テーマ:観光

世界三大記念艦「三笠」(その3)(神奈川県横須賀市)

船内と言うより まずは、操舵室を覗いてみます。 羅針盤や操舵輪などがきれいに磨かれて展示されています。 船尾にある司令官室や会議室は、軍艦とは思えない厳かで豪華な作りをしています。 艦内には、「三笠神社」があって ここには、伊勢神宮の天照大神を艦内の神社として祀っているとのこと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界三大記念艦「三笠」(その2)(神奈川県横須賀市)

乗船して まずは、甲板を抜け艦橋を目指します。 艦橋から二門の主砲の先に船首を臨んだ角度は、やはり1番の場所ですね。 ここで東郷司令長官が、日本海海戦の指揮をとった場所ですね。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%AC%A0_(%E6%88%A6%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界三大記念艦「三笠」(その1)(神奈川県横須賀市)

腹ごしらえを終え 向かうのは、三笠公園。 ここには・・・ 日露戦争の日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を壊滅させた大日本海軍の旗艦であった戦艦「三笠」が保存展示されている場所です。 東郷連合艦隊司令長官の銅像がお出迎え。 有名な「皇国興廃在此一戦」の言葉も刻まれています。 船首を北に向けて係留?? 固…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドブ板通りを散策(神奈川県横須賀市)

クルーズが終わり 昼食のため、汐入から東に向かうことに しばらく歩くと石畳の道に出ました。 ここは、有名なドブ板通り・・・。 道の両側にはネイビーって感じのサバイバルグッズのお店や アメリカンって感じのファッションコート おしゃれな雑貨屋さん スカジャンって・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横須賀軍港巡り(その2)(神奈川県横須賀市)

アメリカ海軍施設を後に 大きく左に旋回して、多くの海上自衛隊の艦艇が停泊している場所を目指すことに・・ 東京湾の出口には、消磁用のブロックが浮いていて これは、磁気に反応して爆発する機雷に反応しないよう、鋼板で作られた艦艇に帯びた磁気を消すために設置されているとのことです。 小山の向こうには雪化粧をした富…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横須賀軍港巡り(その1)(神奈川県横須賀市)

横須賀って街は・・・ 随分前、会社の研修で一度訪れたことがあったのですが 研修施設に直行直帰だったので横須賀の街をゆっくり訪れたことがなかったので ネットで知った「横須賀軍港巡りクルーズ」に参加してきました。 京急電鉄の汐入駅から歩いて5分ほどでクルーズの乗船乗り場に到着。 あらかじめネットで予約していたので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸らんぷミュージアム(神戸市中央区)

旧居留地を散策していると 京町の角のビルの入口に「神戸らんぷミュージアム」の看板が目に止まって、興味が湧いたので立ち寄ってみました。 もともと、北野にあった「北野らんぷ博物館・赤木コレクション」に収蔵されていたものをこちらの施設に移して「神戸らんぷミュージアム」として公開しているようですね。 関西電力さんが運営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧居留地を散策(神戸市中央区)

神戸市役所の西側に広がるのが 神戸港が開港された当時、外国人に126区画に分けて競売された治外法権の場所です。 東は、フラワーロードから西は元町の大丸辺りまでのエリアになります。 三宮や元町の繁華街に近い場所にも関わらず、どことなく静かで落ち着いた雰囲気が漂っています。 長崎や横浜にも旧居留地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボウリング発祥の地(神戸市中央区)

神戸市役所の南・・・ 神戸ルミナリエのメイン会場であり、阪神淡路大震災の鎮魂のイベントが開催される東公園の西南の角にある記念碑 小さな池の淵に黒いボウリングの球と白いピンが並んだデザインです。 1968年に開港され、当時の市街地は新開地辺りあり、その東に3~4kmほど場所に外国人居留地を定めたようで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本マラソン発祥の地(神戸市中央区)

神戸市役所の前 フラワーロード沿いにモニュメントを発見したので 近づいてみると・・・ 「日本マラソン発祥の地」の碑 1909年3月21日、神戸の湊川埋め立て地から大阪の西成大橋東端までの約32キロの「マラソン大競走」が行われのが日本で最初のマラソン大会だったとのこと 神戸マラソンの開催を記念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸市役所24階展望ロビー(神戸市中央区)

神戸市役所の庁舎は 三宮駅の南、フラワーロード沿いに建ち並んでいますが 一号館は、25買い建ての高層ビルになっていて その24階は、展望ロビーとして公開されています。 ちなみに北側にある二号館は、阪神・淡路大震災の時に5階部分が押しつぶされ、6階以上を取り除き耐震工事をした上で築60年を経った現在も使用されていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛窓オリーブ園(岡山県瀬戸内市)

日本のエーゲ海と呼ばれる牛窓・・・・ 瀬戸内海に面した丘の上に広がるオリーブ畑は、柔らかい秋の日差しを浴びて癒しの空間を提供してくれます。 北には、日本最大級の太陽光発電所が広がり 南には、小豆島を臨むことができ 景色を眺めていると、耳の奥では「瀬戸の花嫁」が流れます(笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒壁スクエア(滋賀県長浜市)

長浜駅から東側 古い街並みが広がっていて その一画、旧北陸街道沿いに立ち並ぶレトロな建物 古い町家やクラシカルなショップや飲食店が立ち並ぶ歴史景観エリアは黒壁スクエアと呼ばれています。 明治時代「黒壁銀行」の愛称で知られた第百三十国立銀行長浜支店の建物を利用する「黒壁ガラス館」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のとじま水族館-後編(石川県七尾市)

水族館本館で魚たちを鑑賞した後 雨の中、屋外施設を見て回ることに ちょうど、イルカショーが始まる時間が近づいていたので、急ぎ足で、イルカ・アシカショーへ 台風が過ぎた翌日、雨の平日の朝一だったこともあって、観客は半分くらい?? イルカショーが始まると四頭のカマイルカがプールを縦横無尽に泳ぎ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のとじま水族館-前編(石川県七尾市)

三日目は・・・ 曇り空で・・・どこを回ろうか??? 迷った挙句、近くにあった「のとじま水族館」に足を運ぶことにしました。 七尾湾に浮かぶ能登島の北側に位置し、能登半島近海に住む魚を中心に約500種の生き物が飼育された水族館です。 入口を入ると、目の前に「ジンボエザメ館」があって 中に入ると大きな水槽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白川郷・荻町合掌集落(岐阜県白川村)

昼食を済ませて 白川郷を目指すと 5分ほど走ったところで右折して、町営のせせらぎ公園の駐車場を目指すことに 6年前に訪れた時は、GWと言うこともあって、このあたりの道は渋滞で・・ 駐車場に入るまでにとても時間がかかった記憶があったのですが、今回は、三連休だったのに台風の影響もあって、空いていましたね。 でも・・・駐車場に着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅「白川郷」(岐阜県白川村)

以前、白川郷は、知人たちと訪れたことがあったので どうしようかとも思ったのですが、家内と息子は訪れたことがなかったので 五箇山を後に車で20分ほど国道を南下して白川郷を目指すことにします。 途中、昼食にはちょっと早いと思いつつ、道の駅の看板が目に止まったので 昼食休憩をすることにします。 レストランは、やっぱり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五箇山・菅沼合掌集落(富山県南砺市)

相倉合掌集落を後に 南に10kmほど離れた場所にある菅沼合掌集落に向かうことに 10分ほど走ったところで駐車場の看板が目にとまり 駐車場に車を止めると、駐車場の一画に観光用のエレベーターがあって 丘の上の駐車場から下に広がる集落まで歩くのは、ちょっとタフなようなのでエレベーターが設置されています。 まぁ、世界遺産で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五箇山・相倉合掌集落(富山県南砺市)

二日目も台風が近づいていることもあっ 雨は降っていないのですが、曇り空 その上、結構強い風が吹く中・・・ レンタカーを借りて、世界遺産の五箇山を訪れることに 金沢市内から高速道路を利用して約1時間??? 最初に訪れたのは、世界遺産として登録されている五箇山の中でも北に位置する「相倉合掌造り集落」 日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「御座候」あずきミュージアム(兵庫県姫路市)

あずきのトンネルの先には、 あずき色をした正十二角形のあずきミュージアムがあります。 入場料が大人1200円だったので ちょっとためらったのですが・・・ まぁ、せっかくの機会だからと思い、入場してみました。 あずき型の入口のアーチを潜るとあずき食品の数々が展示されています。 なんか・・・ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「御座候」本社工場見学(兵庫県姫路市)

午前中に二回 本社に隣接する工場見学ができます。 せっかくの機会なので、参加してみました。 14年前に建てられた建物で、食品を扱うだけあって内部はとても清潔に保たれている工場です。 まずは、廊下のバネルで工場の概要などの説明の後、廊下にあるガラス窓越しに見学になります。 全国にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「御座候」本社-里山庭園(兵庫県姫路市)

「姫路にうまいもん」と言う キャッチフレーズで有名な「御座候」さん 一般的には、今川焼き??と言うのかも 「御座候」さんでは、回転焼きって呼んでますね。 子供の頃から食べていて・・・お気に入り一品です。 昔、上司だった九州出身の方が、なぜか大阪から離れた姫路の回転焼きの大ファンだったことを思い出しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史ロードを散策(鹿児島県鹿屋市)

鹿児島水族館を見学した後、西鹿児島駅前までバスで戻ってきたら 新幹線の時間まで少し時間があったので、駅の近くにある「歴史ロード」を散策することに。 駅前から200mほど天文館に向かって歩くと 橋のたもとに大久保利通公の銅像が立っています。 西郷隆盛公の銅像が軍服なのに比べると、対照的ですね。 県道を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いおワールド 鹿児島水族館(鹿児島県鹿屋市)

桜島フェリーターミナルから歩いて5分 いおワールド 鹿児島水族館に足を運んでみました。 外観は、シドニーにあるオペラハウスを意識しているのかな?? エントランスから、青く幻想的なトンネルに入ると 二階に上がるエスカレーターになっていて 上り切ると、目の前には、ジンベエザメが泳ぐ大水槽が広がり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島市内観光(自然編)(鹿児島県鹿屋市)

三日目は・・・ 15時過ぎの新幹線に乗る予定だったので、午前中は、初日と同様、市内観光バスの半日コースを利用することにしました。 初日は歴史探訪コースだったのですが、三日目は、自然遊覧コースと言うことで桜島観光に行くことに。 鹿児島駅前のバス停から出発して、鹿児島港へ 目の前の桜島には・・・やっぱり中腹より上は雲がか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦江湾を西へ(鹿児島県鹿屋市)

鹿屋基地での見学を終え 鹿児島市内のホテルに戻るため大隅半島から薩摩半島を目指す他・ 桜島に近い垂水港へ フェリーに乗って鹿児島の鴨島港を目指します。 午前中の豪雨も上がり、雲の隙間から太陽の光が差して錦江湾を照らしていて・・・ しかし、右手に見える桜島は、山麓辺りだけ姿を見ることができます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内之浦宇宙観測所-後編(鹿児島県肝付町)

今度は、入場口から下に降りてミューセンターを目指します。 坂を降りたところには、巨大なコンクリートの建物と、その先には赤い発射台を目の前に現れて 巨大な建物の中で、M型ロケットが組み立てられます。 そして、この発射台からM型ロケットが打ち上げられ 有名なハヤブサも、この発射台から打ち上げられていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内之浦宇宙観測所-前編(鹿児島県肝付町)

元々は、錦江湾側の鹿屋を目指すつもりだったのですが 急遽、行程を変更して、太平洋(日向灘)を目指して大隅半島を横断して あのハヤブサを打ち上げたJAXAの「内之浦宇宙観測所」を目指すことに 国道448号線を走ること1時間半ほど 山の地形を生かして作られたロケット打ち上げ場である「内之浦宇宙観測所」に到着 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦江湾を東に

薩摩半島では、二箇所を巡ったので 次は、錦江湾を渡って大隅半島に行くことに 最南端の山川港からフェリーに乗る予定で、西大山駅から向かうと 少し早く着いたので、近くの道の駅でお刺身定食を食べたのですが やはり、海辺の町なので、とても豪勢なお刺身で食べ応えがありました。 山川港を定刻に出発し …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島市内観光-後編(鹿児島県鹿児島市)

南洲墓地を後にバスは 錦江湾沿いを北に走って目指すは、島津家の別邸として作られた仙巌園に向かいます。 仙巌園と言う呼び方より、「磯庭園」って言う方が馴染みがあっていいですね。 入口を入ると正面に石垣が見えて ここは、世界遺産に登録されている反射炉跡です。 幕末に藩主だった島津斉彬は国を護るインフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more