テーマ:博物館・美術館

世界三大記念艦「三笠」(その3)(神奈川県横須賀市)

船内と言うより まずは、操舵室を覗いてみます。 羅針盤や操舵輪などがきれいに磨かれて展示されています。 船尾にある司令官室や会議室は、軍艦とは思えない厳かで豪華な作りをしています。 艦内には、「三笠神社」があって ここには、伊勢神宮の天照大神を艦内の神社として祀っているとのこと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界三大記念艦「三笠」(その2)(神奈川県横須賀市)

乗船して まずは、甲板を抜け艦橋を目指します。 艦橋から二門の主砲の先に船首を臨んだ角度は、やはり1番の場所ですね。 ここで東郷司令長官が、日本海海戦の指揮をとった場所ですね。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%AC%A0_(%E6%88%A6%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界三大記念艦「三笠」(その1)(神奈川県横須賀市)

腹ごしらえを終え 向かうのは、三笠公園。 ここには・・・ 日露戦争の日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を壊滅させた大日本海軍の旗艦であった戦艦「三笠」が保存展示されている場所です。 東郷連合艦隊司令長官の銅像がお出迎え。 有名な「皇国興廃在此一戦」の言葉も刻まれています。 船首を北に向けて係留?? 固…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸らんぷミュージアム(神戸市中央区)

旧居留地を散策していると 京町の角のビルの入口に「神戸らんぷミュージアム」の看板が目に止まって、興味が湧いたので立ち寄ってみました。 もともと、北野にあった「北野らんぷ博物館・赤木コレクション」に収蔵されていたものをこちらの施設に移して「神戸らんぷミュージアム」として公開しているようですね。 関西電力さんが運営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長浜鉄道スクエア(滋賀県長浜市)

長浜駅の南に隣接する「長浜鉄道スクエア」 煉瓦造りの建物が時代を感じさせてくれるのですが ここは、もともとは、長浜駅の駅舎だったようで1882年に完成したとのことなので、140年近くの歴史があるたいものですね。 現存する日本最古の鉄道駅舎のようです。 当時の改札口がそのまま遺されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「御座候」あずきミュージアム(兵庫県姫路市)

あずきのトンネルの先には、 あずき色をした正十二角形のあずきミュージアムがあります。 入場料が大人1200円だったので ちょっとためらったのですが・・・ まぁ、せっかくの機会だからと思い、入場してみました。 あずき型の入口のアーチを潜るとあずき食品の数々が展示されています。 なんか・・・ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿屋航空基地資料館-後編(鹿児島県鹿屋市)

資料館は二階建てになっていて 二階の大部分が特攻隊関連の資料が展示されています。 知覧の特攻平和館に比べると、展示されている資料の量は比較にならないですが それでも、遺書などは・・・釘付けにされるものがたくさん展示されています。 二階は、そう言ったシビアーなものが数多くあるため写真撮影は禁止されているのですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿屋航空基地資料館-前編(鹿児島県鹿屋市)

内之浦宇宙観測所から車で1時間ほど 時間に余裕ができたので、内之浦宇宙観測所を訪れてみましたが、もともと、大隅半島では、ここを訪れる予定で行程を組んでいました。 薩摩半島の知覧とともに特攻隊の基地として有名だった鹿屋・・・ 今は、海上自衛隊の航空基地になっています。 駐車場前の広場には、ちょっと旧式ですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市)

二日目は・・・ レンタカーを借りて、出来るだけ多くの観光施設を巡ろうと思ったのですが あいにくの台風直撃で、幹線道路が通行止めばかり でも、せっかく、鹿児島まで来たので、予定通り、レンタカーを借りて知覧を目指すことにします。 9時すぎに鹿児島市内を出発した時は、目の前が見えないくらいの豪雨 国道は通行止にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦根城博物館(滋賀県彦根市)

彦根城の入り口 表御殿跡に1984年に市制50周年を記念して建築された彦根城博物館 彦根城に訪れたついでに立ち寄ってみました。 「井伊の赤備え」と恐れられたいいけの甲冑がお出迎え 訪れた時は「霊の面 怨霊・亡霊・神霊-井伊家伝来能面から」と言う企画展が開催されていて 多くの能面が展示され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道むすびの地記念館(岐阜県大垣市)

「奥の細道」むすびの地の碑から 道を挟んだ西側に「奥の細道むすびの地記念館」があります。 松尾芭蕉の木像が入口で出迎えてくれます。 展示室内は、撮影禁止なので具体的な展示物は紹介できないですが、江戸を立って大垣にたどり着く5ヶ月、2400kmの旅の行程や各地で詠まれた俳句が紹介されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路ワールドパークONOKORO(兼高かおる旅の資料館)(兵庫県淡路市)

子供の頃、日曜日の午前中だったかな? TBS系で放送されていた「兼高かおる世界の旅」・・・ 子供ながらに世界各国を巡る兼高かおるさんの姿に憧れと尊敬の念を持っていました。 その兼高かおるさんが世界中から集めた民芸品などをを展示する施設がワールドパーク内にあります。 入口の前には、関連が深いパンアメリカン航空の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜市歴史博物館(岐阜県岐阜市)

岐阜城の帰りに 岐阜公園の入り口横にある岐阜市歴史博物館に立ち寄ってみました。 岐阜市の歴史や伝統工芸などを紹介しています。 特別展もちょっと興味が湧いたのですが・・・入場料がだいぶん高価だったので二階の常設展示だけにしました。 二階に上がる階段の横に織田信長の像がお出迎え 原始・古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜城資料館(岐阜県岐阜市)

岐阜城の天守閣から 坂道を降りたところに「岐阜城資料館」があります。 1975年に大河ドラマ「国盗り物語」の放送を記念して建てられたとのこと。 戦国時代には、この場所には、米や塩などを蓄えておく蔵が立っていたようですね。 狭い館内には、茶器など 信長が着ていたと伝えられる、復元された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山梨県立リニア見学センター「どきどきリニア館」(その4)(山梨県都留市)

二階、三階には 見学ラウンジが設けられていて 真下に走る山梨リニア実験線を臨むことができます。 この実験線は、先行区間として実際のリニア新幹線の利用される予定です。 18.4kmの長さがあるようで、その内90%近い16kmがトンネル区間のようで・・・ 実際のリニア新幹線もほとんどがトンネルになるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山梨県立リニア見学センター「どきどきリニア館」(その3)(山梨県都留市)

三階は「見る」をテーマに 時速500km/hの感覚を得られる8分の映像が上映されています。 また、大きなジオラマが中央にあって 手前には、山中湖から河口湖あたりの風景を再現しています。 観覧車は、富士急ハイランドですね。 また、奥には、リニア開通後の風景を再現しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山梨県立リニア見学センター「どきどきリニア館」(その2)(山梨県都留市)

二階は、「体験する」をテーマに 「超電導リニアの仕組み」を紹介しているコーナーが中央にあって コイルに電気を流すと磁石になる特性がわかる展示 逆にコイルのそばを磁石を動かすと電気が流れる原理を説明しています。 これって、フレミングの法則ですね。 リニアモーターの仕組みとして、回転モー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山梨県立リニア見学センター「どきどきリニア館」(その1)(山梨県都留市)

令和に変わって最初の日 どうしょうか??と思案した結果 はとバスツアーで「五合目とリニアの旅」に参加することに 早朝、池袋を出発して、渋滞する中央道を走ること2時間半 訪れたのは、山梨県の東部、都留市にある「山梨県立リニア見学センター」 三階建てのセンターの一階、エントランスを入ると目の前には …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の大阪万博思い出の品展 -永遠の万博っ子たちの記憶の数々-

当時は、「鉄鋼館」として 多くの見学者が訪れていた建物は、唯一、当時のまま保存され、EXPOパビリオンとして公開されています。 そのEXPOパビリオンで常設展示とは別に期間限定で「私の大阪万博思い出の品展」が開催されていたので、立ち寄ってみました。 常設展示は、4年前に訪れたことがあったので、今回は、特別展だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「太陽の塔」の見学-後編

ようやく、時間になって入場すると 岡本太郎さんの太陽の塔のデッサンが飾られている廊下を抜け その先には、幻想的な、あの「地底の太陽」のオブジェがある空間に出ます。 昭和45年の6月・・・唯一、万博を訪れたことがあったのですが あの時は、雨の中、大混雑のお祭り広場を抜け、「太陽の塔」に入って見学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「太陽の塔」の見学-前編

「太陽の塔」の 内部公開が再開されて約一年 訪れてみたいと思いつつ、ネットでの予約がいつもいつぱいで実現できておりませんでした。 そんな中、二週間先に空きを見つけて・・・・予約ができたので、とても楽しみにしておりました。 万博公園には、何度も足を運んだこともあったので、太陽の塔も間近で何度も目にしてきましたが、内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(プラネタリウム)(神戸市中央区)

神戸市内にある唯一のプラネタリウム 毎日、開館と同時に約1時間単位で複数のプログラムが投影れています。 「神戸青少年科学館」の名称から、子供達のプログラムもあります。 訪れた時は・・・と言うより、このプログラムを目当てに来たのですが 「さぁ、飛びたて・・・はやぶさ」と言うプログラムで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(第六展示室)(神戸市中央区)

第六展示室は 一階に戻って第一展示室の奥にあります。 「創造性の科学」と言うテーマで展示されています。 遊びの体験をとおして、難しさを抜きにして、子供たちも楽しみながら創造性を学ぶことができるコーナーです。 確かに、他の展示室に比べると ちょっと散漫な雰囲気と、なんか遊園地の遊戯コーナーのような雰囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(第五展示室)(神戸市中央区)

第五展示室は 新館三階にあります。 「生命の科学」と言うテーマで展示されています。 DNA、細胞から人体のふしぎ、生命の神秘などを立体的な展示物で学ぶことができるコーナーです。 「原生動物から多細胞動物への進化」生命がたどっている長い歴史をパネルで説明してくれています。 小学校の理科室にあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(第四展示室)(神戸市中央区)

第四展示室は 新館の二階にあります。 「神戸の科学と技術」をテーマに展示されています。 神戸発信の科学と技術が世界の未来ょになっていることを学べるコーナーです。 「神戸タイムトラベル」として映像で歴史などを説明してくれています。 医療産業都市として力を注ぐ神戸市 特にポートアイランドの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(第三展示室)(神戸市中央区)

第三展示室は エスカレーターを降りた二階にあります。 なんか、エスカレーターを上ったり降りたりと・・ちょっとレイアウト的に疑問がありますね(笑) 「宇宙と地球」をテーマに展示されています。 臨場感あふれる宇宙空間の中で、地球や太陽系の惑星について学べるコーナーです。 暗い空間の中に太陽系の惑星の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(第二展示室)(神戸市中央区)

第二展示室は・・ エスカレーターを3階まで一気に上がったところにあります。 「情報の科学」と言うテーマで展示されています。 音や光、電波や波などから様々な情報の原理を学ぶことができます。 コンピューターの原理や歴史を説明されています。 指紋、虹彩認証などセキュリテイの仕組みが説明され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(第一展示室)(神戸市中央区)

まずは・・・ エントラスンに隣接する「第一展示室」から見学することに。 「力としくみの科学・物質とエネルギーの科学」と言うテーマで展示されています。 ここでは、カラダを使った体験から、ものに働く力の仕組みや様々なエネルギーについて学ぶコーナーのようです。 とびだせ!空気ロケット・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドー神戸青少年科学館(神戸市中央区)

UCCコーヒー博物館の東隣・・ まぁ、厳密には、その間に上島珈琲さんの本社社屋がありますが・・・。 バンドー化学さんがネーミングライツパートナーになって運営されている「バンドー神戸青少年科学館」があります。 正式に1984年に開館となっていますが、前身の施設は、ポートピア81が開催された際、「神戸プラネタリウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UCCコーヒー博物館(神戸市中央区)

ポートアイランドの 南公園駅を下車したら、すぐ目の前にある「UCCコーヒー博物館」・・・。 何度か目の前を通ったことがあったのですが、訪れるのは、ポートピア81開催期間中以来なので もう38年ぶりですね。 ポートピア81の際は、コーヒーカップ型のパビリオンとして、目立った存在でした。 パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more