テーマ:癒し

緑のカーテン(成長期-その2)

あれから約10日 六株植えた苗は 個体差はあるのの、六株とも成長してくれていて 成長が早いものは、既にネットに蔓を伸ばすところまで ここ数年、肥料のやるタイミングが悪かったのか? それと量を間違ったのか? 肥料をあげたとたん、枯れてしまったり・・・それも、全滅ではなく、一株…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨が似合う季節になってきましたね。 

四国地方から 関東甲信越地方にかけて梅雨入り宣言が出され 近畿地方本格的な雨の季節になってきました。 そんな中、玄関前のあじさいは ピンクの花チラホラ咲きだして よく見るとたくさんの花弁がついています。 アジサイは、土壌の状態によって、アルカリ性なら赤、酸性なら紫の花を咲かせると言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑のカーテン(成長期-その1)

今年もいよいよ このシーズンになりました。 東日本大震災が発生した2011年・・ 省エネ対策で緑のカーテンがブームになったこともあって、ゴーヤ栽培にチャレンジして以来、今年で7年目 ビギナーズラックと言える2011年は、豊作だったのですが、それ以降、毎年、収穫量が激減 一時期の情熱が無くなりつつあって、今年はど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も、そろそろこの季節が・・・

5月も中旬になり 急に暑くなって・・ ほんと、連日、30度・・・ 子供の頃に比べて何か春がとても短くなった感じがします。 そうこうしていたら、梅雨の季節を迎えるのでしょうが 例年、冬になると家内が古い枝を伐採して、丸裸にしているアジサイが、 蒼々と葉っぱを広げて梅雨の準備が完了と言う感じですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢前川河畔を散策

日曜日の播磨地方は 朝から天気が良かったので、気分転換に姫路市の西部を南北に流れる夢前川沿いをドライブに行ってきました。 播磨地方の北、雪彦山系を水源として播磨灘に注ぐ二級河川の夢前川・・・ 西国三十三か所、第27番札所「書寫山・圓教寺」の麓辺りは、とても穏やかな雰囲気が漂っています。 正面の山が西の比叡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有馬・太閤の湯(神戸市北区)

神戸の奥座敷・・・ 太閤秀吉が愛した有馬温泉にある「太閤の湯」にドライブがてらに家内と日帰りの湯治に行ってきました。 一昨年の夏に訪れた「兵衛向陽閣」のすぐ北に位置していて とても便利な場所にあります。 館内には、露天風呂を始め、「金泉」、「銀泉」、「炭酸泉」など有馬温泉を代表する温泉を始め、露天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上坂部西公園(兵庫県尼崎市)

JR塚口駅から歩いて5分ほど? 都市緑化植物園として位置づけられている「上坂部西公園」があります。 公園内には芝生広場を中心に木々が立ち並んでいます。 石畳が続く場所の両サイドにも木々が立ち並び、いい時期だと花壇にはたくさん花が咲き乱れるのでしょうね。 公園の案内図を見ると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の小豆島の旅(その12・リゾートホテル「オリビアン小豆島」(香川県土庄町))

この旅での宿泊は 島の北西部に位置するリゾートホテル「オリビアン小豆島」 ここを訪れるのは、長男がヨチヨチ歩きだった頃なので、もう20年以上振りです。 小高い丘の上にあるため、北側に瀬戸内海を見渡すことができます。 20年前は夏休みを利用して訪れたこともあって、プールは子供たちで賑わってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その38・花の湯(北海道函館市))

城岱牧場からの帰り 国道5号線沿いにある温泉施設「花の湯」に立ち寄ってみました。 前日に訪れた谷地頭温泉とは、ちょっと違った趣で、ネットで見ると、函館近郊では人気の日帰り温泉のようですね。 入口の横には、源泉が湧き出しています。 入口を入ると、館内はとても清潔感漂っていて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その30・谷地頭温泉(北海道函館市))

今回の旅行では 何度も訪れている函館の中でも訪れたことのない場所を目指そうと思っていて ここも、函館を訪れたら行きたいと思っていたところだったので、夕方に行ってみました。 谷地頭(やちがしら)温泉は、函館山の麓、立待岬などの観光名所にほど近いところにあります。 路面電車の谷地頭線の終着駅の近くにあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国生み神話の島」旅行記(2016)(その6-大阪湾に上る朝日)

二日目の朝・・・ 日の出は、5時15分頃 昨夜、結構呑んだのですが、特に二日酔いもなく日の出直前に目を覚まして 部屋から見える大阪湾の水平線上が茜色に染まって来て ほんの少しずつ太陽が顔を出して ようやく水平線上に太陽の全貌を現しました。 こうやって、水平線上で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国生み神話の島」旅行記(2016)(その5)(ホテルニューアワジ) (兵庫県洲本市)

今回の旅行の宿泊は 洲本温泉にある「ホテルニューアワジ」 関西では、よく目にするおなじみのテレビCM 特にこのフレーズは、耳について離れないですね。 娘家族と一緒だったので、小さな子供がいるので、暑い中、観光って言うのも疲れるだけなので、今回の旅は、ホテルでのんびりと過ごすことにしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑のカーテン(成長記-その2)

6月に植えた 四株のゴーヤの苗ですが・・・ 二か月の間に一株が枯れてしまって・・・残った三株も成長が今一で・・ ここ六年、緑のカーテンにチャレンジしていて 年を追うごとに不作になっていて 今年もダメかな??と諦めかけていたのですが、7月後半から盛り返してくれて 緑のカーテンとしては、葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑のカーテン(成長記-その1)

西日本は梅雨入りし 鬱陶しい季節となりましたが、今年も遅ればせながら「緑のカーテン」にチャレンジすることに 東日本大震災直後の電力不足が懸念され、少しでも涼しい夏を・・・ってことで、「緑のカーテン」が全国的に流行った2011年に初めて挑戦して以来、七回目の挑戦になります。 ビギナーズラック・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宍道湖畔を散策(島根県松江市)

宍道湖畔は・・・・ 夕日が有名で 松江しんじ湖温泉から、駅前まで戻る際、折角なので、宍道湖畔を歩いて戻ることに 西に目を移すと、淡い夕日の景色が広がります。 東に目を移すと、松江のランドマーク、山陰合同銀行さんの本店ビルがその存在感を示しています。 湖面には、水鳥がのんびりと浮かんでいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりにジグソー・パズル

仕事が趣味って・・・ 言うほど、無趣味? まぁ、最近はライブに行くのが趣味って言えるかな??と言う状況ですが でも、それ以外にって聞かれると・・・・ そんな中、ストレス発散に・・ってことで、時々、ジグソー・パズルに挑戦することがあって 久しぶりにトライすることに 勿論、ここ数年は、世界最小って言われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波賀不動滝公園「楓香荘」(兵庫県宍粟市)

原不動滝は・・・ 冬季期間閉鎖だったこともあって・・・ 折角、ここまで足を運んだので、駐車場横にある、「楓香荘」に立ち寄ってみました。 宿泊施設とレストランも備えた施設 日帰りの温泉(楓湯)が600円で入ることができ、リフレッシュすることに。 7年前は、滝を巡った後、立ち寄ったことがあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の滝百選「原不動滝」(兵庫県宍粟市)

暖かい週末 天気は曇り空だったのですが、息抜きのため、ちょっとドライブで出かけたのが、兵庫県と鳥取県の県境に近い宍粟市波賀町・・・ 余談ですが、千葉県匝瑳市(そうさ)と並んで、読めない地名ランキングで全国一位を争う宍粟市(しそう)・・・ この町に日本の滝百選に選ばれている「原不動滝」があって 暖かかったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住吉公園(大阪市住之江区)

住吉大社の西 南海電鉄の高架をくぐると目の前にある大きな公園 「住吉公園」と言う名が付いていますが、住所は住之江区とのこと。 公園入り口には松尾芭蕉の句碑が建っています。 1694年9月13日にこの地を訪れて宝の市で名物の升を買ったことが碑に記されています。 この碑は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉原川河畔を散策(兵庫県西脇市)

