Once Upon A Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 但馬と鳥取旅行記(その8・玄武洞公園-後編(兵庫県豊岡市))

<<   作成日時 : 2017/08/26 17:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「玄武洞」の左手

石段の先に足を進めると

三つ目の「白虎洞」が目の前に現れます。

画像


最も大きな「玄武洞」、節理の美しい「青龍洞」、そして、「白虎洞」は間近に節理を観ることができると言われています。

ちなみに、この後、二つ現れる「北・南朱雀洞」は羽を広げたように言われています。

画像


「白虎洞」は、ほぼ水平に柱状が伸びていて、断面を間近に見ることができます。

画像


「南朱雀洞」の岩石の表面はゴツゴツとして、「玄武洞」や「青龍洞」と少し違った形状をしています。

画像


これは、溶岩の先端のようで、急速に固まっても後ろから固まっていない溶岩に押されてゴツゴツした形状になったとのことです。  

画像

自然の不思議さを教えてくれますね。

「南朱雀洞」は「白虎洞」と違って、ほぼ垂直に柱状が伸びています。

画像


直ぐ左にある「北朱雀洞」は、上部は水平、下部は垂直に走っていると言う不思議な造形を魅せてくれます。

画像


画像


猛暑の中、30分ほど散策したので汗でびっしょり
熱中症になりそうなくらい汗をかいたので、隣接する「玄武洞ミュージアム」で「玄武洞」のゆるキャラ「玄さん」を描いた「玄さんサイダー」でいっぷく。

画像




但馬と鳥取旅行記(その1・五萬石本店)(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その2・出石城址を散策)(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その3・辰鼓楼(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その4・川崎尚之助生家跡(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その5・桂小五郎居住跡(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その6・兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その7・玄武洞公園-前編(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その8・玄武洞公園-後編(兵庫県豊岡市))
但馬と鳥取旅行記(その9・香住港を散策(兵庫県香美町))
但馬と鳥取旅行記(その10・かにの宿「丸世井」(兵庫県香美町))
但馬と鳥取旅行記(その11・砂の美術館-前編(鳥取県鳥取市))
但馬と鳥取旅行記(その12・砂の美術館-後編(鳥取県鳥取市))
但馬と鳥取旅行記(その13・若桜鉄道・隼駅(鳥取県八頭町))

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
但馬と鳥取旅行記(その8・玄武洞公園-後編(兵庫県豊岡市))  Once Upon A Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる