Once Upon A Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 但馬と鳥取旅行記(その7・玄武洞公園-前編(兵庫県豊岡市))

<<   作成日時 : 2017/08/25 18:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

豊岡市街地から北西

円山川の川沿いにいる玄武洞は

画像


160万年前に火山活動によって流れ出したマグマが冷えて固まる時に規則正しいきれいな割れ目を作り出した自然の造形です。

画像


人によって採掘されたことから洞窟になっているものが五箇所あって

画像


公園名になっている一番大きい「玄武洞」

画像


今は火山の痕跡は見られないようですが、流れだした溶岩が固まった玄武岩は円山川を挟んだ広範囲に広がっているようです。

画像


玄武洞の右に進むと

画像


規模も大きく、美しさでは一番と言われている「青龍洞」

画像


切り口が六角形で直線的に走る造形は確かに美しいですね。

画像


自然の力を改めて感じさせてくれます。

画像


これだけ美しい柱状ができるのは、熱い溶岩が冷えていく過程で岩石が収縮してできたものらしいですね。

画像




但馬と鳥取旅行記(その1・五萬石本店)(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その2・出石城址を散策)(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その3・辰鼓楼(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その4・川崎尚之助生家跡(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その5・桂小五郎居住跡(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その6・兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その7・玄武洞公園-前編(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その8・玄武洞公園-後編(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その9・香住港を散策(兵庫県香美町))
但馬と鳥取旅行記(その10・かにの宿「丸世井」(兵庫県香美町))
但馬と鳥取旅行記(その11・砂の美術館-前編(鳥取県鳥取市))
但馬と鳥取旅行記(その12・砂の美術館-後編(鳥取県鳥取市))
但馬と鳥取旅行記(その13・若桜鉄道・隼駅(鳥取県八頭町))



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
但馬と鳥取旅行記(その7・玄武洞公園-前編(兵庫県豊岡市)) Once Upon A Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる