Once Upon A Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 明神電車「わかば号」

<<   作成日時 : 2017/04/23 09:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

駐車場の一画に

とてもカラフルな・・・どことなく遊園地にある遊具のようにも見える列車が展示されています。

画像


この車両は、この神子畑選鉱場と北西に6kmほど離れた明延鉱山とを結ぶために1929年に山を切り開いて作られた「明神電車」で使用されていた車両「わかば号」です。

画像


画像


「わかば号」は1960年に明延鉱山の大仙地区にあった鉱車修理工場で製造されたとのことで、当時は、こう言ったものまで自給自足をしていたようです。

元々は、鉱石の運搬に使用されていたのですが、戦後は鉱山関係者の便宜を図るため人の運送でも利用されました。
ちなみに鉱石の運搬用に一日10往復、人の運搬用に一日3往復運転されていたようですね。

当時は、鉱山関係者用だったため、無料だったようですが、4年後の1949年に50銭を徴収するようになり、その後、1952年から1円に値上げしたようですが、1985年の廃線まで、その1円は維持され・・マスコミでも「1円電車」として取り上げられ

全国から多くの観光客が「1円電車」に乗るだけのためにこの地に足を運んだようです。

神子畑選鉱場の横を縦に走るケーブルカーの上にこの明神電車の神子畑駅があったようです。

画像


先頭の機関車は、右ハンドル??

画像


今の電車って普通、左ハンドルだと思うので、ちょっと珍しいかも

画像


客車の中は対面のベンチシートになっていて20名ほど座れるかな?

画像


でも、天井が低く、また、ほとんどがトンネルだったことから、結構、圧迫感があったのでしょうね。

画像


最後尾には、鉱石を載せていたのかな?

画像


画像





明延鉱山の中心地跡(兵庫県養父市)
明延の街を散策(兵庫県養父市)
明延鉱山学習館(兵庫県養父市)
明延鉱山探検坑道(兵庫県養父市)
旧神子畑鉱山事務舎(元生野鉱山外人宿舎)(兵庫県朝来市)
神子畑選鉱場跡(兵庫県朝来市)
神子畑鋳鉄橋(兵庫県朝来市)

明神電車「わかば号」
明神電車「赤金(あかがね)号」
明神電車「黒金(くろがね)号」
明神電車「白金(しろがね)号」



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明神電車「わかば号」 Once Upon A Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる