テーマ:北海道

「道南・青森」旅行記(2016年)(その73・エピローグ)

予定通り「はまなす」に乗船 想像していたより、車の台数が少なくて 何か拍子抜けでしたが 車をデッキに停め、エントランスに入ると「はまなす乗船記念」の浮き輪が出迎えてくれます。 部屋の鍵を借りて客室へ・・・ 20時間の長時間なので、ゴロゴロできる和室を選択。 でも、三畳と言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その72・夜更けの小樽港(北海道小樽市))

今は、苫小牧港に 北海道の物流の玄関口の地位を譲った感がある小樽港ですが・・・ ターミナルビルは立派ですね。 チケットの変更(二日間前倒し)の件もあったので、立ち寄って手続きの確認を行うため、夕方に立ち寄ってみました。 建物の三階か延びる通路の高さが、巨大なフェリーの大きさを教えてくれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その71・千代水産「どんぶり茶屋」(北海道小樽市))

やっぱり小樽を訪れたので お寿司と思って何軒か、地元のお寿司屋さんの扉を開けてみたのですが、どこもいっぱい。 その後もウロウロしながらお店を探していたのですが、どこもいっぱい そうこうしていたら、海鮮どんぶり屋さんのショーケースが目に留まり お店をのぞくと、少し空き席が見えたので、このお店に決定。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その70・小樽運河界隈を散策(北海道小樽市))

閉館していた 「小樽市総合博物館」を後に夕食を食べに小樽市街地まで戻ってきました。 近くのパーキングに車を停めて、夕食のお店を探すべく運河界隈を散策。 西に日が沈みかけて、運河界隈は夕暮れ とても情緒がありますね。 今回は、観光と言うより食事場所を探すのが目的なので、赤レンガ倉庫の周りをウロウロしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その69・小樽総合博物館(北海道小樽市))

おたる水族館を後に 市街地に戻ろうと車を走らせていたら 右手にレンガ造りの建物が見えて・・・・ 本能的に立ち寄ってみました。 ここは、「小樽市総合博物館」 立ち寄ってから思い出したのですが、以前、旅番組で小樽を訪れたら、行って見たい場所として紹介されていて 次に小樽を訪れる機会があったら立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その68・おたる水族館-「セイウチ館」(北海道小樽市))

海獣公園の一画にある 「セイウチ館」・・・ ここには、巨大な牙を持つセイウチの家族が飼育されています。 大きな牙を持つオスのウチオは、とても愛嬌があって・・・ ガラス越しに目の前の観客に愛想を振りまいてくれます。 あまりに勢いよく体を動かすため・・・ 今年の春に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その67・おたる水族館-「海獣公園」(北海道小樽市))

おたる水族館の三つのエリアの最後 海に突き出した海獣公園に向かうことに ここは、自然の入江を利用した場所で、下まで降りると岩場が広がっています。 目の前の海には、冬になると野生のトドなどの海獣が集まってくるそうです。 海との間を柵で仕切ったプールで飼育されているゴマフアザラシ ゼニガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その66・おたる水族館-「イルカショー」(北海道小樽市))

オタリアのショーの後 飼育員のお兄さんたちがステージに、そしてバンドウイルカたちがプールに登場して、イルカショーの始まりです。 三頭のイルカが入れ代わり立ち代わり大ジャンプを披露 スタンドまでの距離が近いからとても迫力がありますね。 三頭の息のあった芸が続きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その65・おたる水族館-「オタリアショー」(北海道小樽市))

水族館本館の山側に イルカスタジアムが隣接していて・・・ ここでは、アシカの仲間のオタリアやイルカのショーを楽しむことができます。 丁度、オタリアのショーが始まるところだったのでスタンドで待っていると 三頭のオタリアと飼育員のお兄さんが登場。 「オタリアの小学校」、「お客様参加型のシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その64・おたる水族館-「ほのぼのプールのなかまたち」(北海道小

「ほのぼのプールのなかまたち」・・・ 屋内にある小さなプール・・・ ここには、ネズミイルカが四頭飼育されているようで・・・ ネズミイルカって、正直、初めて見ました。 冷たい海を好むため、北海道近海の日本海で見ることができるようですが、身近に見る機会がないですね。 と言うより世界的に見てもネズミイルカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その63・おたる水族館-「世界最大のカレイ」(北海道小樽市))

世界最大級のカレイがいる水槽・・・ って? オホーツク海・ベーリング海と言った冷たい海に棲む魚たちの水槽が広がります。 照明を少し暗くして深海の雰囲気を醸し出した水槽の底には 大きな魚たちがじっとしています。 やっぱり、冷たい海なので、動きが鈍いですね。 「マガレイ」、「ヌマガレイ」、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その62・おたる水族館-「渓流にすむ魚たち」(北海道小樽市))

「渓流にすむ魚たち」・・・ 広大な北海道の湖沼や川にすむ淡水魚たちを飼育している水槽が並びます。 「ヤマメ」は全国津々浦々に生息していますが、「オシュロコマ」は北海道固有の種類のようです。 幻の「イトウ」は、きれいな水でした生息しないことで有名ですね。 巨大な成魚の手前に隔離された小さな水槽に幼魚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その61・おたる水族館-「冷たい海の魚たち」(北海道小樽市))

入口を入ると そこは竜宮城?? 浦島太郎の世界を描いた亀の水槽になっています。 通路沿いの壁には・・・ さすがに北海道、「流氷」が展示されており、直接触ることができます。 先に進むと大きな水槽に大型の魚が回遊しています。 笑った顔に見える? 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その60・おたる水族館(北海道小樽市))

小樽の街を訪れるのも五度目? いずれも運河の辺りを中心に散策するだけだったのですが、小樽を訪れたら行きたいと思っていたのが 「おたる水族館」。 小樽市街地から北に3kmほど走った半島の先端の小高い丘の上にあります。 稚内、室蘭についで訪れた北海道で三つ目の水族館になります。 駐車場か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その59・白い恋人パーク-3(北海道札幌市))

ここには、おもちゃだけではなく いろんな珍しいグッズも展示されています。 武道館ライブのパンフレットなどビートルズ関連グッズ マリリン・モンロー、エルビス・プレスリー、スーパーマンなど、古きアメリカのヒーローやヒロインの関連グッズ J・Fケネディー大統領に関連するグッズ 中には大統領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その58・白い恋人パーク-2(北海道札幌市))

チェダーハウスに入ると 真っ赤な絨毯が敷き詰められた豪華な階段の踊り場にあるハロウィンのデコレーションがお出迎え。 一階は、ショップになっていて、ここだけの限定商品もあって観光客で賑わっています。 早々に二階に上がると、「昔のおもちゃ箱」と名付けられたブリキのおもちゃなどを展示した博物館になっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その57・白い恋人パーク-1(北海道札幌市))

北海道土産の定番と言えば・・・ やっぱり、石屋製菓さんの「白い恋人」ですね。 関西では、「面白い恋人」などパロディー商品が・・・ 面白い恋人 白い恋人 でも、パロディーが出るほど本家が素晴らしいことの裏返しですね。 その石屋製菓さんの本社工場に隣接する複合施設の「白い恋人パーク」に立ち寄ってみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その56・藻岩山山頂からの絶景(北海道札幌市))

も~りすカーを降りて 展望台の屋上に出ると 札幌市街地が目の前に広がります。 中央の黄色い丸で囲んだところが札幌駅 赤い丸で囲んだのがテレビ塔 青い丸で囲んだところが北海道大学のキャンパスになります。 北に目を移すと遠くに石狩湾が広がります。 東に目を移すと札幌の街が・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その55・藻岩山ロープウェイ(北海道札幌市))

国道453号を抜け 札幌市内に入って・・・真駒内公園を左に見ながら目指したのは、藻岩山ロープウェイ 本当なら、藻岩山に行く途中にスープカレーを食べる予定にしていたのですが、満腹だったのでパスして直行しました。 藻岩山は、札幌駅から南に3km離れたところにある標高500mを少し超える高さを誇る山で市街地か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その54・支笏湖畔を散策(北海道千歳市))

ペンションで朝食を食べて いざ、出発。 目指すは支笏湖・・・・ 10年ほど前、息子が中学生の頃、逆ルートで・・・ 札幌から支笏湖を通り、洞爺湖、そして、室蘭を巡り 道央道で札幌に戻って以来 山間部を走る国道276号線を走って約1時間・・・ようやく支笏湖に到着 支笏湖は周囲約40km、最大水深が3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その53・早朝の洞爺湖畔を散策(北海道壮瞥町))

台風16号が沖縄地方に接近し 天気予報では九州、西日本では天気が崩れているとのことだったのですが、北海道は・・・快晴。 折角の快晴なので、朝食前に洞爺湖湖畔を散策してみました。 湖畔は波が静かで・・・ 東の空は、少し白んでいますが 湖に浮かぶ中島もとても美しく見えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その52・洞爺湖の湖上花火(北海道壮瞥町))

夕食の後は ペンションのベッドの上でゴロゴロしながらテレビを観ていたら 20時過ぎに、突然、窓の外から大きな爆発音が聞こえて 窓を開けて外を見ると・・・ 洞爺湖を舞台に大きな花火が・・ ペンションを飛び出して、洞爺湖畔まで行くと、湖面に映る花火の大輪が広がっていて 打ち上げ花火…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その51・洞爺湖畔で洋食(北海道壮瞥市))

四日目の夕食は ペンションは夕食抜きのコースだったので、どこで夕食を食べようか・・・ ネットで探していたら洞爺湖温泉におしゃれなレストランを見つけたので訪れることに。 洞爺湖温泉の中心から少し西側・・・レストラン「望羊蹄」 とてもおしゃれなレストラン 車で行っていたので、アルコール抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その50・夕暮れの洞爺湖湖畔を散策(北海道壮瞥町))

昨年のシルバーウィークにも 訪れた洞爺湖 昨年は、登別温泉から積丹半島を目指す通り道だったこともあって、ゆっくりと洞爺湖を観光できなかったのですが、今回は、洞爺湖畔のペンションに宿泊する予定だったので夕暮れの洞爺湖畔をのんびり散策してみました。 洞爺湖畔を舞台にした映画「しあわせのパン」のイメージがあって h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その49・有珠山火口原展望台(北海道壮瞥町))

有珠山ロープウェイの山上駅まで上がると ちょっと景色が変わって・・・ ゴツゴツした岩が目の前に広がり 火山の噴火の跡を身近に感じさせてくれます。 整備された遊歩道の先の山の上に 遊歩道沿いには、寒冷地の植物が芽吹いています。 「有珠山火口原展望台」があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その48・有珠山ロープウェイ(北海道壮瞥町))

昭和新山から有珠山中腹を結ぶ 有珠山ロープウェイは100名を乗せるゴンドラで昭和新山の麓から有珠山中腹までを6分程度で結んでおり そのゴンドラから360度のパノラマを楽しむことができます。 山麓駅をスタートしてしばらくすると 北側の山の間に洞爺湖の姿が現れます。 南東を臨むと山のすそ野に伊達市の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その47・昭和新山(北海道壮瞥町))

森駅を後に 道央道ではなく、国道5号線をのんびり走って・・・目指すは、三日目の宿泊地である「洞爺湖」 途中、小腹が減ったので、休憩を兼ねて、長万部のドライブインに立ち寄って「かにめし」を頂いて そのまま一気に洞爺湖まで走ったら、予定より早く着いたので、四日目に訪れるつもりだった昭和新山まで足を伸ばしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その46・元祖 森名物「いかめし」(北海道森町))

今回の行程を考える際 国道278号線を北上するので、まずは、「森駅のいかめし」は外せないと思い お昼頃に森駅に着くことを念頭にしました。 着いたのは、0時半と、まぁ、予定通り? ここにも大谷選手が北海道新幹線とコラボした看板がお出迎え。 森駅で「いかめし」は、昨年の秋に続き二度目です。 昨年は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その45・しかべ間歇泉公園(北海道鹿部町))

国道278号線を北上すると 函館市を抜け出し、隣の鹿部町に入って間もなく・・・ 間歇泉で有名な道の駅「しかべ間歇泉公園」に立ち寄ってみました。 駐車場のすぐ横から蒸気が吹きあがっていて・・・ これが間歇泉?と一瞬思ったのですが、さすがに違いますよねぇ 目的の間歇泉は、道の駅の建物の奥にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その44・三味線滝(北海道函館市))

雨の中 噴火湾沿いに走る国道278号線を北上していると 進行方向の左手に現れたのが落差20mほどの滝・・・ 昭和4年ですから・・・ もう90年ほど昔に駒ヶ岳の噴火により地形が変わったことによりできた滝で、流れ落ちる清流が三味線の音色に聞こえるため「三味線滝」と名付けられています。 快…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more