テーマ:神社仏閣

松泰山・東光寺(兵庫県西宮市)

阪急電車の 今津線の駅名にもなっている 門戸厄神にぶらっと訪れてみました。 門戸厄神の名前で有名ですが、正式名称は「松泰山・東光寺」と呼ぶようですね。 ここを訪れるのは、映画「阪急電車・片道15分の奇跡」の舞台を訪ねていらいなので、9年ぶりですね。 今、若手女優として確固たる地位を築き上げている有村架純さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二宮神社(神戸市中央区)

年末をもって 活動の休止を発表した嵐のファンが訪れる聖地の一つ 「二宮神社」は、三宮駅から北東に直線で300mほどの住宅街の一画にあります。 南側に面した場所に鳥居があって参道が北に向かって続きます。 参道の左手には大きな御神木があります。 正面の本殿にお参り。 祭神として、天忍穂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生田神社(神戸市中央区)

三ノ宮と元町の真ん中 JRの高架の北の繁華街の中にある生田神社に久しぶりにお参りに行ってきました。 その一番の鳥居は、JR高架の南、大丸神戸店の北側にあります。 「IKUTA ROAD」と名付けられた石畳のおしゃれな道は、もともとは参道だったんですね。 神戸らしいおしゃれな町並みを進むと・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四宮神社(神戸市中央区)

元町駅から北西に歩いて15分くらい?? 兵庫県庁の西、中山手通に面した場所にある四宮神社 ここは、織田信長を裏切った荒木村重が築城した花隈城の鬼門の方向にあったことから鬼門鎮護の神としていたようですね。 中山手通に面していることもあって、なんか垢抜けた雰囲気ですね。 通りに面した石段の上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開帝廟(神戸市中央区)

元町駅から北西に 歩いて15分くらい??? 中山手通の北側の住宅街の一画に、異国情緒豊かな場所があります。 開帝廟は、三国志の武将、関羽を祀る廟で、孔子を祀る孔子廟を文廟と呼ばれていることに退避して、武廟とも呼ばれています。 1948年に建立され、阪神・淡路大震災で被災し、1999年に復興したもので、日本的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長徳山・百萬遍知恩寺

京都市の北東、京都大学のキャンパスが立ち並ぶ場所 東大路通りと今出川通りの百万遍の交差点から東に100mほど行った場所にある古刹です。 浄土宗の開祖である法然聖人が建立したとのことですが、元々は、別の場所にあったようですが、足利義満の相國寺の建立や豊臣秀吉の寺地換えにより、何度も場所が変更され 江戸時代に今の場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雲山・龍安寺(京都市右京区)

天皇陵巡りの中で・・・ その境内の奥に天皇陵があると言うことで、石庭で有名な龍安寺に立ち寄ることに。 さすがに世界遺産として登録されているだけに石庭の前には外国人観光客でいっぱい。 庭先の縁側は、ほんと、座り込んでいる外国人観光客がたくさんいて、石庭を写真におさめようとすると、頭が写ってしまい・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊亀山・天龍寺(京都市右京区)

長慶天皇陵を後に 嵐山まで足を伸ばして・・・ 自転車を駐輪場に停めて、天龍寺を散策することにします。 今回の旅の目的は、天皇陵巡りで、神社仏閣は、回るつもりはなかったのですが、ここ、天龍寺境内には、龜山天皇と後嵯峨天皇の陵墓があるため、入場料を払って境内を散策することにしました。 とは言え、境内の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正久山・妙立寺(石川県金沢市)

昼食を終えて どこに行こうか・・・迷ったのですが 前回訪れた時に私は、金沢城、兼六園を巡っていたので 忍者寺と呼ばれている「妙立寺」に足を運びました。 もともとは金沢城内にあったようですが、三代藩主の前田利常が前田家の祈願所としてこの地に移築したのが始まりのようです。 創建当時は、外様大名の中でNo1の莫大な財…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後白河法皇御所聖跡・法住寺(京都市東山区)

三十三間堂(正式には蓮華王院)の東に隣接する法住寺 小さな境内なのですが、元々は、三十三間堂も法住寺の境内の中にあり、この辺りの寺院は、すべて法住寺の境内にあったと言われるくらい巨大な寺院だったようです。 後白河法皇がこの寺で院政を敷いたことも有名なようです。 そんなこともあって、後白河法皇の御陵は、法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東山・泉涌寺(京都市東山区)

別名「御寺」と呼ばれている通り 広大な寺院内には、多くの天皇陵があり、皇室との縁がとても深い時点です。 山門をくぐると 左手に楊貴妃観音堂があります。 楊貴妃観音堂の名は、玄宗皇帝が亡き楊貴妃を偲んで造らせ、その後、渡来したと言われている美しい観音像が祀られていることから名付けられていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏見稲荷大社(京都市伏見区)

外国人観光客の 人気が一番???と言われている伏見稲荷大社 外国人だけでなく、近畿地方の寺社で一番初詣の参拝者が多い(全国でも四番目)とのことなので、日本人にも人気の神社ですね。 全国に30,000社を超える稲荷神社(お稲荷さん)の総本宮になるのがここ、伏見稲荷大社です。 JRの稲荷駅前には、大きな鳥居が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城南宮(京都市伏見区)

名神高速の京都南インターから 降りて国道1号線の交差点の南東の過度にある神社は、平安京(城)の南にあることから城南宮と呼ばれています。 平安遷都に際して、宮古の安泰を願って創建されたとのことなので、約1200年の歴史を持った神社ですね。 平安後期には、城南宮を取り囲むほど巨大な鳥羽離宮が造営されて、このあたりは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見延山・本松寺(兵庫県明石市)

明石駅から東に徒歩10分 高台の住宅街の一画にある日蓮宗のお寺、本松寺に立ち寄ってみました。 ここには、宮本武蔵が作った庭があることで有名なようですね。 これが武蔵が作った庭園とのこと・・・ 剣豪と呼ばれた宮本武蔵にこのような才能があったことは驚きですね。 手水舎と言うか・・・境内に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖天宮・西江寺(大阪府箕面市)

滝道の一番南??? 少し行くと箕面駅と言うとても便利な場所にある西江寺まで足を伸ばしてみました。 このお寺も瀧安寺と同様、658年に建立されたと言う歴史ある寺院です。 以前は、摂津神宮寺とも呼ばれていたようですが、明治末期に今の聖天宮西江寺と改称したようです。 石段を上がり鳥居をくぐると あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕面山・瀧安寺(大阪府箕面市)

滝道沿いにある寺院 1350年近く前の658年に箕面の滝の下に本尊として弁財天を安置した堂を建立したのが始まりと言う歴史がある時点です。 手水舎で手を浄め 本堂にお参り。 本堂の裏には、「修験根本道場」の碑があって鳥居の奥には玉垣で囲われた場所があります。 鳥居の横には石段が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝宝山・西大寺(奈良県奈良市)

奈良時代に 東大寺の建立を発願した聖武天皇の娘である称徳天皇の発願により創建された西大寺 当時は、僧・道鏡が寵愛されていたこともあって、西大寺の建立に関しても道鏡の力が及んでいた可能性が高いようですね。 その名が示す通り、東大寺に対して、西大寺と名付けられたようです。 創建当時は、法隆寺、薬師寺、興福寺などに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳澤神社(奈良県大和郡山市)

郡山城の本丸跡に鎮座する 柳澤神社は、老中として五代将軍、徳川綱吉を支えた柳沢吉保をご祭神として祀っています。 手水舎で手を浄め 境内に足を踏み入れます。 拝殿は、天守台のすぐ前にあります。 拝殿には、武田軍と上杉軍が戦った「川中島の戦い」の絵馬が奉納されているとのこと 信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志都美神社(奈良県香芝市)

武烈天皇陵から南にすぐのところにある 古社に立ち寄ってみました。 社殿は、南を向いていますが、参道は、東西に100mほど続いているちょっと変わった境内になっています。 武烈天皇陵に接していることから、陵との関係はあるのでしょうが、陵から300年近く後に中臣鎌足の六世孫によって建立されたようですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第33番札所 谷汲山・華厳寺

西国三十三か所巡りの33番札所 1番の青岸渡寺から順路に従って参拝すれば、この寺院で満願となります。 唯一、近畿地方ではなく、岐阜県にあります。 参門をくぐると長い参道が続きます。 結構な距離を歩いたところにある、手水舎で手を浄め本堂にお参り と言いつつ、目の前には、最後の石段が続い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天満山・宝蔵寺(岐阜県関ケ原町)

「関ヶ原ウォーランド」に隣接する寺院 ここは、関ヶ原の戦いの戦没者の供養のために、関ヶ原ウォーランドの前館長の遺言で建立されたとのこと。 正面に「関ヶ原合戦戦死者供養堂」があります。 また、狭い境内には、護摩堂、観音堂なども立ち並んでいます。 「関ヶ原合戦戦没者慰霊碑」 鐘楼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第32番札所 繖山・観音正寺

西国三十三か所の中でも 難所の一つ・・・ 繖(きぬがさ)山・観音正寺 正攻法でいけば、1200段の石段を上って約40分かかるとのことですが ちょっと、甘えて、お寺の手前までタクシーを利用して上りました。 約1400年前に聖徳太子が建立されたお寺です。 戦乱の世、山上に佐々木氏が城を築かれたこともあって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉旅行記(2019年)(その14-末代山・温泉寺-後編(兵庫県豊岡市))

城崎ロープウェイの中間駅は そのものズバリ「温泉駅」となっていて 中間駅を降りると温泉寺の境内になっており 駅を降りると最初に本坊が目の前に現れます。 その右手には、本堂があって 鐘楼 多宝塔など、お寺の主となる建物が並んでいて 麓にあった薬師堂から、石段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉旅行記(2019年) (その10-四所神社(兵庫県豊岡市))

蓮成寺を後に 旅館に戻る途中・・・ ちょうど、外湯の一つ「御所の湯」の隣に鎮座する四所神社が目についたので・・・ 初詣を兼ねてお参りすることに。 こちらも約1300年前に創建され、温泉寺の開基である道智上人が参拝した際に神託があって、外湯の一つである「まんだら湯「を開湯したとの逸話が残っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉旅行記(2019年)(その9-宝池山・蓮成寺(兵庫県豊岡市))

温泉寺を後に温泉街を戻っていると 「御所の湯」の手前で、道沿いに小さなお寺を見つけたので入ってみました。 と言いつつ、オープンなのになんとなく入りづらい雰囲気がありましたね。 温泉寺や極楽寺に比べると質素な建物で,日本家屋的な雰囲気がありますね。 本堂は、境内もあまりひろくなく,いかにも地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉旅行記(2019年) (その8-末代山・温泉寺(前編)(兵庫県豊岡市))

極楽寺から北に200mほど??? ロープウェイ乗り場に隣接する場所にあるのが、城崎温泉郷の守護寺である温泉寺 約1300年前に城崎温泉の開祖である道智上人により開基された真言宗のお寺です。 参門をくぐって境内に足を踏み入れ 左手にある手水舎で手を浄め参拝 手水舎の正面には、大きな薬師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉旅行記(2019年) (その7-極楽寺(兵庫県豊岡市))

まんだら湯の直ぐ西 城崎温泉街の西の端にある極楽寺 臨済宗大徳寺派の禅寺です。 約600年ほど前に開祖した後、一度、衰退したようですが、江戸時代にあの沢庵和尚によって再興されたとのこと。 山門の左手には、浪切不動尊 と石仏が立ち並んで参拝者を迎えてくれているようですね。 山門をくぐるって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉旅行記(2019年)(その4-養法山・本住寺(兵庫県豊岡市))

商店街を抜け 大渓川を越えて北に進むと 静かな街並みの中に本住寺に行きつきます。 ここは、「花の寺」として有名らしく、境内には、さるすべり、沙羅、萩、キリシマ、しだれ桜など四季折々の花が植えられているとのこと。 まぁ、真冬に訪れたこともあって、残念ながら、それらを見ることができませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第28番札所 成相山・成相寺

天橋立の北側 国道178号から北に曲がり、国分寺跡を横に見ながら舗装された急勾配の道を進むと成相寺にたどり着きます。 天橋立の北岸の、傘松ケーブルカーで山頂駅まで行き、そこからバスで成相寺まで来ることもできるようですね。 車で訪れた場合、本堂のすぐ近くまで上がって来れるので、山門を見ることが困難ですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第29番札所 青葉山・松尾寺

創建から1300年経つ 舞鶴市と福井県の高浜町との境にある青葉山の山腹に位置する松尾寺。 中国から渡来した威光上人が青葉山中の松の大木の下で修行中に馬頭観音像を感得し、和銅元年(708年)にこの松の木の下に草庵を造り、観音像を安置したのが松尾寺の創始とされています。 仁王門横にある池の奥にある事務所で納経帳に御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more