テーマ:神戸エリア

二宮神社(神戸市中央区)

年末をもって 活動の休止を発表した嵐のファンが訪れる聖地の一つ 「二宮神社」は、三宮駅から北東に直線で300mほどの住宅街の一画にあります。 南側に面した場所に鳥居があって参道が北に向かって続きます。 参道の左手には大きな御神木があります。 正面の本殿にお参り。 祭神として、天忍穂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生田神社(神戸市中央区)

三ノ宮と元町の真ん中 JRの高架の北の繁華街の中にある生田神社に久しぶりにお参りに行ってきました。 その一番の鳥居は、JR高架の南、大丸神戸店の北側にあります。 「IKUTA ROAD」と名付けられた石畳のおしゃれな道は、もともとは参道だったんですね。 神戸らしいおしゃれな町並みを進むと・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四宮神社(神戸市中央区)

元町駅から北西に歩いて15分くらい?? 兵庫県庁の西、中山手通に面した場所にある四宮神社 ここは、織田信長を裏切った荒木村重が築城した花隈城の鬼門の方向にあったことから鬼門鎮護の神としていたようですね。 中山手通に面していることもあって、なんか垢抜けた雰囲気ですね。 通りに面した石段の上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メルカロード宇田川商店街界隈を散策(神戸市中央区)

神戸駅から東側 元町商店街の北に位置する「メルカロード宇田川商店街」 開帝廟から神戸駅を目指して歩いている中、通りかかった昔懐かしい商店街をブラブラと散策してみました。 JR神戸線の車窓から眺めるだけだったのですが、この辺りに来るのは、もう三十年以上ぶりですね。 北に行くと大倉山公園に続くのかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸らんぷミュージアム(神戸市中央区)

旧居留地を散策していると 京町の角のビルの入口に「神戸らんぷミュージアム」の看板が目に止まって、興味が湧いたので立ち寄ってみました。 もともと、北野にあった「北野らんぷ博物館・赤木コレクション」に収蔵されていたものをこちらの施設に移して「神戸らんぷミュージアム」として公開しているようですね。 関西電力さんが運営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧居留地を散策(神戸市中央区)

神戸市役所の西側に広がるのが 神戸港が開港された当時、外国人に126区画に分けて競売された治外法権の場所です。 東は、フラワーロードから西は元町の大丸辺りまでのエリアになります。 三宮や元町の繁華街に近い場所にも関わらず、どことなく静かで落ち着いた雰囲気が漂っています。 長崎や横浜にも旧居留地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボウリング発祥の地(神戸市中央区)

神戸市役所の南・・・ 神戸ルミナリエのメイン会場であり、阪神淡路大震災の鎮魂のイベントが開催される東公園の西南の角にある記念碑 小さな池の淵に黒いボウリングの球と白いピンが並んだデザインです。 1968年に開港され、当時の市街地は新開地辺りあり、その東に3~4kmほど場所に外国人居留地を定めたようで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本マラソン発祥の地(神戸市中央区)

神戸市役所の前 フラワーロード沿いにモニュメントを発見したので 近づいてみると・・・ 「日本マラソン発祥の地」の碑 1909年3月21日、神戸の湊川埋め立て地から大阪の西成大橋東端までの約32キロの「マラソン大競走」が行われのが日本で最初のマラソン大会だったとのこと 神戸マラソンの開催を記念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸市役所24階展望ロビー(神戸市中央区)

神戸市役所の庁舎は 三宮駅の南、フラワーロード沿いに建ち並んでいますが 一号館は、25買い建ての高層ビルになっていて その24階は、展望ロビーとして公開されています。 ちなみに北側にある二号館は、阪神・淡路大震災の時に5階部分が押しつぶされ、6階以上を取り除き耐震工事をした上で築60年を経った現在も使用されていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

濃厚鶏そば「麺屋武一」(神戸市中央区)

三ノ宮駅の北 中山手通沿いにあるラーメン屋さん「麺屋武一」にランチで立ち寄ってみました。 店内は、シックな雰囲気があって、ちょっとオシャレかも? 「体にパンチ入れたいあなたへ」って言うのが気になって」濃厚辛みそラーメン」を選択。 辛さが選べるとのことだったので、迷わず、「激辛」を選択。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(プラネタリウム)(神戸市中央区)

神戸市内にある唯一のプラネタリウム 毎日、開館と同時に約1時間単位で複数のプログラムが投影れています。 「神戸青少年科学館」の名称から、子供達のプログラムもあります。 訪れた時は・・・と言うより、このプログラムを目当てに来たのですが 「さぁ、飛びたて・・・はやぶさ」と言うプログラムで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(第六展示室)(神戸市中央区)

第六展示室は 一階に戻って第一展示室の奥にあります。 「創造性の科学」と言うテーマで展示されています。 遊びの体験をとおして、難しさを抜きにして、子供たちも楽しみながら創造性を学ぶことができるコーナーです。 確かに、他の展示室に比べると ちょっと散漫な雰囲気と、なんか遊園地の遊戯コーナーのような雰囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(第五展示室)(神戸市中央区)

第五展示室は 新館三階にあります。 「生命の科学」と言うテーマで展示されています。 DNA、細胞から人体のふしぎ、生命の神秘などを立体的な展示物で学ぶことができるコーナーです。 「原生動物から多細胞動物への進化」生命がたどっている長い歴史をパネルで説明してくれています。 小学校の理科室にあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(第四展示室)(神戸市中央区)

第四展示室は 新館の二階にあります。 「神戸の科学と技術」をテーマに展示されています。 神戸発信の科学と技術が世界の未来ょになっていることを学べるコーナーです。 「神戸タイムトラベル」として映像で歴史などを説明してくれています。 医療産業都市として力を注ぐ神戸市 特にポートアイランドの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(第三展示室)(神戸市中央区)

第三展示室は エスカレーターを降りた二階にあります。 なんか、エスカレーターを上ったり降りたりと・・ちょっとレイアウト的に疑問がありますね(笑) 「宇宙と地球」をテーマに展示されています。 臨場感あふれる宇宙空間の中で、地球や太陽系の惑星について学べるコーナーです。 暗い空間の中に太陽系の惑星の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(第二展示室)(神戸市中央区)

第二展示室は・・ エスカレーターを3階まで一気に上がったところにあります。 「情報の科学」と言うテーマで展示されています。 音や光、電波や波などから様々な情報の原理を学ぶことができます。 コンピューターの原理や歴史を説明されています。 指紋、虹彩認証などセキュリテイの仕組みが説明され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(第一展示室)(神戸市中央区)

まずは・・・ エントラスンに隣接する「第一展示室」から見学することに。 「力としくみの科学・物質とエネルギーの科学」と言うテーマで展示されています。 ここでは、カラダを使った体験から、ものに働く力の仕組みや様々なエネルギーについて学ぶコーナーのようです。 とびだせ!空気ロケット・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(神戸市中央区)

UCCコーヒー博物館の東隣・・ まぁ、厳密には、その間に上島珈琲さんの本社社屋がありますが・・・。 バンドー化学さんがネーミングライツパートナーになって運営されている「バンドー神戸青少年科学館」があります。 正式に1984年に開館となっていますが、前身の施設は、ポートピア81が開催された際、「神戸プラネタリウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UCCコーヒー博物館(神戸市中央区)

ポートアイランドの 南公園駅を下車したら、すぐ目の前にある「UCCコーヒー博物館」・・・。 何度か目の前を通ったことがあったのですが、訪れるのは、ポートピア81開催期間中以来なので もう38年ぶりですね。 ポートピア81の際は、コーヒーカップ型のパビリオンとして、目立った存在でした。 パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まっ赤ならーめん「とまこ」(神戸市中央区)

三宮センター街の地下にある 以前から気になっていたおしゃれなラーメン屋さん「とまこ」にランチに立ち寄ってみました。 店内は、さほど広くないのですが、両サイドにテーブル席が並んでいます。 トマトラーメン専門店と言うことです、。多くのトマトラーメンがある中 「とび辛 とうがらしラーメン」と言うのが目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹中大工道具館(日本庭園)(神戸市中央区)

素晴らしい屋内展示を観終わって 窓の外に広がっている日本庭園をちょっと散策してみることに 新神戸駅から5分程度の場所にあるのに、静寂な空間が広がっています。 枯山水の白い砂利も綺麗にはき揃えられています。 木々も綺麗に手入れされていて・・・ とても清々しい気持ちにさせてくれます。 3月初旬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹中大工道具館(地下二階展示)(神戸市中央区)

地下二階まで降りると 「和の伝統美」と言うことで、茶室の実物大模型をはじめ、 精緻極まる組子細工、雲母摺りかがやく唐紙襖、自然の素材でつくり上げた土壁などを間近に感じることができます。 「名工の輝き」のコーナーでは、大工道具の名人と呼ばれた職人さんたちが丹精を込めて作り上げた名作の数々が所狭しと展示され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹中大工道具館(地下一階展示)(神戸市中央区)

地下一階に降りると 「棟梁に学ぶ」と言うテーマで、奈良の唐招提寺の金堂の修復に竹中組さんが関わっていたことから 関連した木組みや道具が数多く展示されています。 修復した金堂で使用された木材のサイズがどれくらいのものだったか こうやって、実際の大きさを示してくれているとその大きさが理解できますね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹中大工道具館(一階展示)(神戸市中央区)

入場券を買って展示室に足を進めると 綺麗な展示スペースに木材や 木でできた家具などが展示されています。 柔らかい照明に照らされて、木の暖かさを感じさせてくれます。 和傘の展示はとても上品な雰囲気ですね。 綺麗に球体に削られた木は木目がなんか引き込まれそうな感じです。 大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹中大工道具館(神戸市中央区)

新神戸駅の東に徒歩で5分? 閑静な住宅街の一画に「竹中大工道具館」があります。 以前は、中山手通沿いにあったようですが、展示物が増えて手狭になったことから、4年前にこの地に新築・移転したようです。 ちなみに、この場所は、竹中工務店さんの本社があった場所のようですね。 外観は、閑静な住宅街にある豪邸と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナマステタージマハル新神戸店(神戸市中央区)

新神戸駅前 新神戸オリエンタルアベニュー二階にあるインド料理屋さんにランチに立ち寄ってみました。 店内は、20席ほどのカウンター席と、15席ほどのテーブル席があります。 チキンカレーのAランチを選択。 辛さは、もちろん、「激辛」 スープは、少し薄かったかな? 大きい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

布引ハーブ園から新神戸へ(神戸市中央区)

布引ハーブ園を散策して ロープウェイの「風の丘中間駅」まで降りてきて 普通は、ここからはロープウェイを利用して山麓まで降りるのでしょうが 歩いて山麓まで降りることにします。 ハーブ園山麓駅で乗車券を買う時に、歩いて降りると約1時間ほどかかりますよ って教えてもらっていたので、ちょっと覚悟して歩くこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸布引ハーブ園(その3)(神戸市中央区)

ハーブ園の中間あたりには とんがり帽子をかぶったようなガラスで作られた温室が立ち並んでいます。 グラスハウスの内部には スパイス工房があって、入るとスパイとの香りが漂って、異国気分を味わうことができます。 ハーブの家と言うテーマのコーナーでは、キッチンやリビングなどの暮らしの中に取り入れられている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸布引ハーブ園(その2)(神戸市中央区)

展望プラザを後に 坂道を下りながらハーブ園を散策することに ハーブ園の名の通り、あちらこちらに多くのハーブが植えられています。 ハーブミュージアムでは、100種類近くのハーブが植栽展示されていて、その特性や利用方法の説明がされています。 料理に利用されるものも、肉料理に使われるもの、魚料理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸布引ハーブ園(その1)(神戸市中央区)

「ハーブ園山頂駅」を降りると レンガが敷き詰められた展望プラザが広がります。 そこからは、少しモヤがかかっていますが、眼下の三ノ宮の街と先には神戸港とポートアイランドを見渡すことができます。 色とりどりの花が咲き乱れている花壇 ドイツの古城「ヴァルトブルク城」をモチーフにしたおしゃれな雰囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more