史跡「三笠山遺跡」(兵庫県高砂市)

曽根天満宮の直ぐ西にある小高い丘

画像


この丘は、地元では有名な貝塚がある「三笠山遺跡」になっています。

画像


頂上は広場なっていて・・・

画像


奥に続く遊歩道??があります。

画像


頂上の広場の一角に・・・・「腰掛岩」

画像


菅原道真公が大宰府に流される途中、この地に立ち寄られた際に腰を掛け

「吾に罪なくば栄えよ」と植えられたのが、「曽根天満宮」にある「曽根の松」のようです。

頂上からは・・・

画像


曇っていた・・と言うより、モヤっていて瀬戸内海の島々は臨むことができませんが

画像


晴れていたら、家島群島や小豆島・・・遠く、四国まで見渡すことができるようですね。

画像


この辺りは昔、塩田が栄えたようですが、今では、その塩田跡地が住宅になったり

画像


また、太陽光発電所が建設されています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック