンジを変えたもの、そして、他のアーティストがカバーしているものまで約30分・・・

"I Want To Be Your Man"、“Twist & Shout”、”And I Love Her”、”Octopus Garden”、”Let E’m in”、”With A Little Luck”、”Goodnight Tonight”など・・・そして、”Silly Love Songs”と続いて

“Silly Love Songs”の映像が終わると・・・スクリーンにはヘフナーのバイオリン・ベースが映し出されて、ドーム内の照明が落とされて

ライトアップとともにポールとメンバーが登壇・・・ドーム内の興奮は最高潮。

ヘフナーを手にステージを一周して・・・・振り返ると同時に流れてきたのは・・・

「Magical Mystery Tour」のイントロ
前回のライブでは、「Eight Days A Week」だったですが、ワールドツアーでこの曲に代わっていたライブもあったので密かに期待していたので・・・イントロが流れた時点で興奮がピークに

今朝の読売テレビの「す・またん」でこの時に映像が公開されていましたね。

画像


そして、「Save Us」と続いて
演奏が終わったら、ポールがステージ中央でライトアップされ
「まいど・オオサカ〜」

画像


「カエッテキタヨ」
「コンバン、マタ、ガンバル」と大阪弁を交えて挨拶

ここで、また、同時通訳システムの紹介
今回もタイムラグがあって・・・ちょっとなぁ・・って感じでした。
その上、ポールが頑張ってほとんど日本語でMCをしていたので・・・不要だったように思います。

次に流れてきたのは「Can’t Buy Me Love」・・・・これも、「All My Loving」と入れ替わっています。

「オオキニ」の後
ウィングス時代のヒット曲「Jet」・・・・これまた、「Listen To What The Man Said」と入れ替わっています。  ビートルズの初期の曲同士、また、ウィングスのヒット曲同士、うまく入れ替えていて、最高!

サイケディクにカラーリングされたレスポールを持って、「Let Me Roll It」
演奏が終わると間髪入れず、2013年の時と同じパターンでジミー・ヘンドリックスの「Foxy Lady」を演奏・・・これもポールのサービスですね。

レガシーなギターに持ち替えて・・・「レコーディングの時に使ったギターです」と紹介して流れてきたのが「Peperback Writer」

ピアノに移動し「ナンシーのためです」と「My Valentine」

手でWマークを作って「ウィングスの曲です」と
「Nineteen Hundred And Eighty Five」・・・わたしにとって前半の期待曲のひとつでした。

「The Long And Winding Road」では、オーディエンスが体をゆっくりと左右に揺らしながら静かに聴き入っていて・・・・やっぱり、「Nineteen Hundred And Eighty Five」の次と言うのはこの曲の魅力を下げているかな?

「リンダと一緒に作った曲なんだ」と「Maybe I'm Amazed」

「ノッテルカイ」と声をかけアコギに持ち替えて、アルバム「ヘルプ」から「I’ve Just Seem A Face」

「We Can Work It Out」

「Another Day」では、「ヒ〜ハァ〜」の連発。 大阪なので、ブラマヨ小杉さんのギャグと重なって、結構、ウケていました。

最初の四曲中三曲が入れ替わっていたので・・・その後も??
と思ったのですが、期待を裏切って???(笑) 2013年のセットリストに忠実に進んでいたので、次は「And I Love Her」だと思っていたら

「世界初公開デス」と紹介して演奏されたのは、昨年12月に発表されたポールにとって始めてゲームのBGM用に作われた「Hope For The Future」

ステージにあるスクリーンには、ゲームソフト「Destiny」の映像かな?(現物を知らないので、想像の域ですが・・・)
アコギながら、SFの映像とマッチした壮大な曲で・・・・驚きとともに大盛り上がり。

アコギを持ったまま続けて「And I Love Her」、「Black Bird」、「Here Today」・・・

ステージ中央にはサイケディクオルガンが登場し「New」、「Queenie Eye」、「Lady Madonna」

「次はサージェント・ペッパーズからデス。間違いました。嘘です。次はイエローサブマリンからデス。」と「All Together Now」・・・・この曲はマイナーですが、好きな曲のひとつです。

「今度こそ、サージェント・ペッハーズからデス」と「Lovely Rita」

次は、「Everybody Out There」のはずが、飛んで「Eleanor Rigby」を演奏。
「Hope For The Future」を入れた分、「Everybody Out There」を外して曲数をあわせたようですね。
「Being For The Benefit Of Mr. Kite!」

「Something」は、定番で一番はウクレレ・・・途中、ポールはアコスティクギターに持ち替え、二番はベースなどフルバンドでの演奏

ドーム内がひとつになって大合唱。

「Band On The Run」・・・
前回は、ちょっと物足りなく感じたのですが、今回の「Band On The Run」は格別でした。ウィングスのこの時代の曲が好きだったので「Nineteen Hundred And Eighty Five」も聴けたし・・・・なんと言っても、この曲の演奏が素晴らしかったので大満足。

「Back In The U.S.S.R」から定番の流れで「Let It Be」

「Live And Let Die」で爆竹とライトのド派手な演出が続き

そして、お決まりの「Hey Jude」・・・
「Live And Let Die」で盛り上がった余韻が残っている中で、オルガンに座るなり、歌いだしたこともあってか・・・前回の轍を踏むのかな??とちょっと心配したのですが
前回は、正直、「Ob-La-Di, Ob-La-Da」で直前に観衆とともに盛り上がったこともあってか、少々物足りない「Hey Jude」だったのですが
今回は、盛り上がりましたね。
これで、三度・・・「Hey Jude」の”Na Na Na”の大コーラスに参加できたなんて言うことなし。

この時点で時計の針は21時15分を差していて・・・ポールは、2時間ちょっと水いっぱいも口にせず31曲を怒涛のように歌い上げて、本当に超人ですね。

ここで、ポール以下メンバー全員、拍手を背にバックステージに

でも、観衆は、アンコールの大合唱。

再登場したメンバ―は、力強く「Day Tripper」、「Hi, Hi, Hi」を演奏。

そして、次は・・・・2013年のライブでは、「Get Back」だったのですが、半分期待しつつ

そしたら「One Two Three Four」とリズムを取って流れてきたのは「I Saw Her Standing There」

密かな期待が現実になって、もうサイコウ!
2002年に生で観ていたのですが、もう一度、生でこの演奏を観られるなんて・・・もう感動と興奮は最高潮。

演奏が終了するとメンバーは、またバックステージへ

観衆も事前に学習しているのか、帰る気配もなくアンコールの大合唱。

アコスティックギターを抱えポールが一人で登場。

淡々と「Yesterday」を歌い上げ、バックステージに戻りかけるとスタッフに止められて・・・・(笑)
あわせてバンドメンバーが登場し・・・・ハードロックの「Helter Skelter」を怒涛の演奏。

「もう、おうちに帰る時間・・・」とポールが言うと
観衆は、一斉に声をそろえて「No!」

バンドメンバーの紹介、スタッフや観衆への感謝を述べた後、ポールは、ピアノに向い・・・
そのまま「Golden Slumber」のイントロ・・・
流れるように「Carry That Weight」と続き、最後は「The End」・・・

そして、演奏が終わると・・・・
「また、逢いましょう」とメッセージを残し、ポールはバックステージへ

ドームの照明が点灯し、時計の針は21時45分を指していました。

これで約2時間45分に渡る異次元のライブは終了。

2013年と重なっているのは、34曲、言い換えれば、5曲が入れ替わっていました。

三度目のポールのライブですが、いずれも、ビートルズ時代、ウィングス時代、ソロ、そして、ニューアルバムからと・・・50年近い時代を超えた曲をうまくミックスして楽しめる選曲はとても素晴らしいものでした。

2002年と比べると「Jet」、「Can’t Buy Me Love」、「I Saw Her Standing There」が重なっているため、初めて生で聴くことができたのは、「Magical Mystery Tour」と・・・・何より、世界初公開と言う「Hope For The Future」が聴けたことも貴重な体験です。

今回は、2013年のライブの時より、何となくMCも淡々としていて・・・ライブ自体も淡々と進んだような気がします。

でも、ひとつひとつの曲の演奏は、今回の方がよかったように感じましたし、ライブの出来も、2002年と比べると、2002年の方がよかったと思いますが、2013年に比べると今回の方がよかったように思います。

【2013年の東京ドームのライブ映像】


休憩も挟まず、水をコップ一杯すら口に含まず、3時間近い時間、歌い、演奏続ける72歳・・・衰えることを知らない・・・
もう、スーパー・スターを飛び越えて「ウルトラ・スター」という称号ですね。

最後の「ABBEY ROAD」のラスト三曲(今回の演奏数は、これらを一曲として扱っているようですね)で締めくくる演出も最高でした。

この三曲がある意味、ビートルズの終焉だったので、ポールの来日はこれで最後と言うことを暗示しているのかな???と、今回もしみじみ感じてしまいました。

年齢的にも今回が最後と思いつつ・・・・・ポールが最後に「マタ、アイマショウ オオサカァ See You Next Time!」・・・
この言葉を期待したくなります。

画像



【2015年の京セラのライブ映像】



【セットリスト】
1.Magical Mystery Tour
2.Save Us
3.Can’t Buy Me Love
4.Jet
5.Let Me Roll It
6.Paperback Writer
7.My Valentine
8.Nineteen Hundred And Eighty-Five
9.The Long And Winding Road
10.Maybe I'm Amazed
11. I've Just Seen A Face
12.We Can Work It Out
13.Another Day
14.Hope For The Future
15.And I Love Her
16.Blackbird
17.Here Today
18.New
19.Queenie Eye
20.Lady Madonna
21.All Together Now
22.Lovely Rita
23.Eleanor Rigby
24.Being For The Benefit Of Mr. Kite!
25.Something
26.Ob-La-Di, Ob-La-Da
27.Band On The Run
28.Back In The U.S.S.R.
29.Let It Be
30.Live And Let Die
31.Hey Jude

Encore:
32.Day Tripper
33.Hi, Hi, Hi
34.I Saw Her Standing There

Encore 2:
35.Yesterday
36.Helter Skelter
37.Golden Slumbers
38.Carry That Weight
39.The End

赤字は2013年のライブから入れ替えられた曲です。
ラストの「ABBEY ROADメドレー」は三曲としてカウントしました。


【2015年4月大阪公演関連】
余韻に浸って・・・・
念願のグッズをゲット
Welcome Back PAUL !!
武道館公演も発表されましたね。
再来日がようやく決定

【2014年5月幻の大阪公演関連】
ポールが再来日?!

【2013年11月大阪公演関連】
余韻に浸って・・・
11年の夢が叶った夜
プリーズ・プリーズ・ミー
ようやく決まったのかな?
ポール・マッカートニーが来日
あれから10年・・・

【元ビートルズメンバーのライブ】
2015年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
幻の2014年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
2013年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
2013年 リンゴ・スター & ヒズ・オールスター・バンド大阪公演
2002年 ポール・マッカートニー大阪公演(driving japan tour 2002)

【ライブヒストリー】
(63)◆2017年カラフィナ大阪公演(Kalafina 9 + One)
(62)◆2017年ポール・マッカートニー東京公演(One On One Tour Japan)
(61)◆2017年サンタナ大阪公演
(60)◆2017年イエス・フィーチャリング・アンダーソン・ラビン・ウェイクマン尼崎公演
(59)◆チューリップ TULIP 45th Memorial Tour "it remembers" @ 米子
(58)◆"Kalafina with Strings" hristmas Premium Live 2016 @ 岡山
(57)◆"Kalafina with Strings" hristmas Premium Live 2016 @ 京都
(56)◆チューリップ TULIP 45th Memorial Tour "it remembers"
(55)◆カラフィナ Kalafina Arena LIVE 2016 神戸公演
(54)◆小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」
(53)◆ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー大阪公演
(52)◆サラ・ブライトマン 「Gala Concert 〜世界でいちばん美しい歌がある〜」 
(51)◆宇徳敬子 LIVE 2016 ミニアルバム「新月〜Rainbow〜」リリース記念
(50)◆庄野真代 デビュー40周年記念LIVE“DOMESTIC MAYO LINE 2016”
(49)◆幻の2016年 キース・エマーソン・バンド featuring マーク・ボニーラ
(48)◆2016年 ベイ・シティ・ローラーズ大阪公演
(47)◆2016年 アルバート・ハモンド大阪公演
(46)◆川嶋あい Ai Kawashima Concert 2016「This Is "Four" You」
(45)◆カラフィナ LIVE TOUR 2015〜2016 “for on the water”
(44)◆2016年 シカゴ大阪公演(JAPAN TOUR 2016)
(43)◆岸谷香 KAORI PARADISE 2015 -年末スペシャル-
(42)◆2015年 エルトン・ジョン大阪公演(The Million Dollar Piano)
(41)◆高橋真梨子 Mariko Takahashi Concert Vol.39 2015 ClaChic
(40)◆2015年 スリー・ディグリーズ大阪公演
(39)◆水越けいこ Keiko Mizukoshi Live Moon Stone 2015
(38)◆松山千春コンサート・ツアー「伝えなければ」2015 加古川公演
(37)◆2015年 オリビア・ニュートン・ジョン大阪公演
(36)◆2015年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
(35)◆小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2014-2015 「本日小田日和」
(34)◆財津和夫コンサート2015〜TULIPの夢を歌う〜
(33)◆竹内まりや Souvenir 2014 Mariya Takeuchi Live
(32)◆2014年 カラフィナ大阪公演(Kalafina LIVE TOUR 2014)
(31)◆2014年 ボストン大阪公演(HEAVEN ON EARTH TOUR)
(30)◆2014年 ゴダイゴ大阪公演
(29)◆2014年 エリオット・ヤミン大阪公演
(28)◆財津和夫コンサート2014〜TULIPの夢を歌う〜
(27)◆川井郁子 2014 IN OSAKA The Violin Muse
(26)◆幻の2014年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
(25)◆2014年 ヘイリー大阪公演
(24)◆2014年 ジェフ・ベック大阪公演
(23)◆松任谷由実コンサートツアー 2013-2014 POP CLASSICO
(22)◆梶浦由記 Yuki Kajiura Live Vol.11 Elemental Tour 2014
(21)◆2014年 アル・マッケイ・オールスターズ大阪公演
(20)◆Christmas Premium Live 2013 "Kalafina with Strings"
(19)◆2013年 ボズ・スキャッグス尼崎公演(Boz Scaggs The Menphis Tour)
(18)◆2013年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
(17)◆2013年 佐藤しのぶ 日本のうた〜震える心
(16)◆2013年 リンゴ・スター & ヒズ・オールスター・バンド大阪公演
(15)◆2012年 アル・マッケイ・オールスターズ大阪公演
(14)◆宇徳敬子 Live 2012 "WOMAN4" at hillsパン工場
(13)◆2012年 クリストファー・クロス大阪公演
(12)◆2012年 夏川りみ & 京フィル ABCスペシャルコンサート
(11)◆2011年 エリック・クラプトン & スティーヴ・ウィンウッド大阪公演
(10)◆2011年 ギルバート・オサリバン大阪公演
(09)◆2011年 エア・サプライ大阪公演
(08)◆2011年 イーグルス大阪公演(Long Road Out of Eden Japan Tour)
(07)◆2010年 オリビア・ニュートン・ジョン尼崎公演
(06)◆幻の2010年 キース・エマーソン & グレグ・レイク大阪公演
(05)◆2009年 サイモン & ガーファンクル大阪公演(Old Friends Tour Japan 2009)
(04)◆2008年 キース・エマーソン 大阪公演
(03)◆今井美樹 MIKI IMAI CONCERT TOUR 2008
(02)◆2008年 シカゴ/ヒューイ・ルイス & ザ・ニュース 大阪合同公演
(01)◆2002年 ポール・マッカートニー大阪公演(driving japan tour 2002)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ライブに参加しているかのような気持ちで興奮しながら拝見させていただきました(笑)
今回もかなり良かったようで忘れられない素敵な思い出になりましたね(*^-^*)
こねこ
2015/04/23 23:04
こねこさん

こんにちは。
72歳の年齢を感じさせない素晴らしいライブでした。
伝説のビートルズを眼の前で体感できて、とてもいい思い出になりました。 
確か、こねこさんも、昨年中止になった長居陸上競技場でのライブに行かれる予定だったんですよね。
ほんと、中止になってとても残念だったと思います。
また、機会があれば・・・と言いたいところですが、やはり年齢的に再来日は難しいでしょうね。
けんけん
2015/04/24 17:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR) Once Upon A Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる