Once Upon A Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 遣隋使・小野妹子の墓(大阪府太子町)

<<   作成日時 : 2017/11/09 19:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

小学校の歴史の時間

古代史の中で、小野妹子の名は、結構、強烈なインパクトで脳裏に焼き付いています。

遣隋使として隋に渡り、あの有名な「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す、恙なきや」の国書を隋の皇帝に渡したとされるのが小野妹子ですね。

先日、歴史秘話ヒストリアで聖徳太子が取り上げられていた回で、第一回の遣隋使は、国家として未熟だった時代の使者と言う見方しかされず、ほとんど相手にされなかったが

二回目の派遣では、冠位十二階をもとに使者の位を明確にし、理路整然として対応したことから、あの「日出づる処の天子」で隋の皇帝の逆鱗に触れたようですが国として認められたようで、その後の遣隋使、遣唐使とつながって行ったようです。

遣隋使として派遣された際は、まだ、もう少し低い身分だったようですが、最後には冠位十二階の中で最上位の「大徳」に昇りつめ、高貴な「濃紫」の使用が許されたようです。

その小野妹子の墓が大阪府の南東部、奈良県との県境の太子町にあります。

太子町の南東部・・
ナビの言う通り、山間の集落に入る細い道を進むのですが

対向車とのすれ違いどころか、このまま進んで大丈夫??

軽自動車だと行けるのかも知れないけど普通乗用車では、脱輪するのも??
と心配になるような細い道を進んだ先・・・ようやく車がすれ違えるような場所で車を止めると

「道祖小野妹子墓」道標が目の前に・・・

画像


長く続く石段を上って行くと

画像


玉垣に囲まれた小高い盛り土があって

画像


「小野妹子之墳」の石碑の前が

画像


小野妹子のお墓です。

画像


朽ちかけた墓石を想像していたのですが・・・
小さいのですが、円墳のような・・・古墳が目の前にあったのはちょっと驚きでした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遣隋使・小野妹子の墓(大阪府太子町) Once Upon A Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる