日本の滝百選「布引の滝」(その2)(神戸市中央区)

「雄滝」から道なりに南下して行くと

急流が直ぐ下の渓谷を流れているのは音で分かるのですが、木々があってなかなか直接見ることができませんね。

細く急な下り坂を進むと小さなバルコニー様の展望スペースの真ん中に巨大な「鼓滝」の名が刻まれていて

画像


ここから、覗き込むと「鼓滝」がかすかに見えます。

画像


角度的にちょっと見にくいですね。

そして、道なりに下って行くと・・・ほんと、この辺になると坂では石段になっています。
それくらい、急です。

今回は下ってくるパターンなのですが、逆に本来のルートだと、ここは上りになるので、心臓破り???と言うところですね。

渓谷を覗き込むと、急流がしぶきをあげて流れています。

画像


右手に「雌滝」が現れます。

画像


「雄滝」に次ぐ規模の滝です。

画像


滝壺はダムで堰きとめられているため、実際には、もった高低差があるのかな?

画像


このダムは、明治33年に作られたようですね。

画像


「雌滝」のすぐ下流には・・・

画像


このレンガ作りの水路橋も明治33年に作られたようですね。

画像


この橋を渡ると道は左に大きくカーブしていて

画像


そのカーブを曲がると今度は右に大きくカーブ

そこまで100mもない??

その前には・・・新神戸駅の巨大な駅舎が目の前に現れます。



「グアム紀行」(その9・タロアォフォの滝)

日本の滝百選「布引の滝」(その2)(神戸市中央区)
日本の滝百選「布引の滝」(その1)(神戸市中央区)
日本の滝百選「那智の大滝」(その2)
日本の滝百選「那智の大滝」(その1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

saki
2013年10月12日 16:52
マイナスイオンがいっぱですね。
10月も中旬ですが、紅葉とか、まだ話題にもなりません。
仕事が一段落したら、気分転換で出掛けたいなあ。
けんけん
2013年10月12日 19:38
10月中旬なのに、気象情報を見ていると、夏日???と季節外れな言葉が飛び交っていますね。
とは言え、夏が暑い年ほど冬の寒さが厳しいと言う感じがするだけに
今年の冬は、ちょっと心配です。

この記事へのトラックバック