テーマ:神社仏閣

後白河法皇御所聖跡・法住寺(京都市東山区)

三十三間堂(正式には蓮華王院)の東に隣接する法住寺 小さな境内なのですが、元々は、三十三間堂も法住寺の境内の中にあり、この辺りの寺院は、すべて法住寺の境内にあったと言われるくらい巨大な寺院だったようです。 後白河法皇がこの寺で院政を敷いたことも有名なようです。 そんなこともあって、後白河法皇の御陵は、法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東山・泉涌寺(京都市東山区)

別名「御寺」と呼ばれている通り 広大な寺院内には、多くの天皇陵があり、皇室との縁がとても深い時点です。 山門をくぐると 左手に楊貴妃観音堂があります。 楊貴妃観音堂の名は、玄宗皇帝が亡き楊貴妃を偲んで造らせ、その後、渡来したと言われている美しい観音像が祀られていることから名付けられていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏見稲荷大社(京都市伏見区)

外国人観光客の 人気が一番???と言われている伏見稲荷大社 外国人だけでなく、近畿地方の寺社で一番初詣の参拝者が多い(全国でも四番目)とのことなので、日本人にも人気の神社ですね。 全国に30,000社を超える稲荷神社(お稲荷さん)の総本宮になるのがここ、伏見稲荷大社です。 JRの稲荷駅前には、大きな鳥居が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城南宮(京都市伏見区)

名神高速の京都南インターから 降りて国道1号線の交差点の南東の過度にある神社は、平安京(城)の南にあることから城南宮と呼ばれています。 平安遷都に際して、宮古の安泰を願って創建されたとのことなので、約1200年の歴史を持った神社ですね。 平安後期には、城南宮を取り囲むほど巨大な鳥羽離宮が造営されて、このあたりは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見延山・本松寺(兵庫県明石市)

明石駅から東に徒歩10分 高台の住宅街の一画にある日蓮宗のお寺、本松寺に立ち寄ってみました。 ここには、宮本武蔵が作った庭があることで有名なようですね。 これが武蔵が作った庭園とのこと・・・ 剣豪と呼ばれた宮本武蔵にこのような才能があったことは驚きですね。 手水舎と言うか・・・境内に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖天宮・西江寺(大阪府箕面市)

滝道の一番南??? 少し行くと箕面駅と言うとても便利な場所にある西江寺まで足を伸ばしてみました。 このお寺も瀧安寺と同様、658年に建立されたと言う歴史ある寺院です。 以前は、摂津神宮寺とも呼ばれていたようですが、明治末期に今の聖天宮西江寺と改称したようです。 石段を上がり鳥居をくぐると あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕面山・瀧安寺(大阪府箕面市)

滝道沿いにある寺院 1350年近く前の658年に箕面の滝の下に本尊として弁財天を安置した堂を建立したのが始まりと言う歴史がある時点です。 手水舎で手を浄め 本堂にお参り。 本堂の裏には、「修験根本道場」の碑があって鳥居の奥には玉垣で囲われた場所があります。 鳥居の横には石段が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝宝山・西大寺(奈良県奈良市)

奈良時代に 東大寺の建立を発願した聖武天皇の娘である称徳天皇の発願により創建された西大寺 当時は、僧・道鏡が寵愛されていたこともあって、西大寺の建立に関しても道鏡の力が及んでいた可能性が高いようですね。 その名が示す通り、東大寺に対して、西大寺と名付けられたようです。 創建当時は、法隆寺、薬師寺、興福寺などに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳澤神社(奈良県大和郡山市)

郡山城の本丸跡に鎮座する 柳澤神社は、老中として五代将軍、徳川綱吉を支えた柳沢吉保をご祭神として祀っています。 手水舎で手を浄め 境内に足を踏み入れます。 拝殿は、天守台のすぐ前にあります。 拝殿には、武田軍と上杉軍が戦った「川中島の戦い」の絵馬が奉納されているとのこと 信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志都美神社(奈良県香芝市)

武烈天皇陵から南にすぐのところにある 古社に立ち寄ってみました。 社殿は、南を向いていますが、参道は、東西に100mほど続いているちょっと変わった境内になっています。 武烈天皇陵に接していることから、陵との関係はあるのでしょうが、陵から300年近く後に中臣鎌足の六世孫によって建立されたようですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第33番札所 谷汲山・華厳寺

西国三十三か所巡りの33番札所 1番の青岸渡寺から順路に従って参拝すれば、この寺院で満願となります。 唯一、近畿地方ではなく、岐阜県にあります。 参門をくぐると長い参道が続きます。 結構な距離を歩いたところにある、手水舎で手を浄め本堂にお参り と言いつつ、目の前には、最後の石段が続い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天満山・宝蔵寺(岐阜県関ケ原町)

「関ヶ原ウォーランド」に隣接する寺院 ここは、関ヶ原の戦いの戦没者の供養のために、関ヶ原ウォーランドの前館長の遺言で建立されたとのこと。 正面に「関ヶ原合戦戦死者供養堂」があります。 また、狭い境内には、護摩堂、観音堂なども立ち並んでいます。 「関ヶ原合戦戦没者慰霊碑」 鐘楼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第32番札所 繖山・観音正寺

西国三十三か所の中でも 難所の一つ・・・ 繖(きぬがさ)山・観音正寺 正攻法でいけば、1200段の石段を上って約40分かかるとのことですが ちょっと、甘えて、お寺の手前までタクシーを利用して上りました。 約1400年前に聖徳太子が建立されたお寺です。 戦乱の世、山上に佐々木氏が城を築かれたこともあって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉旅行記(2019年)(その14-末代山・温泉寺-後編(兵庫県豊岡市))

城崎ロープウェイの中間駅は そのものズバリ「温泉駅」となっていて 中間駅を降りると温泉寺の境内になっており 駅を降りると最初に本坊が目の前に現れます。 その右手には、本堂があって 鐘楼 多宝塔など、お寺の主となる建物が並んでいて 麓にあった薬師堂から、石段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉旅行記(2019年) (その10-四所神社(兵庫県豊岡市))

蓮成寺を後に 旅館に戻る途中・・・ ちょうど、外湯の一つ「御所の湯」の隣に鎮座する四所神社が目についたので・・・ 初詣を兼ねてお参りすることに。 こちらも約1300年前に創建され、温泉寺の開基である道智上人が参拝した際に神託があって、外湯の一つである「まんだら湯「を開湯したとの逸話が残っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉旅行記(2019年)(その9-宝池山・蓮成寺(兵庫県豊岡市))

温泉寺を後に温泉街を戻っていると 「御所の湯」の手前で、道沿いに小さなお寺を見つけたので入ってみました。 と言いつつ、オープンなのになんとなく入りづらい雰囲気がありましたね。 温泉寺や極楽寺に比べると質素な建物で,日本家屋的な雰囲気がありますね。 本堂は、境内もあまりひろくなく,いかにも地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉旅行記(2019年) (その8-末代山・温泉寺(前編)(兵庫県豊岡市))

極楽寺から北に200mほど??? ロープウェイ乗り場に隣接する場所にあるのが、城崎温泉郷の守護寺である温泉寺 約1300年前に城崎温泉の開祖である道智上人により開基された真言宗のお寺です。 参門をくぐって境内に足を踏み入れ 左手にある手水舎で手を浄め参拝 手水舎の正面には、大きな薬師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉旅行記(2019年) (その7-極楽寺(兵庫県豊岡市))

まんだら湯の直ぐ西 城崎温泉街の西の端にある極楽寺 臨済宗大徳寺派の禅寺です。 約600年ほど前に開祖した後、一度、衰退したようですが、江戸時代にあの沢庵和尚によって再興されたとのこと。 山門の左手には、浪切不動尊 と石仏が立ち並んで参拝者を迎えてくれているようですね。 山門をくぐるって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城崎温泉旅行記(2019年)(その4-養法山・本住寺(兵庫県豊岡市))

商店街を抜け 大渓川を越えて北に進むと 静かな街並みの中に本住寺に行きつきます。 ここは、「花の寺」として有名らしく、境内には、さるすべり、沙羅、萩、キリシマ、しだれ桜など四季折々の花が植えられているとのこと。 まぁ、真冬に訪れたこともあって、残念ながら、それらを見ることができませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第28番札所 成相山・成相寺

天橋立の北側 国道178号から北に曲がり、国分寺跡を横に見ながら舗装された急勾配の道を進むと成相寺にたどり着きます。 天橋立の北岸の、傘松ケーブルカーで山頂駅まで行き、そこからバスで成相寺まで来ることもできるようですね。 車で訪れた場合、本堂のすぐ近くまで上がって来れるので、山門を見ることが困難ですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第29番札所 青葉山・松尾寺

創建から1300年経つ 舞鶴市と福井県の高浜町との境にある青葉山の山腹に位置する松尾寺。 中国から渡来した威光上人が青葉山中の松の大木の下で修行中に馬頭観音像を感得し、和銅元年(708年)にこの松の木の下に草庵を造り、観音像を安置したのが松尾寺の創始とされています。 仁王門横にある池の奥にある事務所で納経帳に御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日吉神社(滋賀県近江八幡市)

長命寺の石段の 登り口に鎮座する日吉神社 湖西にある日吉神社が延暦寺を護っているのと同様、こちらの日吉神社は、長命寺を護っているのでしょうね。 手水舎で手を浄めお参り。 本当なら、長命寺にお参りする前にこちらを先にお参りするのでしょうが・・ 車で途中まで登ったこともあって、順番が逆になってしまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太郎坊大権現(滋賀県近江八幡市)

長命寺の境内の奥に 鳥居があったので潜って入ってみることに 石段を先に進むと 小さな拝殿の横に出て 右側には巨大な岩が迫っています。 拝殿の奥に急な石段があったその上に小さな本殿があります。 ここには、長命寺の修行僧で、空を飛んだりする霊力を身につけ、のちに京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第31番札所 姨綺耶山・長命寺

琵琶湖畔の 長命寺山の山腹に位置する天台宗の寺院 聖徳太子の開基として伝わっています。 ここを訪れるのも38年ぶりかな?? 麓から808段の石段が続いていて 昔は、この石段を登って参拝するしかなかったのですが、今は、車で600段近くの高さをショートカットで行くことができます。 車から降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都久夫須麻神社(滋賀県長浜市)

観音堂の奥に 舟廊下を抜けると都久夫須麻神社に通じています。 弁財天の化身と言われている市杵島比売命、龍神の化身と言われている宇賀福神 そして、浅井比売命の三神が祀られています。 石段を降りた向にある拝殿からは 「かわらけ投げ」が有名ですね。 テレビなどでもなんども取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第30番札所 嶽金山・宝巌寺

琵琶湖に浮かぶ竹生島 ここにある第30番の札所である、宝巌寺を訪れるのは、38年ぶり??? 当時、西国三十三箇所観音霊場参りをしていた両親を連れて訪れたことがありました。 まさか、自分が同じようにお参りに訪れるとは、当時は夢にも思わなかったですね。 聖武天皇の勅願により行基上人が弁財天像を作り安置したのが創始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七五三の西宮神社(兵庫県西宮市)

天気がよかった週末 娘家族と毎年のようにお参りに訪れている西宮神社なのですが、今年もお参りに行ってきました。 七五三の参拝日は、11月15日と言われていますが、今年も11月の週末は、予約で一杯のようで・・・ 訪れた日も早い時間に訪れたにも関わらず境内は、着飾った親子でいっぱいでした。 手水者で手を浄めて本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒲田神社(大阪市淀川区)

御堂筋線の東三国駅界隈を ブラブラ散策していたら・・・ ちょっと気になったので立ち寄ってみました。 鳥居をくぐって境内に足を踏み入れて 手水舎で手を浄めて本殿に・・・・ 重要な仕事を目前に控えていたので・・ しっかりと参拝させて頂きました。 境内には、摂社が三つあるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好竹神社(兵庫県姫路市)

姫路城から東に 500mほど??? 普段、何気なく見過ごしてしまいそうなお社ですが 姫路市の観光案内に載っていたので立ち寄ってみたのが、姫路市保健所の北にある「好竹神社」 赤い鳥居が目立つのですが・・・ とても小さなお社ですね。 江戸時代中期に創建され、祭神は「好竹稲荷大明神」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東叡山・寛永寺・根本中堂(東京都台東区)

徳川家墓所の西側・・・ ちょうど、国立博物館の「平成館」の裏になるのかな??? 上野中学校の隣に寛永寺の中核をなす根本中堂があります。 根本中堂は、忠臣蔵で有名な元禄時代に初代が創建されたようですが、幕末の戊辰戦争の際 上野に立て籠もった彰義隊と政府軍との戦いで消失し、明治12年に再建されたようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more