Once Upon A Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 明延鉱山探検坑道(兵庫県養父市)

<<   作成日時 : 2017/04/24 07:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「神子畑選鉱場跡」を後に

国道429号線を西に進み

峠を越え、宍粟市に入ってからしばらくして県道6号線に左折して北上して「明延鉱山跡」を目指します。

明神鉄道は、山間部を直線で結んでいるため、約6kmですが、道路を走ると三倍近い17kmほどありました。

ワインディングロードの県道を進むと、左手に「明延鉱山探検坑道」の入口が突然現れます。

画像


明延鉱山は、天平勝宝4年(752年)に開眼した奈良の東大寺大仏を鋳造するための銅を献上したという伝承がある古い鉱山です。

県道をまたがる線路が緑の扉の中に繋がっていて・・・

画像


鉱石の運搬用車両が走っていたのでしょうね。

この鉱山入口は、普段は閉鎖されていますが、予約していたら、観光ガイドの方が坑道内を案内してくれるとのこと。

明延鉱山「世谷通洞坑」は、閉山までの間に総延長550kmも坑道が掘られ

画像


面的な広がりは約5平方キロメートルもあった大規模鉱山だったようです。

緑の扉が閉ざされていたので、隙間から覗き込むと、何か吸い込まれそうな雰囲気がします。

画像


坑道入口の前には、訪れた3月後半は、まだ、雪が残っていました。

画像


案内図を見ると、ここ「明延」と「神子畑」、「生野」の三つの鉱山が有機的に連携していたことが伺い知れます。

画像


鉱山入口の右手の坂があり・・・

画像


上って行くと

画像


「明延鉱山探検坑道」の出口があって

画像


勿論、こちらも閉鎖されていましたが・・・同様に覗き込んでみると・・・

画像


光の指す角度の関係だと思いますが、入口側より明るくと。引き込まれるような雰囲気はないですね。

機会があったら、坑道の中に入ってみたいけど
個人での予約ではダメなようなので、ちょっと難しいかな?




明延鉱山の中心地跡(兵庫県養父市)
明延の街を散策(兵庫県養父市)
明延鉱山学習館(兵庫県養父市)
明延鉱山探検坑道(兵庫県養父市)
旧神子畑鉱山事務舎(元生野鉱山外人宿舎)(兵庫県朝来市)
神子畑選鉱場跡(兵庫県朝来市)
神子畑鋳鉄橋(兵庫県朝来市)

明神電車「わかば号」
明神電車「赤金(あかがね)号」
明神電車「黒金(くろがね)号」
明神電車「白金(しろがね)号」



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明延鉱山探検坑道(兵庫県養父市) Once Upon A Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる