テーマ:東京都

江戸城址を散策(その3)(東京都千代田区)

天守閣跡を後に 反時計回りで本丸を散策することに 忠臣蔵で有名な松の廊下跡 浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷に及んだ場所ですね。 松の廊下は、江戸城で2番目の長さを誇り畳敷きの立派なものだってようです。 大奥の近くにあったことから、非常時に大奥の調度品などを避難させたと考えられている石室 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸城址を散策(その2)(東京都千代田区)

中之門跡を進むと 目の前に四万坪と言われている広大な本丸跡が広がります。 中央には芝生が張り巡らされ整備された広場が広がっていて 砲塔の跡などもあったようです。 家康から三代家光の時代にかけて築城され、当時は、表・中奥・大奥など壮大な建物が所狭しと立ち並んでいたようです。 本丸の北西には、天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸城址を散策(その1)(東京都千代田区)

皇居見学ツアーが午前中に終わったので 東御苑の方も回ってみることにしました。 こちらは、おととしに訪れた際、金曜日だったこともあって休園のため、見学を見送った場所です。 旧江戸城の正門となる大手門から入城 江戸城完成時には、この形ではなく、江戸城修復の際に伊達政宗らによって今の桝形の城門になったよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての皇居見学(その4)(東京都千代田区)

宮殿東庭を後に 二重橋の方に足を進めると 鉄製の橋に出ます。 いつも見慣れた皇居前広場から見える手前のめがね橋を「二重橋」と思っていたら 江戸時代には橋桁を上下二重に組んで橋の上に橋を作っていたために「二重橋」と呼ばれていたらしいですが、今では、鉄製になって構造が変わったため「二重橋」とは呼ばない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての皇居見学(その3)(東京都千代田区)

坂を上がりきると 緑青の屋根の全長160mもある長和殿の巨大な建物が目の前に広がります。 右側にある塔は、「松の塔」と言われと葉の間から光が灯すように作られた照明塔です。 年始など一般参賀で天皇陛下を始め皇室の方々が姿を現されるバルコニーです。 意外と低いでしょう??と案内の係りの方が言っていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての皇居見学(その2)(東京都千代田区)

富士見櫓は、 江戸城の天守閣が1657年に起きた明暦大火で焼失した後は天守閣に代用されたと伝えられている櫓です。 確かに櫓と名が付いていますが、その大きさは、姫路城、名古屋城、大阪城などの天守閣に比べると小さいものですが、犬山城、彦根城の天守閣と変わらない規模に思えます。 また、江戸城にはたくさんの櫓が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての皇居見学(その1)(東京都千代田区)

東京出張が続いている中 せっかく、東京に足を運んでいたこともあって、皇居を見学してみようと思い立って スケジュールを調整して、出張の合間に・・・皇居の見学会に参加して来ました。 東京駅の丸の内口からぶらぶらと歩いて 和田倉門をくぐって 桔梗濠を右手に見ながら進み ここで入場の手続きをし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品鶴線0km地点

品川駅の構内で ちょっと目を引くオブジェを発見 近づいてみると「品鶴線0km」と「山手線0km」 ネットで調べたら品鶴線は、90年前に東海道線の支線として、品川と横浜の鶴見との間を結ぶ貨物路線として作られたとのこと。 でも・・品鶴線??って、聞いたことないしなぁ と思ったら その支線は、現在、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねむの木の庭(東京都品川区)

平成最後の日 どう過ごそうかな?? と思案した結果・・・平成らしい場所を訪れようと思い、家内と二人で「ねむの木の庭」を訪ねてみました。 五反田駅から徒歩で15分ほど?? 賑やかな五反田駅から坂道を歩いて行くと、うって変わって閑静な住宅街が広がって その一画に「ねむの木の庭」があります。 ここは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極観測船「宗谷」(後編)(東京都品川区)

操舵室に足を踏み入れると 操舵やいろんな計器類が並んでいて・・・・ 臨場感がありますね。 そして、船内に足を踏み入れると まぁ、客船ではないので致し方ないですが、通路も狭く、配管や配線が頭の上を走っています。 通信室には、方位測定器など航行に必要な機材が所狭しと並んでいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極観測船「宗谷」(前編)(東京都品川区)

「科学未来館」を後に もう一つの目的地である「船の記念館」に向かおうと思ったら 残念ながら休館中とのことで 迷った挙句、屋外展示の初代の南極観測船「宗谷」だけ見に行くことに 「科学未来館」を西に歩いて10分ほど 岸壁にオレンジの船体が見えます。 オレンジの船体の船首には、白い文字でしっかりと「宗谷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本科学未来館(その3)(東京都江東区)

5階に上がると「世界をさぐる」 と言うテーマの数々の常設展示を見ることができます。 広いフロアーに九つの展示アリアに分かれていて宇宙関連や大型研究施設に関するものが数多く展示されています。 国際宇宙ステーションの日本の研究施設「きぼう」の実物大模型。 H2ロケットのメインエンジンは、模型で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本科学未来館(その2)(東京都江東区)

3階に上がると「未来をつくる」 と言うテーマの数々の常設展示を見ることができます。 広いフロアーに10個の展示アリアに分かれていて このフロアーは、外からは想像できないくらい親子連れで混んでいました。 生命が宿っているように複雑な動きや表情の変化を実現たアンドロイド「オルタ」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本科学未来館(その1)(東京都江東区)

宇宙飛行士の毛利衛さんが館長をされている 「日本科学未来館」を訪れることに。 ゆりかもめの「テレコムセンター」駅から徒歩で5分 建物近くまで来ても、ほとんど人を見なくて もしかして休館??? と心配したのですが、チケット売りまで行くと数人並んでいたので ひと安心。 チケットを買って入館すると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お台場海浜公園を散策(東京都港区)

お台場を訪れるのは、もう10年ぶりくらい??? 仕事で東京に来ても、お台場に訪れる機会は皆無でしたね。 「船の科学館」、「日本科学未来館」などに興味があって ちょっと足を伸ばしてみました。 久しぶりのお台場だったので、「お台場海浜公園」駅でよりかかもめを降りて・・・海浜公園を少し散策してみました。 「自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田町駅界隈を散策

もう30年ほど前かな?? 二度ほど仕事で利用したことがありますが、普段は、通過するだけの田町駅 西郷南州と勝海舟の面会場所の碑を見た帰りに利用しました。 オフィス街にある駅のためか 週末だったこともあって、乗降客は少ないように感じました。 浜松町方面を臨む 品川方面を臨む 来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西郷南洲・勝海舟会見の地 (東京都港区)

田町駅のすぐ北 第一京浜沿いにひっそりと建てられている記念碑 ここが、戊辰戦争の際に江戸総攻撃を目指していた東征軍参謀の西郷隆盛と幕府の陸軍総裁であった勝海舟が、江戸城の無血開城について交渉した場であることを示しています。 史実では、池上本門寺で会見をしたと言うことも言われているようですが 薩摩藩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高輪大木戸跡(東京都港区)

第一京浜の東側に沿って田町に向かっていると 泉岳寺交差点を過ぎた辺り・・・ 正面にちょっと障害物があって、歩道が少し迂回している場所が 近くまで行って・・・何かな?? と思ったら、ちゃんとした石垣になっていて、史跡であることが一目瞭然。 ここは、東海道の玄関口であった、高輪の大木戸の跡です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工事中の高輪ゲートウェイ駅

品川駅前で昼食を済ませ 家内は、東京に住んでいる息子の案内で別行動で、私は、一人で東京をブラブラすることに どこに行こうか迷ったのですが・・・ 泉岳寺は以前訪れたことがあったので、避けて・・・と言いつつ、歴史にゆかりのあるところがいいかな?? と思って、田町にある西郷隆盛と勝海舟の階段の場所を訪れようかな?? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポール・シーフード・リパブリック(東京都港区)

いつもは出張で訪れる東京 今回は、久しぶりに仕事を離れてプライベートで家内と東京に来たのですが 普段、仕事で訪れる品川ですが、仕事から離れて訪れるもいいですね。 まずは、腹ごしらえと言うことで、品川駅前の「シンガポール・シーフード・リパブリック」に入ってみました。 以前から店の存在は知っていたのですが、訪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアン・バー「バル道」(東京都品川区)

大井町駅の東側 居酒屋や炉端などが立ち並ぶ場所にあるイタリアン・バーの「バル道」に家族でディナーで訪れてみました。 一回は、パブのような雰囲気で、ちょっと落ち着いた雰囲気の二階に通されました。 あらかじめ『スペシャルコース』を予約していたので・・・お任せ 飲み物は、赤ワイン・・・息子はビールで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヱビスビール記念館(後編)(東京都目黒区)

ギャラリーツアーの後は お待ちかねのテイスティング。 一人ビール二杯まで頂くことができます。 もちろん、未成年やアルコールが飲めない人のためにジュースなどのソフトドリンクも選択することができます。 木目調のテーブルに、ツアー客だけのスペースとしてコミュニケーションステージが確保されていて、そちらでテイスティンクが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヱビスビール記念館(前編)(東京都目黒区)

恵比寿ガーデンの一画にある ヱビスビール記念館の見学に行ってきました。 入口には、巨大なプレミアムビールの缶 反対側にはプレミアムエールの缶がお出迎え。 入口横には、「東洋のビール王」と呼ばれた馬越恭平翁の銅像が鎮座しています。 入口を入ると階段の先に以前、この地で使用されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵比寿ガーデンプレイス(東京都目黒区)

山手線の恵比寿駅に隣接する 恵比寿ガーデンシティに足を運んでみました。 隣接すると言っても400mほど離れているので、動く歩道??? スカイウォークで繋がっています。 元々は、ヱビスビールの工場があった跡地が、サッポロビールさんが主体となって。商業施設や集合住宅などが集まった総合施設となっています。 正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANA機体工場見学(その3)(東京都大田区)

ブリーフィングルームがあるビルから 格納庫へは、道路を跨いだブリッジを通って進みます。 こちらでは、見学開始とともにヘルメットの着用が義務付けられています。 ヘルメットを被って格納庫に入ると 三機が整備中でした。 右手には、小型機のA321 Neoとボーイング737が向かい合って駐機して整備されています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANA機体工場見学(その2)(東京都大田区)

ブリーフングルームでは、約30分間 映像や画像を使って、航空機に関する事前学習の時間です。 ブリーフィングルームの中には、模型などが展示されていて 休憩時間に、駆け足で見て回りました。 フライトレコーダー 創立60周年を記念した機体デザインを施されたボーイング777 スター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANA機体工場見学(その1)(東京都大田区)

日本航空さんの工場見学の後 整備場近くのレストランで昼食を摂って時間調整 そして、午後の「ANA機体工場見学」に参加することに 日本航空さんの工場見学を申し込んだ際、折角なので、羽田まで足を運ぶのあれば、二つ見学できればラッキーかな??と思って、全日空さんのサイトを訪れたら 同じ日の午後の見学が可能だったので、一気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAL工場見学~SKY MUSEUM~(その3)(東京都大田区)

いよいよ、格納庫に進みます。 見学コースでは、二つの格納庫を回ることになっていて まずは、第一格納庫(MC1)に足を踏み入れると 広大な格納庫の中に巨大な航空機が二機入っていて いずれも、大型の重機が周りを覆っています。 こちらの格納庫では、大型重機で航空機の周りを覆って、そこを足場に整備士さんたちが実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAL工場見学~SKY MUSEUM~(その2)(東京都大田区)

「航空教室」での講義が終わって 格納庫の見学までの休憩時間を利用して、展示エリアを見て回ることに まず目に引いたのは、客室乗務員の歴代の制服が展示されていて カラフルなものから、シックなもの ミニスカートなど、時代を反映していますね。 実際に座ることができるコックピット ボーイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAL工場見学~SKY MUSEUM~(その1)(東京都大田区)

予約が取れない人気の工場見学 「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」に家内と二人で訪れてみました。 予約サイトを見ても半年前までほとんど満員状態で・・・ 今回は、半年前に予約をしていました。 半年後の仕事が忙しいか暇か??全く読めない中で半年先の予約って、ちょっとどうかな??と思っていました。 仕事の方は、一時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more