江戸城址を散策(その3)(東京都千代田区)

天守閣跡を後に

反時計回りで本丸を散策することに

忠臣蔵で有名な松の廊下跡

20181031-72.jpg

浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷に及んだ場所ですね。

松の廊下は、江戸城で2番目の長さを誇り畳敷きの立派なものだってようです。

大奥の近くにあったことから、非常時に大奥の調度品などを避難させたと考えられている石室

20181031-71.jpg

石垣の上にある富士見多聞・・・

20181031-73.jpg

多聞とは、防御のため石垣の上に設けられた長屋づくりの倉庫とのこと。
戦時には格子窓を開けて矢や鉄砲などで敵を狙い打った場所です。

本丸の周囲には、櫓や多聞がたくさん作られてぼうぎょを担っていたようです。

本丸の一番南の角に位置する富士見櫓の間近まで行くことができます。
皇居見学ツアーでは、南の石垣の下から見上げる形で臨みましたが

本丸からだと櫓の近くまで入ることができます。
身近にみると、普通のお城の天守閣並みの大きさであることがわかります。

富士見櫓を見た後、二の丸に足を進めると

20181031-74.jpg

本丸とは違って、静かな佇まい

20181031-75.jpg

本丸と違って背の高い樹木が生い茂った森になっています。

20181031-76.jpg



江戸城址を散策(その1)(東京都千代田区)
江戸城址を散策(その2)(東京都千代田区)
江戸城址を散策(その3)(東京都千代田区)

"江戸城址を散策(その3)(東京都千代田区)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント