Once Upon A Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年ポール・マッカートニー東京公演(One On One Japan Tour)

<<   作成日時 : 2017/04/30 00:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2017年04月29日(土) 18:30- 東京ドーム

画像


満足度評価
★★★★☆

3月に和製ポール・マッカートニーと称される財津和夫さん率いるチューリップのライブに参加して・・
財津和夫さんのライブには四年連続四回足を運んでいますが、今回で本家ホール・マッカートニーも四回目のライブになります。

既に武道館やドームの初日のライブの映像が大量にYou Tubeにアップされていて・・
特に武道館は、声の出が今一で、ちょっと心配と言った論評もあり、正直、心配しながら東京ドームに足を運びました。

画像


画像


定刻から遅れること25分・・・

画像


18時55分に「A Day In The Life」のサビの部分が流れる中、メンバーが登壇

「A Hard Day’s Night」でライブはスタート

27日の東京ドームのセットリストを手にしていたので、次は、日本公開、聴きたいと思っていたウィングス時代の「Junior’s Farm」を期待していたら、流れてきたのは「Save Us」
同様に四曲目もWings時代の「Letting Go」と思ったら「Jet」と、期待していた二曲が入れ替わっていました。

定番の「Let Me Roll It」の後は、恒例のジミヘンの「Foxy Lady」のヘビメタを決めてくれました。

LP「Let It Be」のB面に収容されている「I’ve Got A Feeling」
この後、アドリブで弾いた曲名は分からなかったですね。

ウィングスファンに捧げますと期待していた「Nineteen Hundred And Eighty-Five 」
個人的には前半では一番盛り上がりました。

「We Can Work It Out」と思ったら・・・・・
アルバム「Help」に収容されていた「夢の人(I’ve Just Seen A Face)」に替わっていて・・・お気に入りの曲だったので満足。

ビートルズの初レコーティングの曲と紹介して演奏したのは、ビートルズの前身「クォリーメン」の 「In Spite of All the Danger」

この辺の流れは、27日のセットリストに沿って粛々と進んで行く感じ

定番の「Lady Madonna」の後は
一番新しい曲と紹介してアコギを手にカニエ・ウェストと共演した「FourFiveSeconds」

ビートルズ時代はリンゴがボーカルを担当した「I Wanna Be Your Man」をポールのボーカルで披露。

「Ob-La-Di, Ob-La-Da」ではオーディエンスも大合唱

ここからは、定番の「Band On The Run」、「Back In The U.S.S.R」、「Let It Be」、「Live And Let Die」を怒涛の演奏で畳みかけて

最後は、ポールがステージ中央のマジック・ピアノに座るとともに「Hey Jude」を演奏

勿論、後半はオーディエンスも参加したNANAの大合唱

アリーナの前のメンバーは「NANA」の文字が書かれたプラカードを持って、身体を左右に揺らせながら大合唱

今回で四回目の生のNANA大合唱でしたが、とても盛り上がりました。
特に女性だけのパートは、今までの四回の中で一番大きく、また、一番揃ったNANA大合唱でした。

歌い終わると全員ステージを降りて、会場の照明が落とされた時点で21時10分。

オーディエンスは手拍子を添えてアンコール

日の丸やユニオンジャックを振りながらメンバーはステージに戻って来て

定番のポールがアコギを手に「Yesterday」をしっとりと歌ったのですが・・
今回の「Yesterday」は声が出ていなかくて、ちょっと残念なでき?
さすがに、74歳で2時間以上歌い続けたので、もうこれ以上は無理かな??と思ったら

「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)」、「Hi,Hi,Hi」のシャウトはしっかりと声が出ていました。

次は「Birthday」と思っていたら

「One Two Three Four!」・・・何と「I Saw Her Standing There」
これは、サプライズでした。

勿論、今まで生で聴けなかった「Birthday」も聴きたかったのですが、やはり、「I Saw Her Standing There」が最高ですね。
定番の「The Long And Winding Road」がカットされていて、ちょっと残念に思っていましたが、この曲が入ったので、相殺ですね。

そして、Abbey Roadメドレー・・・。

歌い終わると、メンバー紹介もなく、メンバーは手を振りながらステージを降りてライブは終了。

時計の針は、21時30分を指していたので、実質2時間35分のライブですね。

過去の三回とも京セラドームだったので、ポールも「マイド」、「オオキニ」、「モウカリマッカ」と言った関西弁のMCだったので、標準語のMCはちょっと違和感があったかな(笑)

やはり、年齢的なこともあるのか、MCも比較的少なくて、一曲一曲の長さも短めの印象でした。
毎回、話題となる同時通訳システムも回を重ねるごとに活躍の場が減ってきています。(笑)

でも・・・ポール・マッカートニーを生で聴けたことだけで大満足。

次は・・・5月2日のカラフィナのフェスティバルホールでの「9 + Oneライブ」です。
カラフィナは、今回で8回目(FictionJunctionを合わせて)・・・
彼女たちのハーモニーは何度聴いても、その度に感嘆しているので、今回もとても楽しみにしています。

と言いつつ、今日は、ポールのライブの余韻にどっぷりと浸りたいと思います。

画像


画像



01.A Hard Day’s Night
02.Save Us
03.Can’t Buy Me Love
04.Jet
05.Temporary Secretary
06.Let Me Roll It
07.I’ve Got a Feeling
08.My Valentine
09. Nineteen Hundred And Eighty-Five
10. Maybe I’m Amazed
11.I’ve Just Seen A Face
12.In Spite of All the Danger
13.You Won’t See Me
14.Love Me Do
15.And I Love Her
16.Blackbird
17.Here Today
18.New
19.Queenie Eye
20.The Fool on the Hill
21.Lady Madonna
22.FourFiveSeconds
23.Eleanor Rigby
24.I Wanna Be Your Man
25.Being for the Benefit of Mr. Kite!
26.Something
27.Ob-La-Di, Ob-La-Da
28.Band on the Run
29.Back In the U.S.S.R.
30.Let It Be
31.Live and Let Die
32.Hey Jude

Encore
33.Yesterday
34.Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
35.Hi, Hi, Hi
36.I Saw Her Standing There
37.Golden Slumbers
38.Carry That Weight
39.The End

赤字は2002年、2013年、2015年のライブでは演奏されず今回初めてライブで聴いた曲です。
逆に四回とも生で聴けたのは、青字です。

ラストの「ABBEY ROADメドレー」は三曲としてカウントしました。


【2017年4月東京公演関連】
ポールからのお年玉?・・・4月に来日決定!
いよいよ、ポールの新しい全世界ツアーが始まりますね・・・

【2015年4月大阪公演関連】
余韻に浸って・・・・
念願のグッズをゲット
Welcome Back PAUL !!
武道館公演も発表されましたね。
再来日がようやく決定

【2014年5月幻の大阪公演関連】
ポールが再来日?!

【2013年11月大阪公演関連】
余韻に浸って・・・
11年の夢が叶った夜
プリーズ・プリーズ・ミー
ようやく決まったのかな?
ポール・マッカートニーが来日
あれから10年・・・

【元ビートルズメンバーのライブ】
2017年ポール・マッカートニー東京公演(One On One Tour Japan)
2015年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
幻の2014年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
2013年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
2013年 リンゴ・スター & ヒズ・オールスター・バンド大阪公演
2002年 ポール・マッカートニー大阪公演(driving japan tour 2002)


【ライブヒストリー】
(63)◆2017年カラフィナ大阪公演(Kalafina 9 + One)
(62)◆2017年ポール・マッカートニー東京公演(One On One Tour Japan)
(61)◆2017年サンタナ大阪公演
(60)◆2017年イエス・フィーチャリング・アンダーソン・ラビン・ウェイクマン尼崎公演
(59)◆チューリップ TULIP 45th Memorial Tour "it remembers" @ 米子
(58)◆"Kalafina with Strings" hristmas Premium Live 2016 @ 岡山
(57)◆"Kalafina with Strings" hristmas Premium Live 2016 @ 京都
(56)◆チューリップ TULIP 45th Memorial Tour "it remembers"
(55)◆カラフィナ Kalafina Arena LIVE 2016 神戸公演
(54)◆小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」
(53)◆ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー大阪公演
(52)◆サラ・ブライトマン 「Gala Concert 〜世界でいちばん美しい歌がある〜」 
(51)◆宇徳敬子 LIVE 2016 ミニアルバム「新月〜Rainbow〜」リリース記念
(50)◆庄野真代 デビュー40周年記念LIVE“DOMESTIC MAYO LINE 2016”
(49)◆幻の2016年 キース・エマーソン・バンド featuring マーク・ボニーラ
(48)◆2016年 ベイ・シティ・ローラーズ大阪公演
(47)◆2016年 アルバート・ハモンド大阪公演
(46)◆川嶋あい Ai Kawashima Concert 2016「This Is "Four" You」
(45)◆カラフィナ LIVE TOUR 2015〜2016 “for on the water”
(44)◆2016年 シカゴ大阪公演(JAPAN TOUR 2016)
(43)◆岸谷香 KAORI PARADISE 2015 -年末スペシャル-
(42)◆2015年 エルトン・ジョン大阪公演(The Million Dollar Piano)
(41)◆高橋真梨子 Mariko Takahashi Concert Vol.39 2015 ClaChic
(40)◆2015年 スリー・ディグリーズ大阪公演
(39)◆水越けいこ Keiko Mizukoshi Live Moon Stone 2015
(38)◆松山千春コンサート・ツアー「伝えなければ」2015 加古川公演
(37)◆2015年 オリビア・ニュートン・ジョン大阪公演
(36)◆2015年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
(35)◆小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2014-2015 「本日小田日和」
(34)◆財津和夫コンサート2015〜TULIPの夢を歌う〜
(33)◆竹内まりや Souvenir 2014 Mariya Takeuchi Live
(32)◆2014年 カラフィナ大阪公演(Kalafina LIVE TOUR 2014)
(31)◆2014年 ボストン大阪公演(HEAVEN ON EARTH TOUR)
(30)◆2014年 ゴダイゴ大阪公演
(29)◆2014年 エリオット・ヤミン大阪公演
(28)◆財津和夫コンサート2014〜TULIPの夢を歌う〜
(27)◆川井郁子 2014 IN OSAKA The Violin Muse
(26)◆幻の2014年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
(25)◆2014年 ヘイリー大阪公演
(24)◆2014年 ジェフ・ベック大阪公演
(23)◆松任谷由実コンサートツアー 2013-2014 POP CLASSICO
(22)◆梶浦由記 Yuki Kajiura Live Vol.11 Elemental Tour 2014
(21)◆2014年 アル・マッケイ・オールスターズ大阪公演
(20)◆Christmas Premium Live 2013 "Kalafina with Strings"
(19)◆2013年 ボズ・スキャッグス尼崎公演(Boz Scaggs The Menphis Tour)
(18)◆2013年 ポール・マッカートニー大阪公演(OUT THERE JAPAN TOUR)
(17)◆2013年 佐藤しのぶ 日本のうた〜震える心
(16)◆2013年 リンゴ・スター & ヒズ・オールスター・バンド大阪公演
(15)◆2012年 アル・マッケイ・オールスターズ大阪公演
(14)◆宇徳敬子 Live 2012 "WOMAN4" at hillsパン工場
(13)◆2012年 クリストファー・クロス大阪公演
(12)◆2012年 夏川りみ & 京フィル ABCスペシャルコンサート
(11)◆2011年 エリック・クラプトン & スティーヴ・ウィンウッド大阪公演
(10)◆2011年 ギルバート・オサリバン大阪公演
(09)◆2011年 エア・サプライ大阪公演
(08)◆2011年 イーグルス大阪公演(Long Road Out of Eden Japan Tour)
(07)◆2010年 オリビア・ニュートン・ジョン尼崎公演
(06)◆幻の2010年 キース・エマーソン & グレグ・レイク大阪公演
(05)◆2009年 サイモン & ガーファンクル大阪公演(Old Friends Tour Japan 2009)
(04)◆2008年 キース・エマーソン 大阪公演
(03)◆今井美樹 MIKI IMAI CONCERT TOUR 2008
(02)◆2008年 シカゴ/ヒューイ・ルイス & ザ・ニュース 大阪合同公演
(01)◆2002年 ポール・マッカートニー大阪公演(driving japan tour 2002)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
40曲近く、すごいですね。学生時代にレコードで聴いた曲がライブで聴けるなんて、こんな幸せな空間、なかなかないでしょう。
それにしてもポール、元気ですね。何よりです。
saki
2017/04/30 14:41
sakiさん

確かに、ポールもそうですが、ここ10日ほどの間に生で聴くことができた、ジョン・アンダーソン、カルロス・サンタナ

それ以外にも、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、エルトン・ジョン、アルバート・ハモンドなど、中学生時代に聴いていたアーティストを生で体験できるなんて

ほんと、ありがたいことだと思います。
それもこれも、アーティストが自らの年齢などを考慮してもファンの前に・・・と言う姿勢のおかげなんだと。

その典型的な例が、やっぱり、ポールなんでしょうね。

正直、15年前のライブも経験したので、衰えは否定しませんが
でも、目の前にポールがいる。ポールが演じている。ポールが歌っている・・・
それだけで十分なんですよねぇ

けんけん
2017/04/30 20:48
早速、最終日の4月30日のセットリストが公開されていますね。

「Save Us」に替わって、「Junior's Farm」
「I Saw Her Standing There」に替わって、「Get Back」
「I've Just Seen A Face」に替わって「We Can Work It Out」
まぁ、厳密に言えば、「New」と「Queenie Eye」の演奏の順番が入れ替わって、また、「Hi,Hi,Hi」の場所が替わってたようですね。

やっぱり、「Junior's Farm」は聴きたかったでね。
でも、後の二曲は、4月29日の方が個人的には好きです。

けんけん
2017/05/01 08:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年ポール・マッカートニー東京公演(One On One Japan Tour) Once Upon A Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる