Once Upon A Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」

<<   作成日時 : 2016/09/09 22:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016年09月06日 18:30- 大阪城ホール

満足度評価
★★★★★

画像


台風の影響か・・・
あれ?
晴れ間が・・・と思ったら、叩き付けるような豪雨・・・と思ったら、しばらくしたら晴れ間?
と言う不純な天気の中、仕事を定時に切り上げて、大阪城ホールに足を運んで小田和正さんのライブを楽しんできました。

画像


オフコースで出会って以来なので、もう40年近い時間、小田和正さんの音楽に親しんでいて・・・
昨年の春、ほんと、念願のライブを楽しむ機会があって

あの時の感動があったので、次の機会があったらってライブ情報をチャックし、ライブが発表されたらチケットの入手にチャレンジしていたのですが、二度目がなかなか訪れなかったのですが

縁あってか・・今回のチケットの一般発売日にネットで購入できて、小田和正さんのライブに参加することが叶いました。

画像


開演時間から5分ほど遅れた18時35分
スクリーンにオフコースのデビュー当時から現代までの写真がスライドショーのように映し出され、会場の雰囲気が盛り上がって行く中、盛大な拍手に迎えられバンドメンバーとともに小田和正さんがステージ中央に・・・

“Wondeful life”と”こころ”を歌いきったところでマイクを手にご挨拶
バンドメンバー紹介の後・・・
「オフコース時代の曲をいくつかやります」と・・・

アコギを手に"眠れない夜"を・・・
この曲は、オフコース時代のお気に入りの一曲だったので、感動

その後もMCを挟みながらオフコース時代の曲を続け

ステージ中央でテレキャスターを手にして、“愛を止めないで”では、会場が総立ちで大盛り上がり



その後もピアノの弾き語りなど交えてオフコース時代の名曲の数々を歌い続けて・・・

“Yes No”では、再び会場が総立ちで大盛り上がり・・この日、一番盛り上がったかも?



途中からは当時のことが走馬灯のように読みかえって・・・ちょっとウルウル。

その余韻でオーディエンスがざわついている中、小田和正さんとバンドメンバーはステージから降りた時点で時計の針は、19時40分を指していました。

スクリーンには、ツアー中のご当地ビデオが投影され・・・この演出は、前回と同じだったので想定どおり

10分ほど、スクリーンに投影されたビデオでクールダウンした会場に改めてメンバーが戻ってきて
明治安田生命さんのCMソングとして採用されている”伝えたいことがあるんだ”で後半が開始

その後も歌いながら会場中を縦横無尽に移動してファンサービス
“キラキラ”では、オーディエンスが自発的に歌いだして・・・・地味に盛り上がりました。

ソロになってから一番のヒット曲?である“ラブ・ストーリーは突然に”では、会場中央に天井からミラーボールが吊り下げられ・・・90年代のバブル時期の雰囲気で大盛り上がり

ほんと、ご婦人たちが「昔取った杵柄」状態で完全にディスコ化ですね。

これが最後の曲です
と、ツアータイトルとなった”君住む街へ”を歌い終わるとメンバーはバックステージへ

5分ほどのアンコールの大合唱が続き・・・小田和正さんとバンドメンバーは再度ステージへ戻ってきて

“愛になる”を歌い

今でのツアーのセットリストだと次は”ダイジョウブ”と安心していたら
突然流れてきたイントロは”Yes Yes Yes”
不意を突かれた感はあったのですが、やっぱりこの曲は盛り上がります。

その後二曲歌い上げ、メンバーがステージ中央に集まってご挨拶したので、手元のセットリストより二曲少ないけど、これで終わりかな?

と思ったら、小田和正さんを中央にバンドメンバーが横一列に並んで、マイクを手にアカペラで”また会える日まで”を熱唱

今度こそラストかな? と思ったら
バンドメンバーは各々のホームポジションに戻り”生まれ来る子供たちのために”を披露して・・・大盛り上がりでライブは終了。

時計の針は、21時22分を指していました。

前回も素晴らしいライブでしたが、前回より10分ほど短かったのですが、今回の方がもっと盛り上がったかな?
ほんと、素晴らしいライブでした。

オーディエンスは・・・オフコース全盛期に青春の真っただ中?
いや、もう少し高いかな?
少なくとも、昨年春のライブから確実に平均年齢が1.5歳上がっていて

わたしの世代より少し高めかな??
還暦世代?



若かりし頃、このツアーに参加した方もいらっしゃったかも?

普段の生活では、お孫さん相手に・・・と思うような人たちが身体を揺らし、手を振って・・・大きな声で・・

ほんと、そのパワーには圧倒されっぱなしでした。

オフコースを体感できて・・感動、また、機会があったら行きたいですね。

次は、明日のカラフィナの初のアリーナライブです。
その次は・・・・チューリップのライブと続きます。

画像


01.wonderful life
02.こころ
03.眠れぬ夜
04.秋の気配
05.さよなら
06.僕の贈り物
07.愛を止めないで
08.時には愛を
09.心はなれて
10.言葉にできない
11.I LOVE YOU
12.Yes-No

13.伝えたいことがあるんだ
14.そんなことより幸せになろう
15.恋は大騒ぎ
15.キラキラ
16.ラブ・ストーリーは突然に
17.風と君を待つだけ
18.たしかなこと
19.my home town
20.さよならは言わない
21.今日もどこかで
22.風は止んだ
23.君住む街へ

アンコール

25.愛になる
26.YES-YES-YES
27.やさしい夜
28.ダイジョウブ
29.また会える日まで
30.生まれ来る子供たちのために

緑字は、2015年03月12日のライブと重なった曲


小田和正さんの2016年ツアー「君住む街へ」
チューリップの結成45周年ライブ・・・
カラフィナにとって初のアリーナ公演

【ライブヒストリー】
(63)◆2017年カラフィナ大阪公演(Kalafina 9 + One)
(62)◆2017年ポール・マッカートニー東京公演(One On One Tour Japan)
(61)◆2017年サンタナ大阪公演
(60)◆2017年イエス・フィーチャリング・アンダーソン・ラビン・ウェイクマン尼崎公演
(59)◆チューリップ TULIP 45th Memorial Tour "it remembers" @ 米子
(58)◆"Kalafina with Strings" hristmas Premium Live 2016 @ 岡山
(57)◆"Kalafina with Strings" hristmas Premium Live 2016 @ 京都
(56)◆チューリップ TULIP 45th Memorial Tour "it remembers"
(55)◆カラフィナ Kalafina Arena LIVE 2016 神戸公演
(54)◆小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」
(53)◆ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー大阪公演
(52)◆サラ・ブライトマン 「Gala Concert 〜世界でいちばん美しい歌がある〜」 
(51)◆宇徳敬子 LIVE 2016 ミニアルバム「新月〜Rainbow〜」リリース記念
(50)◆庄野真代 デビュー40周年記念LIVE“DOMESTIC MAYO LINE 2016”
(49)◆幻の2016年 キース・エマーソン・バンド featuring マーク・ボニーラ
(48)◆2016年 ベイ・シティ・ローラーズ大阪公演
(47)◆2016年 アルバート・ハモンド大阪公演
(46)◆川嶋あい Ai Kawashima Concert 2016「This Is "Four" You」
(45)◆カラフィナ LIVE TOUR 2015〜2016 “for on the water”
(44)◆2016年 シカゴ大阪公演(JAPAN TOUR 2016)
(43)◆岸谷香 KAORI PARADISE 2015 -年末スペシャル-
(42)◆2015年 エルトン・ジョン大阪公演(The Million Dollar Piano)
(41)◆高橋真梨子 Mariko Takahashi Concert Vol.39 2015 ClaChic
(40)◆2015年 スリー・ディグリーズ大阪公演
(39)◆水越けいこ Keiko Mizukoshi Live Moon Stone 2015
(38)◆松山千春コンサート・ツアー「伝えなければ」2015 加古川公演
(37)◆2015年 オリビア・ニュートン・ジョン大阪公演
(36)◆2015年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
(35)◆小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2014-2015 「本日小田日和」
(34)◆財津和夫コンサート2015〜TULIPの夢を歌う〜
(33)◆竹内まりや Souvenir 2014 Mariya Takeuchi Live
(32)◆2014年 カラフィナ大阪公演(Kalafina LIVE TOUR 2014)
(31)◆2014年 ボストン大阪公演(HEAVEN ON EARTH TOUR)
(30)◆2014年 ゴダイゴ大阪公演
(29)◆2014年 エリオット・ヤミン大阪公演
(28)◆財津和夫コンサート2014〜TULIPの夢を歌う〜
(27)◆川井郁子 2014 IN OSAKA The Violin Muse
(26)◆幻の2014年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
(25)◆2014年 ヘイリー大阪公演
(24)◆2014年 ジェフ・ベック大阪公演
(23)◆松任谷由実コンサートツアー 2013-2014 POP CLASSICO
(22)◆梶浦由記 Yuki Kajiura Live Vol.11 Elemental Tour 2014
(21)◆2014年 アル・マッケイ・オールスターズ大阪公演
(20)◆Christmas Premium Live 2013 "Kalafina with Strings"
(19)◆2013年 ボズ・スキャッグス尼崎公演(Boz Scaggs The Menphis Tour)
(18)◆2013年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
(17)◆2013年 佐藤しのぶ 日本のうた〜震える心
(16)◆2013年 リンゴ・スター & ヒズ・オールスター・バンド大阪公演
(15)◆2012年 アル・マッケイ・オールスターズ大阪公演
(14)◆宇徳敬子 Live 2012 "WOMAN4" at hillsパン工場
(13)◆2012年 クリストファー・クロス大阪公演
(12)◆2012年 夏川りみ & 京フィル ABCスペシャルコンサート
(11)◆2011年 エリック・クラプトン & スティーヴ・ウィンウッド大阪公演
(10)◆2011年 ギルバート・オサリバン大阪公演
(09)◆2011年 エア・サプライ大阪公演
(08)◆2011年 イーグルス大阪公演(Long Road Out of Eden Japan Tour)
(07)◆2010年 オリビア・ニュートン・ジョン尼崎公演
(06)◆幻の2010年 キース・エマーソン & グレグ・レイク大阪公演
(05)◆2009年 サイモン & ガーファンクル大阪公演(Old Friends Tour Japan 2009)
(04)◆2008年 キース・エマーソン 大阪公演
(03)◆今井美樹 MIKI IMAI CONCERT TOUR 2008
(02)◆2008年 シカゴ/ヒューイ・ルイス & ザ・ニュース 大阪合同公演
(01)◆2002年 ポール・マッカートニー大阪公演(driving japan tour 2002)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒット曲が多すぎて、ライブが長くなる一方ですね。お客さんは嬉しいけど、アーチストは大変。小田さんも若くはないので、体力作りも頑張られているのでしょう。
saki
2016/09/09 23:45
ほんと、オフコース時代の名曲の数々・・・
青春時代にトリップして大盛り上がりでした。

途中、ツアーのビデオ映像が流れていたのですが、小田和正さんは、歳を感じさせないくらい元気で
四国の金比羅山のあの階段を走破したり・・・
また、ライブでも会場を縦横無尽に・・・
後、10日もすれば、69歳を迎えるのに、あの体力には感嘆です。

今日は、カラフィナのアリーナのライブ、そして、二週間後には、チューリップのライブを控えていて・・・
仕事も寝る時間がないくらい忙しい時がありますが・・・
自分の歳もそうですが、アーティストの歳を考えるとチャンスがあったらライブには行きたいですね。
そう言う意味では、ポールにも来日して欲しいですね。
けんけん
2016/09/10 01:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」 Once Upon A Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる