Once Upon A Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年 シカゴ大阪公演(Chicago Japan Tour 2016)

<<   作成日時 : 2016/01/10 00:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016年01月09日 18:00-  大阪国際会議場メインホール

満足度評価
★★★★☆

画像


三連休の初日
先週までの暖かい日と打って変わって、1月って言う寒い中、シカゴのライブに行ってきました。

画像


画像


4年ぶりの来日とのことですが、わたしにとっては、ヒューイ・ルイス&ニュースとの合同公演以来、8年ぶり

兄の影響で中学校時代に出逢ってから40年近く経ちますが・・・
チェイスなどのブラス・バンドが流行った時期もあったと思いますが、わたしにとっては、ブラス・ロックの最高峰は、やっぱりシカゴですね。

昨年10月の全米ツアーの際のセットリストを参考に手に持って・・・ワクワク

予定時間を10分ほど過ぎた18時10分にメンバーがステージに上がり

ロバート・ラムのヴォーカルでライブはスタート

“Questions 67 & 68”のイントロが流れると・・・何か懐かしくて

<Questions 67 & 68>


そして、”Alive Again”では、前半では一番盛り上がったかな?

<Alive Again>


多くの観衆が立ち上がって・・・特に女性のお客さんの方がノリノリかな?
この曲を聴くと当時のことが走馬灯のよう蘇って、ちょっとウルウル

怒涛のような演奏が続いて・・

19時20分過ぎで、一部が終了して、20分間の休憩

19時40分から二部が再開

ここから一息もつかせないほどの勢いで演奏が続き

途中、ドラムとパーカッションの5分を超える迫力あるリズムセッションで大盛り上がり

ラストに入り・・・もう、20曲くらい演奏したかな?? もう数えるのを忘れるくらい・・・

あの聴きなれたイントロが流れて”Hard To Say I'm Sorry(素直になれなくて)”・・・

多くの観衆は立ち上がって・・・身体を揺らしながら

<Hard To Say I'm Sorry(素直になれなくて)>


この曲だけは、やっぱり、ピーター・セテラのミリオン・ダラー・ヴォイスで聴きたかったかな?

<ピーター・セテラ版「Hard To Say I'm Sorry(素直になれなくて)」>


“Hey Jude”は、ポールが歌うからこそ”Hey Jude”
この曲も、ピーター・セタラが歌うから、この曲の魅力が最大限伝わってくる曲なのでしょうね。

でも、ジェイソン・シェフも頑張って・・・8年前聴いた時より良かったかな?

そして、間髪を入れず、”Get Away”でノリノリ

ロバート・ラムがいい味を出している・・・初期の”Saturday in the Park”では、観客は総立ちでリズムを取って

<Saturday in the Park>


盛り上がったまま“Feelin' Stronger Every Day”へ流れ込んで大盛り上がり

そして、演奏が終わると、余韻を残したままメンバーはバックステージへ

立ち上がったままの観衆は、アンコールの大合唱

しばらくするとメンバー全員がステージに戻って来て、”Free”を演奏で、さらに盛り上げて・・

最後はこれしかないでしょう

と、ギターのイントロが流れた瞬間、観衆の興奮は最大限に・・・キース・ハウランドのギターの音色は、とてもお気に入りです。

ノリノリの” 25 or 6 to 4(長い夜)”!!

観客は総立ちで、手拍子と身体を揺らして・・・・大盛り上がり

この曲は、ポールのライブだと、わたし的には”I Saw Her Standing There”に匹敵するくらいの定番の最高の盛り上げ曲ですね。

<25 Or 6 To 4(長い夜)>


演奏が終わると・・・メンバー9人がステージ中央に集まって”オオキニィ、Thank you so much、オオサカダイスキ、サヨナラ”と大阪弁で感謝の言葉を残して、メンバーはバックステージに下がりライブは終了。
時計は、20時50分を指していました。

途中、20分の休憩を挟みましたが・・・2時間30分近い時間、25曲を超える力強い演奏は、期待どおりでした。

前半は、全米ツアーのセットリストとほとんど同じ?
後半は、少し変わっていたかな??

ジェイソン・シェフのヴォーカルは・・・来日後、初ライブと言うこともあってか・・・少し安定を欠いていた感がありましたが、ここぞと言う時には、いい味を出していました。

まぁ、何と言っても前回は、ヒューイ・ルイス&ニュースとの合同公演だったこともあって、シカゴとしては、半分のパフォーマンスだったので、今回は、フル・パフォーマンスで大満足。

決して、ヒューイ・ルイスがダメって言うのではなくて、二つのグループを一度に観れるのでメリットは大きいですが、それぞれが半分ずつって言うのは、デメリットだったのを今回のライブで再認識させてくれました。

シカゴは、「ライブバンド」!!と言われるだけあって、一人一人の演奏力は、とても素晴らしくて・・・ノリノリのライブでした。

来週には、愛知、横浜、仙台とライブが続きますが、今日のライブで時差ボケも解消されたでしょうから、素晴らしい演奏を楽しめると思います。

ところで・・・シカゴのライブの余韻に浸っている中、月曜日は、同じ場所でカラフィナのライブです。
そちらも、とても楽しみです。

画像



01.Intro
02.Questions 67 & 68
03.Dialogue
04.If You Leave Me Now
05.Alive Again
06.Wake Up Sunshine
07.Now
08.Call On Me
09.(I've Been) Searchin' So Long / Mongonucleosis
10.Will You Still Love Me ?
11.Another Rainy Day In New York City
12.Look Away
13. Ballet For A Girl In Buchannon
14.Old Days
15.Does Anybody Really Know What Time It Is?
16.Hard Habit To Break
17.You’re The Inspiration
18.Beginning
19.I'm a Man
20.Street Player
21.Just You 'n' Me
22.Hard to Say I'm Sorry / Get Away
23.Saturday in the Park
24.Feelin' Stronger Every Day

Encore
25.Free
26.25 or 6 to 4


噂をすれば、シカゴが・・・・・
ピーター・セテラが来日するけど・・・

【ライブヒストリー】
(63)◆2017年カラフィナ大阪公演(Kalafina 9 + One)
(62)◆2017年ポール・マッカートニー東京公演(One On One Tour Japan)
(61)◆2017年サンタナ大阪公演
(60)◆2017年イエス・フィーチャリング・アンダーソン・ラビン・ウェイクマン尼崎公演
(59)◆チューリップ TULIP 45th Memorial Tour "it remembers" @ 米子
(58)◆"Kalafina with Strings" hristmas Premium Live 2016 @ 岡山
(57)◆"Kalafina with Strings" hristmas Premium Live 2016 @ 京都
(56)◆チューリップ TULIP 45th Memorial Tour "it remembers"
(55)◆カラフィナ Kalafina Arena LIVE 2016 神戸公演
(54)◆小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」
(53)◆ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー大阪公演
(52)◆サラ・ブライトマン 「Gala Concert 〜世界でいちばん美しい歌がある〜」 
(51)◆宇徳敬子 LIVE 2016 ミニアルバム「新月〜Rainbow〜」リリース記念
(50)◆庄野真代 デビュー40周年記念LIVE“DOMESTIC MAYO LINE 2016”
(49)◆幻の2016年 キース・エマーソン・バンド featuring マーク・ボニーラ
(48)◆2016年 ベイ・シティ・ローラーズ大阪公演
(47)◆2016年 アルバート・ハモンド大阪公演
(46)◆川嶋あい Ai Kawashima Concert 2016「This Is "Four" You」
(45)◆カラフィナ LIVE TOUR 2015〜2016 “for on the water”
(44)◆2016年 シカゴ大阪公演(JAPAN TOUR 2016)
(43)◆岸谷香 KAORI PARADISE 2015 -年末スペシャル-
(42)◆2015年 エルトン・ジョン大阪公演(The Million Dollar Piano)
(41)◆高橋真梨子 Mariko Takahashi Concert Vol.39 2015 ClaChic
(40)◆2015年 スリー・ディグリーズ大阪公演
(39)◆水越けいこ Keiko Mizukoshi Live Moon Stone 2015
(38)◆松山千春コンサート・ツアー「伝えなければ」2015 加古川公演
(37)◆2015年 オリビア・ニュートン・ジョン大阪公演
(36)◆2015年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
(35)◆小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2014-2015 「本日小田日和」
(34)◆財津和夫コンサート2015〜TULIPの夢を歌う〜
(33)◆竹内まりや Souvenir 2014 Mariya Takeuchi Live
(32)◆2014年 カラフィナ大阪公演(Kalafina LIVE TOUR 2014)
(31)◆2014年 ボストン大阪公演(HEAVEN ON EARTH TOUR)
(30)◆2014年 ゴダイゴ大阪公演
(29)◆2014年 エリオット・ヤミン大阪公演
(28)◆財津和夫コンサート2014〜TULIPの夢を歌う〜
(27)◆川井郁子 2014 IN OSAKA The Violin Muse
(26)◆幻の2014年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
(25)◆2014年 ヘイリー大阪公演
(24)◆2014年 ジェフ・ベック大阪公演
(23)◆松任谷由実コンサートツアー 2013-2014 POP CLASSICO
(22)◆梶浦由記 Yuki Kajiura Live Vol.11 Elemental Tour 2014
(21)◆2014年 アル・マッケイ・オールスターズ大阪公演
(20)◆Christmas Premium Live 2013 "Kalafina with Strings"
(19)◆2013年 ボズ・スキャッグス尼崎公演(Boz Scaggs The Menphis Tour)
(18)◆2013年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
(17)◆2013年 佐藤しのぶ 日本のうた〜震える心
(16)◆2013年 リンゴ・スター & ヒズ・オールスター・バンド大阪公演
(15)◆2012年 アル・マッケイ・オールスターズ大阪公演
(14)◆宇徳敬子 Live 2012 "WOMAN4" at hillsパン工場
(13)◆2012年 クリストファー・クロス大阪公演
(12)◆2012年 夏川りみ & 京フィル ABCスペシャルコンサート
(11)◆2011年 エリック・クラプトン & スティーヴ・ウィンウッド大阪公演
(10)◆2011年 ギルバート・オサリバン大阪公演
(09)◆2011年 エア・サプライ大阪公演
(08)◆2011年 イーグルス大阪公演(Long Road Out of Eden Japan Tour)
(07)◆2010年 オリビア・ニュートン・ジョン尼崎公演
(06)◆幻の2010年 キース・エマーソン & グレグ・レイク大阪公演
(05)◆2009年 サイモン & ガーファンクル大阪公演(Old Friends Tour Japan 2009)
(04)◆2008年 キース・エマーソン 大阪公演
(03)◆今井美樹 MIKI IMAI CONCERT TOUR 2008
(02)◆2008年 シカゴ/ヒューイ・ルイス & ザ・ニュース 大阪合同公演
(01)◆2002年 ポール・マッカートニー大阪公演(driving japan tour 2002)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
シカゴですか。いいなあ。
最近、なかなかコンサートにも行っていません。
年末のジャズピアノの小さなコンサートが最後です。
仕事が落ち着いたら、小さなコンサートでも行ってみたいなあ。
saki
2016/01/11 10:50
三連休は、シカゴの後、カラフィナのコンサートに行く機会がありました。

今は、なかなか生で観ることができないアーティストのライブ映像もYou Tubeで観ることができるようになってきて・・・・楽しみが増えました。

若い頃は、お金もなかったこともありますし、がむしゃらに仕事をしていて・・・
ライブなんて「夢のまた夢」でした。
何回か入院を経験して・・・行ける時に・・って言う気になってから、仕事を調整しながらのコンサートに足を運ぶ機会が増えました。
デビット・ボウイの訃報に接し、ほんと、自分が若い頃に聴いていたアーティストもそれなりの年齢なので、いつまでも現役で観れると言うこともあり得ないし

そう行った機会があれば、足を運べたらいいなぁと思います。

と、言いながら、ボブ・ディランが来日するようですが・・・どうしたものか・・・。
けんけん
2016/01/12 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年 シカゴ大阪公演(Chicago Japan Tour 2016) Once Upon A Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる