Once Upon A Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 長島愛生園-後編(岡山県瀬戸内市)

<<   作成日時 : 2017/04/05 20:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

蔦が絡まる歴史を感じる建物

画像


「愛生歴史館」として、愛生園に関する資料を展示されています。

画像


ここは、一般の見学施設として開放されています。

http://www.aisei-rekishikan.jp/exhibit1.html

一階には、常設展示室、医学展示室、映像室、ギャラリーなどがあって

常設展示室の中央には、当時のジオラマや患者さんたちの過酷な生活などを紹介されています。

医療展示室では、ハンセン病の歴史と研究内容などが紹介されています。

館内は、もちろん、撮影禁止だったので、頭の中にいろんな情報を焼き付けるべく時間をかけてひとつひとつの資料を拝見しました。

「ハンセン病問題のこと正しく知っていますか?」の冊子は、持って帰ることができたので

画像


何度も読み返してみました。

子供のハンセン病患者用の高校もあったようですが、治療法が確立されても隔離政策が続いていたので、学校では「虚偽の経歴を使う授業」をして、生きていくためにつく嘘は正しいと教えていたそうです。

画像


治療法が確立され、高校を卒業して、島から出て社会に復帰した方々もおられるようですが出身校は絶対に言えなかったそうです。

それ以外にも今の時代では、そんなことまで??
と思われるような偏見や差別に包まれていたようです。

画像


「愛生歴史館」は、一般開放されていますが

画像


それ以外の施設は、予約制で見学ができるようなので

画像


今回のようについでに立ち寄るのではなく、あらかじめ計画して訪れたいですね。

「愛生歴史館」でいろんな資料を見た後・・・

画像


目の前に広がる景色が何となく違った景色に感じたのは気のせいだと思いつつ・・・。

画像


それくらい、この島に込められた歴史を多くの人たちに知って欲しいと思いました。

原発事故で福島から避難されている方々が言われない差別や偏見を受けていることをニュースでよく目にしますが、やはり正しく理解できていないことが理由のひとつだと思うので、もっともっと知る努力を続ける必要があるように思います。

http://www.nhds.go.jp/~aiseien/index.html



しのびつか公園(岡山県瀬戸内市)
長島愛生園-後編(岡山県瀬戸内市)
長島愛生園-前編(岡山県瀬戸内市)
邑久長島大橋(岡山県瀬戸内市)

亀嵩駅「扇屋そば」(島根県奥出雲町)
亀嵩駅界隈を散策(島根県奥出雲町)
「砂の器」記念碑(島根県奥出雲町)
道の駅「酒蔵・奥出雲交流館」(島根県奥出雲町)
ハンセン病と人権
砂の器


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長島愛生園-後編(岡山県瀬戸内市) Once Upon A Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる