「源平の戦」縁の地(須磨寺編)

清盛が夢見た都・・・神戸。

神戸には、平家縁の場所がたくさん残っていますが、平家滅亡への「源平の戦」に関連する場所もたくさんあります。
ようこそ神戸へ「清盛が夢見た都」

特に須磨辺りは、「一ノ谷の戦」の舞台であったこともあり、それらの史跡が数多く見ることが出来ます。

「須磨寺」の境内には、多くのものがあって

「源平の庭」があって・・

画像


一ノ谷での「平敦盛」と「熊谷直実」の一騎打ちの場面を表しているようです。

画像


この時「平敦盛」は16歳の若武者だったようですね。

「唐門」をくぐった右手には「弁慶の鐘」があります。

画像


一ノ谷の戦の鵯越の際に弁慶が薙刀の先にこの鐘を吊るして歩いた??

画像


また、本堂の左手には

「源義経卿腰掛松」が横たわっていて

画像


一ノ谷で「熊谷直実」に討ち取られた「平敦盛」の首実検をした際に腰を掛けたとのこと

画像


まて、その松の前には、「平敦盛」の首を洗ったと言われている「敦盛首洗池」

画像


そして、「三重塔」の奥には、その「平敦盛」の首を埋葬した「あつもり塚」があります。

画像






胴が埋葬されたと言われる「敦盛塚」は、西に約2kmほど行ったところにある須磨浦公園近くにあります。

画像


画像


敦盛を討ち取った熊谷直実が後日談が綴られています。

画像


須磨寺を後に最寄駅である山陽電鉄の「須磨寺」駅に行く途中、「須磨寺前商店街」では「源平ゆかりの地」のカメラスポットまで

画像


そして、「須磨寺駅」前には、生田の森の戦いで敗れた「平重衡」が逃げて来て、須磨で力尽き捕らわれたとされる場所。

画像


画像


その後、鎌倉に送られ

画像


壇ノ浦で平家が滅亡した後、処刑されたとのこと。



新西国三十三か所 第24番札所 上野山・須磨寺
「源平の戦」縁の地(須磨浦公園編)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック