テーマ:観光

「御座候」あずきミュージアム(兵庫県姫路市)

あずきのトンネルの先には、 あずき色をした正十二角形のあずきミュージアムがあります。 入場料が大人1200円だったので ちょっとためらったのですが・・・ まぁ、せっかくの機会だからと思い、入場してみました。 あずき型の入口のアーチを潜るとあずき食品の数々が展示されています。 なんか・・・ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「御座候」本社工場見学(兵庫県姫路市)

午前中に二回 本社に隣接する工場見学ができます。 せっかくの機会なので、参加してみました。 14年前に建てられた建物で、食品を扱うだけあって内部はとても清潔に保たれている工場です。 まずは、廊下のバネルで工場の概要などの説明の後、廊下にあるガラス窓越しに見学になります。 全国にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「御座候」本社-里山庭園(兵庫県姫路市)

「姫路にうまいもん」と言う キャッチフレーズで有名な「御座候」さん 一般的には、今川焼き??と言うのかも 「御座候」さんでは、回転焼きって呼んでますね。 子供の頃から食べていて・・・お気に入り一品です。 昔、上司だった九州出身の方が、なぜか大阪から離れた姫路の回転焼きの大ファンだったことを思い出しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史ロードを散策(鹿児島県鹿屋市)

鹿児島水族館を見学した後、西鹿児島駅前までバスで戻ってきたら 新幹線の時間まで少し時間があったので、駅の近くにある「歴史ロード」を散策することに。 駅前から200mほど天文館に向かって歩くと 橋のたもとに大久保利通公の銅像が立っています。 西郷隆盛公の銅像が軍服なのに比べると、対照的ですね。 県道を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いおワールド 鹿児島水族館(鹿児島県鹿屋市)

桜島フェリーターミナルから歩いて5分 いおワールド 鹿児島水族館に足を運んでみました。 外観は、シドニーにあるオペラハウスを意識しているのかな?? エントランスから、青く幻想的なトンネルに入ると 二階に上がるエスカレーターになっていて 上り切ると、目の前には、ジンベエザメが泳ぐ大水槽が広がり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島市内観光(自然編)(鹿児島県鹿屋市)

三日目は・・・ 15時過ぎの新幹線に乗る予定だったので、午前中は、初日と同様、市内観光バスの半日コースを利用することにしました。 初日は歴史探訪コースだったのですが、三日目は、自然遊覧コースと言うことで桜島観光に行くことに。 鹿児島駅前のバス停から出発して、鹿児島港へ 目の前の桜島には・・・やっぱり中腹より上は雲がか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦江湾を西へ(鹿児島県鹿屋市)

鹿屋基地での見学を終え 鹿児島市内のホテルに戻るため大隅半島から薩摩半島を目指す他・ 桜島に近い垂水港へ フェリーに乗って鹿児島の鴨島港を目指します。 午前中の豪雨も上がり、雲の隙間から太陽の光が差して錦江湾を照らしていて・・・ しかし、右手に見える桜島は、山麓辺りだけ姿を見ることができます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内之浦宇宙観測所-後編(鹿児島県肝付町)

今度は、入場口から下に降りてミューセンターを目指します。 坂を降りたところには、巨大なコンクリートの建物と、その先には赤い発射台を目の前に現れて 巨大な建物の中で、M型ロケットが組み立てられます。 そして、この発射台からM型ロケットが打ち上げられ 有名なハヤブサも、この発射台から打ち上げられていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内之浦宇宙観測所-前編(鹿児島県肝付町)

元々は、錦江湾側の鹿屋を目指すつもりだったのですが 急遽、行程を変更して、太平洋(日向灘)を目指して大隅半島を横断して あのハヤブサを打ち上げたJAXAの「内之浦宇宙観測所」を目指すことに 国道448号線を走ること1時間半ほど 山の地形を生かして作られたロケット打ち上げ場である「内之浦宇宙観測所」に到着 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦江湾を東に

薩摩半島では、二箇所を巡ったので 次は、錦江湾を渡って大隅半島に行くことに 最南端の山川港からフェリーに乗る予定で、西大山駅から向かうと 少し早く着いたので、近くの道の駅でお刺身定食を食べたのですが やはり、海辺の町なので、とても豪勢なお刺身で食べ応えがありました。 山川港を定刻に出発し …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島市内観光-後編(鹿児島県鹿児島市)

南洲墓地を後にバスは 錦江湾沿いを北に走って目指すは、島津家の別邸として作られた仙巌園に向かいます。 仙巌園と言う呼び方より、「磯庭園」って言う方が馴染みがあっていいですね。 入口を入ると正面に石垣が見えて ここは、世界遺産に登録されている反射炉跡です。 幕末に藩主だった島津斉彬は国を護るインフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島市内観光-前編(鹿児島県鹿児島市)

今回は、旧友二人と 毎年、一泊二日で旅行に行っている一環で 今回は、二泊三日で鹿児島に訪れました。 お昼過ぎに鹿児島中央駅に着いたのですが・・・・ まぁ、午後しか動けないことはあらかじめ分かっていたので、午後の半日コースの市内観光バスを予約していました。 15分前に出発場所に着いたら・・・・我々三人だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦根城玄宮園(滋賀県彦根市)

城内の北東に位置する 玄宮園は、1677年に四代藩主の井伊直興によって、琵琶湖などの近江八景を模して作られた大名庭園です。 金沢の兼六園や水戸の偕楽園、岡山の後楽園などと同じ目的で作られた庭園なんですね。 玄宮園の北に位置する鳳翔台は、藩主が客人をもてなすために利用していた客殿のようです。 今は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦根城博物館(滋賀県彦根市)

彦根城の入り口 表御殿跡に1984年に市制50周年を記念して建築された彦根城博物館 彦根城に訪れたついでに立ち寄ってみました。 「井伊の赤備え」と恐れられたいいけの甲冑がお出迎え 訪れた時は「霊の面 怨霊・亡霊・神霊-井伊家伝来能面から」と言う企画展が開催されていて 多くの能面が展示され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兼六園を散策(石川県金沢市)

駆け足で金沢城を駆け抜け 石川門を出て、向かいの兼六園を散策することに ここは、岡山の後楽園、水戸の偕楽園と並ぶ三大名園として有名な庭園ですね。 4代藩主の前田綱紀が金沢城に面する斜面に別荘を作ったのが始まりと言われています。 緑が眩しい庭園内を進むと見事な日本庭園が広がります。 岡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢城を散策(石川県金沢市)

近江町市場を後に 加賀百万石の前田家の居城である金沢城を目指すことに 本来ならば、東側の石川門から入城するのが正式ルートだと思いつつ あまり時間に余裕がないことから、北側の大手門から入城することにします。 大手門をくぐると広大な新丸広場が広がります。 広場の向こうに菱櫓が見えますが・・・結構距離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江町市場を散策(石川県金沢市)

30年ぶりの金沢??? 金沢駅で荷物を預け、時間が限られているので、まずは、金沢城を目指すことに。 急に決まった出張だったので、事前学習をしていなかったため・・・・ 金沢城の方向だけは・・昔訪れたイメージから駅から南東に大通りを進んでって感じしか認識していなかったので まずは、大通り沿いを歩くことに 途中、道案…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏見桃山城を散策(京都市伏見区)

豊臣秀吉が創建し 徳川家康が改修した伏見城 関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城攻めでは、東軍の鳥居元忠が城代として守ったことや家康が征夷大将軍の宣下を受けた場所としても有名ですね。 明治天皇陵の場所が本丸だったとのことなので、さすがに発掘調査などができないため、まだまだ不明な点が多いようですね。 「伏見城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ祇園祭

久しぶりに京都の街を訪れたら 京都駅に降り立ったとたん、そこは、祇園祭一色。 土曜日に祇園囃子演奏会があったことが展示されていました。 今年の前祭の山鉾巡行は、7月17日のようで 当日まで、毎日、多くの行事が京都の街で繰り広げられるようですね。 山鉾巡行を目の前の特等席で生で観たのは、ミレニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うずの丘「大鳴門橋記念館」(兵庫県南あわじ市)

道の駅「うずしお」を後に 来た道を戻ること約10分 高台にある「大鳴門橋記念館」に足を運んでみました。 ここは「うずしお科学館」と言う施設が中にありますが、レストランやお土産のショップもあって道の駅って雰囲気がある施設ですね。 テレビ番組でも何度も取り上げられたことがある「玉ねぎキャッチャー」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅「うずしお」(兵庫県南あわじ市)

淡路島の一番西の端? 厳密には、ちょっと北にある弁天島と呼ばれる岬が西の端のようですが まぁ、鳴門海峡に面していることから西端でいいかな?? そこにある道の駅「うずしお」まで足を伸ばしてみました。 大きな玉ねぎのベンチがお出迎え。 訪れたのが火曜日だったため、残念ながら道の駅は休館日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物園」(兵庫県淡路市)

連絡口を出たら 正面には、「奇跡の星の植物園」があります。 ここは、淡路夢舞台の中で、海峡公園、ホテル、国際会議場、プロムナードガーデンなどと並ぶシンボル施設として2000年に作られた屋内植物園です。 訪れた時には「淡路夢舞台薔薇祭2019-ハプスブルグ家の薔薇」が開催されていました。 入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路夢舞台-百段苑(兵庫県淡路市)

夕食が早めに食べ終わり まだ、外が明るかったのでホテルに隣接する「百段苑」を少し散策することに 安藤忠雄さんが手がけた、斜面に沿って階段状に並んだ百段にも及ぶ大規模な花壇です。 下から見上げると、壁のようにそそり立つ階段は、満腹ってこともありましたが、ちょっと心が折れそうだったのですが、頑張って上ることに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路ワールドパークONOKORO(遺跡の世界)(兵庫県淡路市)

園内マップに ミニチュアワールドの南側に「遺跡の世界」と言うのがあったので、探してみました。 このエリアは、さほど広くなくて・・・ 五体の石像がミニチュア版で再現されています。 9世紀から12世紀に中央アメリカで栄えたトゥーラ遺跡の宮殿の前室に支えていた四体の「戦士の柱像」のうちの一体 紀元前5世紀から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路ワールドパークONOKORO(ミニチュアワールド-後編)(兵庫県淡路市)

先に進むと 玉ねぎ型の尖塔が印象的な・・・ モスクワの赤の広場にある「聖バシリー寺院」 クレムリンってイメージが強いですが、寺院は、クレムリンの城壁の外にあるらしいですね。 北京にある明代に永楽帝によって造られた皇帝による儀式を執り行うために造られた施設「天壇」 タイのバンコクにある仏教寺院「ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路ワールドパークONOKORO(ミニチュアワールド-前編)(兵庫県淡路市)

淡路ワールドパークの目玉のひとつが 世界の有名な建造物が精巧なミニチュアで再現された「ミニチュアワールド」 全部で18の建物が再現されています。 まず、目の前に現れたのは、パリの凱旋門。 正式名称は「エトワール凱旋門」と呼ぶのだそうですね。 ナポレオンの戦勝を記念して建てられた高さ50mの門です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路ワールドパークONOKORO(童話の森)(兵庫県淡路市)

大人二人だったので 特に遊戯で遊ぶわけでもなく・・・ 園内を散策することに・・・でも、暑いですね。 ゲートから足を進めると、最初に目に止まったのが「童話の森」 森の中に点在する八つの童話の世界観を現したオブジェを散策して回ります。 アンデルセン童話の「はだかの王様」 イギリスの民話「三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路ワールドパークONOKORO(兵庫県淡路市)

絵島を後に 大阪湾沿いに走る国道28号線を南下し 「淡路ワールドパークONOKORO」に立ち寄ってみました。 もう25年近く前に子供達を連れてきたことがあったのですが・・・それ以来かな? 平日だったこともあって?? 駐車場は、ガラガラ ちなみに、駐車場代は無料ってありがたいですね。 と言うことは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵島(兵庫県淡路市)

岩屋港の目の前・・・ とても目立つ奇岩・・・ 古事記・日本書紀に書かれた『おのころ島』は、漢字だと『自凝島』と書き「自ずから凝り固まってできた島」と言う意味を持っており、淡路島を指していることは有名ですが、ピンポイントでここだ!と言う有力な場所が二箇所あります。 一つは、淡路島の南に浮かぶ沼島と・・・もう一つは、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅「あわじ」(兵庫県淡路市)

仕事が少し落ち着いたので まぁ、働き方改革ってことで、有給休暇の取得も奨励されていることもあって、急遽、休暇を取得して家内と淡路島に一泊二日の旅行に行ってきました。 平日と言うこともあって、高速道路や明石海峡大橋も空いていて・・ お昼前に淡路島に渡りきれたので・・・道の駅「あわじ」に立ち寄ってみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more