テーマ:滋賀県

弘文天皇陵(滋賀県大津市)

長等山前陵(ながらのやまさきのみささぎ) 第39代の弘文天皇は、天智天皇の皇子として、父の跡をついで即位したようですが、叔父の大海人皇子との古代の最大の内戦と言われる壬申の乱で敗れ自害したことで有名ですね。 弘文天皇は明治期に入って天皇の諡号が贈られたようですが、実際に即位したかは定かではないようで 大友皇子と呼ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翼果楼(滋賀県長浜市)

せっかく、長浜まで足を伸ばしたので 名物の「焼き鯖そうめん」を食べようと思って テレビなどで取り上げられたことがある有名な「翼果楼」に入ってみました。 メインストリートに面しているのですが、入口は、右の路地を入ったところらあって 引き戸って・・・情緒がありますね。 店内は、古民家のような佇ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒壁スクエア(滋賀県長浜市)

長浜駅から東側 古い街並みが広がっていて その一画、旧北陸街道沿いに立ち並ぶレトロな建物 古い町家やクラシカルなショップや飲食店が立ち並ぶ歴史景観エリアは黒壁スクエアと呼ばれています。 明治時代「黒壁銀行」の愛称で知られた第百三十国立銀行長浜支店の建物を利用する「黒壁ガラス館」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長浜鉄道スクエア(滋賀県長浜市)

長浜駅の南に隣接する「長浜鉄道スクエア」 煉瓦造りの建物が時代を感じさせてくれるのですが ここは、もともとは、長浜駅の駅舎だったようで1882年に完成したとのことなので、140年近くの歴史があるたいものですね。 現存する日本最古の鉄道駅舎のようです。 当時の改札口がそのまま遺されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長浜城を散策(滋賀県長浜市)

このお城を訪れるのは 西国三十三箇所巡りのバス旅行で2018年の12月に訪れましたが バス旅行の場合、高速道から直接、長浜港に行き、竹生島を往復して、すぐに港からバスで次の目的地に行ったので、長浜の街をゆっくりと訪れるのは、新婚当時に琵琶湖一周のドライブをして以来なので 長浜城を訪れるのも35年ぶりかな?? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長浜駅界隈を散策(滋賀県長浜市)

米原駅から北陸本線に乗り換えて 三つ目・・・・ 滋賀県だと、湖東を走る東海道本線と湖西を走る湖西線のイメージがあるのですが 米原から北は・・・確かに北陸本線ですね。 敦賀方面を臨む 米原方面を臨む 秀吉が開いた街ということで、あちらこちらに羽柴秀吉の姿を見ることができます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦根城玄宮園(滋賀県彦根市)

城内の北東に位置する 玄宮園は、1677年に四代藩主の井伊直興によって、琵琶湖などの近江八景を模して作られた大名庭園です。 金沢の兼六園や水戸の偕楽園、岡山の後楽園などと同じ目的で作られた庭園なんですね。 玄宮園の北に位置する鳳翔台は、藩主が客人をもてなすために利用していた客殿のようです。 今は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦根城を散策-後編(滋賀県彦根市)

本丸の奥には 彦根城の顔と言うべき天守閣がどっしり座っています。 天守閣は、さほど大きくないのですが・・・破風が変化に富んでいて 大きさ以上に圧倒されそうな感じがしますね。 これは、遠くからでも、天守閣が立派に見えるように意図的にデザインされたようですね。 毎日、姫路城を目にしているだけに・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦根城を散策-前編(滋賀県彦根市)

料金場のゲートを入ると 右手に伸びる表門山道を上って行くと石垣が見えてきて 石段を上りきって左に折れると目の前に有名な廊下橋が目の前に現れます。 この橋は、万が一、敵が攻め込んだ時に端を落として敵の侵入を防ぐために設置されているものです。 廊下橋がつながっている櫓は、橋を中心に左右対称の天秤の形を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦根城博物館(滋賀県彦根市)

彦根城の入り口 表御殿跡に1984年に市制50周年を記念して建築された彦根城博物館 彦根城に訪れたついでに立ち寄ってみました。 「井伊の赤備え」と恐れられたいいけの甲冑がお出迎え 訪れた時は「霊の面 怨霊・亡霊・神霊-井伊家伝来能面から」と言う企画展が開催されていて 多くの能面が展示され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦根駅前を散策(滋賀県彦根市)

彦根の駅に降り立つのも もう40年近くぶりかも??? そう言えば、昭和56年に改装されて今の駅舎になったとのこと 以前訪れた時は、前の駅舎だったと思うので、やっばり39年以上は経つんですね。 米原方面を臨む 近江八幡方面を臨む JRのホーム向かい側には近江鉄道のホームが隣接していま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線高速試験車両保存場(滋賀県米原市)

京都方面から新幹線や東海道本線に乗っていると 米原駅に入線する直前に右手に見える新幹線車両の展示 昔から、存在は知っていて・・・通過する度に眺めていたのですが、訪れる機会がなかったのですが 大垣からの帰りに、途中下車して立ち寄ってみました。 正式名称は、「鉄道総合技術研究所」で、世界トップクラスの大型低騒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米原駅界隈を散策(滋賀県米原市)

滋賀県の東の玄関って言えるかな?? まぁ、なんと言っても、滋賀県唯一の新幹線の駅なので・・。 この駅で下車するのは、もう40年近くぶりですね。 当時、近くにあった会社さんに何度か足を運んだことがありました。 大垣方面を臨む 京都方面を臨む 駅前は、綺麗になっているとは思いますが、相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗東駅界隈を散策

1991年に開業なので 28年も経つんですね。 久しぶりに栗東駅に降り立つ機会がありました。 栗東と言えば、日本競馬界の栗東トレーニングセンターで有名な街ですね。 草津方面を臨む 守山方面を臨む 以前、草津や野洲に住んでいた頃は、このあたりは、畑や田んぼばかりだったのに 駅の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェ「アラジン」(滋賀県野洲市)

野洲駅から東に400mほどにある 喫茶店の「アラジン」にモーニングに立ち寄ってみました。 ここを訪れるのは、もう35年ぶりかな? 当時、休日になると、知人たちとここ(もう一軒、駅よりにあった「崙都」にも)に集まって、よく訪れてモーニングを食べて、その後、あちらこちらに遊びに行ったものです。 それぞれが結婚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野洲駅界隈を散策

35年前に 結婚当時に住んでいたことがあって 2年ほどで、引越してしまい、ほとんど訪れことができなかった野洲の街 ちょっと用事があって、超ひさしぶり訪れました。 駅自体は、当時も高架になっていたので、さほど変わっていないかな?? 守山方面を臨む 近江八幡方面を臨む 駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音寺城址を散策(滋賀県近江八幡市)

観音正寺がある 繖山全体が観音寺城と言う山城となっています。 南北朝時代に六角氏が砦を築いたのが、この城の始まりです。 山頂の駐車場から観音正寺に向かう途中に細い山道に「佐々木氏城跡」と記された道しるべがあります。 でも、見過ごしてしまいそうなくらいですね。 このまま、道しるべに従って登っていきたい衝動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第32番札所 繖山・観音正寺

西国三十三か所の中でも 難所の一つ・・・ 繖(きぬがさ)山・観音正寺 正攻法でいけば、1200段の石段を上って約40分かかるとのことですが ちょっと、甘えて、お寺の手前までタクシーを利用して上りました。 約1400年前に聖徳太子が建立されたお寺です。 戦乱の世、山上に佐々木氏が城を築かれたこともあって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖周航の歌

竹生島、近江八幡を巡っている際に 滋賀のご当地ソングである「琵琶湖就航の歌」に関する石版をたくさん見かけることができました。 昭和8年に初レコーディングされたようですが、昭和46年に加藤登紀子さんが歌ったのがとても印象に残っています。 6番まで歌詞があって、琵琶湖を中心とした滋賀県の風景が歌われています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日吉神社(滋賀県近江八幡市)

長命寺の石段の 登り口に鎮座する日吉神社 湖西にある日吉神社が延暦寺を護っているのと同様、こちらの日吉神社は、長命寺を護っているのでしょうね。 手水舎で手を浄めお参り。 本当なら、長命寺にお参りする前にこちらを先にお参りするのでしょうが・・ 車で途中まで登ったこともあって、順番が逆になってしまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太郎坊大権現(滋賀県近江八幡市)

長命寺の境内の奥に 鳥居があったので潜って入ってみることに 石段を先に進むと 小さな拝殿の横に出て 右側には巨大な岩が迫っています。 拝殿の奥に急な石段があったその上に小さな本殿があります。 ここには、長命寺の修行僧で、空を飛んだりする霊力を身につけ、のちに京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第31番札所 姨綺耶山・長命寺

琵琶湖畔の 長命寺山の山腹に位置する天台宗の寺院 聖徳太子の開基として伝わっています。 ここを訪れるのも38年ぶりかな?? 麓から808段の石段が続いていて 昔は、この石段を登って参拝するしかなかったのですが、今は、車で600段近くの高さをショートカットで行くことができます。 車から降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹生島を後に

38年前に訪れた際は 湖西の今津港から渡ったのですが、今回は、湖東の長浜港から渡りました。 船着き場には、長浜港とを結ぶ遊覧船が到着 乗り込んで30分の琵琶湖の船旅を楽しむことに 船着場からは、正面に都久夫須麻神社を横から望むことができます。 左の拝殿からかわらけ投げで目指す鳥居の配置が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都久夫須麻神社(滋賀県長浜市)

観音堂の奥に 舟廊下を抜けると都久夫須麻神社に通じています。 弁財天の化身と言われている市杵島比売命、龍神の化身と言われている宇賀福神 そして、浅井比売命の三神が祀られています。 石段を降りた向にある拝殿からは 「かわらけ投げ」が有名ですね。 テレビなどでもなんども取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第30番札所 嶽金山・宝巌寺

琵琶湖に浮かぶ竹生島 ここにある第30番の札所である、宝巌寺を訪れるのは、38年ぶり??? 当時、西国三十三箇所観音霊場参りをしていた両親を連れて訪れたことがありました。 まさか、自分が同じようにお参りに訪れるとは、当時は夢にも思わなかったですね。 聖武天皇の勅願により行基上人が弁財天像を作り安置したのが創始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三か所 第12番札所 岩間山・正法寺

今回の近江の旅の最後は ここ正法寺にお参りしました。 ここも別名の「岩間寺」の方が有名ですね。 「元正天皇勅願寺」とのこと 元正天皇と言えば、平城京を開いた元明天皇の娘で聖武天皇に譲位する約10年間、天皇の地位にいた女帝ですね。 その女帝の病気平癒を祈願して建立されたのが始まりのようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新西国三十三か所 第20番札所 立木山・立木山寺

石山寺から瀬田川沿いに 南に5kmほど行ったところにある「立木山寺」・・・ 別名「立木観音」の呼び方の方が有名です。 また、弘法大師が開祖と言うこともあって、「元高野山」と言う別名もあるようです。 ここを訪れるのも30年以上ぶりです。 三十三か所めぐりをしていた両親が今の自分と同じくらいの歳だったかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日吉大社東照宮(滋賀県大津市)

ケーブルカーの駅から 日吉大社に戻る途中、道沿いで見つけたのが 「ここまで来たら行ってみよう」の看板・・・・ 「東照宮」を示す指先を向かって歩くことに 100mほど坂道を上がると・・・目の前に石段が・・・ ちょうど石段の真ん中にショートカットするように出て・・下を見ると、本来の参道と思われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本ケーブルカー(滋賀県大津市)

日吉大社の直ぐ南 比叡山への公共交通機関での入口である坂本ケーブルカー このケーブルカーは、山麓の門前町である坂本と山頂の比叡山延暦寺を結ぶために昭和2年に敷設されたもので 全長2025mは日本最長とのこと。 今回は、時間の関係もあって・・・まぁ、4年前に比叡山・延暦寺には車で訪れたこともあるのでパスするつも…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

山王総本宮・日吉大社(滋賀県大津市)

近江神宮から北に7kmほど? 京阪電鉄坂本線沿いを走る県道を北上すると・・ 近江神宮と同規模?? いやそれより大きいかも知れない大きな日吉大社があります。 ここは、全国に約3800社ある日吉大社の総本宮になります。 車を駐車場に停めて・・・・・ まずは、西本宮にお参りすることに。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more