兵庫県中央部から 瀬戸内海に流れ込む一級河川の加古川の源流のひとつである杉原川 西脇市で東北から流れてくる加古川に合流します。 旧市原駅の道路を渡ると眼の前は杉原川の河原 南の西脇市街地方面を臨む 北に目を向けると杉原川をまたぐ日野橋を臨むことができます。 日野橋を渡った先には…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2015)(その47・キロロリゾート・ホテル・ピアノ(北海道赤井川村))

三日目の宿泊先は 余市から車で40分ほど山間に入ったところにあるキロロリゾートにあるホテル・ピアノ 札幌から車で約1時間と言った便利な立地にあるスキー場、ゴルフ場、アウトドアアクティビティを楽しむことができるリゾート地です。 バブル期に開発されたのですが、トマム、サホロリゾートなどとともに採算が悪化して清算の憂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2015)(その34・名湯の宿パークホテル「雅亭」(北海道登別市))

二日目の宿泊は 登別温泉街から少し西に入ったところ 川沿いに静かに建つ名湯の宿パークホテル「雅亭」 ロビーでは、赤鬼のお父さんと青鬼の子供がにこやかにお出迎え エレベータホールでは青鬼が金棒片手にウィンク 上層階だったので・・・ 窓からは登別の温泉街や周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2015)(その15・平成館「しおさい亭」(北海道函館市))

初日の宿泊先は 函館郊外の湯の川温泉にある平成館「しおさい亭」 湯の川温泉・・・津軽海峡の海岸を沿って走る漁火通(国道278号線)に面した場所にあります。 昨年5月は「花びし」、今年の5月は「啄木亭」・・・と、連続で湯の川温泉に宿泊。 まぁ、シルバーウィークの関係もあって、一か月前でも、どこもいっぱいだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

far on the water

「歴史秘話ヒストリア」の エンディングテーマが変わってから早5カ月 9月16日にようやくCDで発売されることになった、新曲「far on the water」・・ オフィシャルサイトやYou Tubeでもようやく公開され・・・聴き入って・・・いや、見入ってしまいます。 【far on the water】 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

癒しの有馬温泉(その13・ 兵衛向陽閣(神戸市北区))

有馬での宿泊は・・・ 関西では、テレビCMで・・・「ありま、ひょ~えの こぉ~よぉ~かくへ」 と言うメロディーが耳に焼き付いている「兵衛向陽閣」。 有馬の街中から有馬川を渡った北側にあって 700年の歴史がある老舗旅館。 太閤秀吉が「兵衛」と言う名付け親とのこと・・・ 落ちついた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しの有馬温泉(その12・鼓ケ滝公園(神戸市北区))

有馬の温泉街から少し離れたところに 優雅な滝の姿を見ることができる絶景ポイントがあります。 街中を1時間半ほど散策した後、「金の湯」に戻って来て・・・ このままホテルに戻ろうかな??と思ったのですが 一服しながらマップを見たら、「鼓ケ滝ルート」と言うのを見つけて ロープウェイの「有馬温泉駅」の裏に滝があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しの有馬温泉(その3・有馬本温泉「金の湯」(神戸市北区))

温泉の街「有馬」 旅館やホテルなど林立する中、日帰りの温泉がいくつかあって そのひとつが、この公営の「金の湯」 有馬温泉は、詳しく説明されているサイトによると・・・・ 『有馬温泉は、環境省の指針により療養泉として指定している9つの主成分(単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「函館・下北」旅行記(2015)(その39・湯元「啄木亭」(北海道函館市))

五稜郭をのんびり散策した後 ちょっと早かったのですが、この日の宿泊先の湯元「啄木亭」にチェックインすることに。 函館市街地の東に位置する湯の川温泉の中でも大きな建物が目立ちますね。 昨年は、「花びし」にお世話になって、とてもすばらしいサービスだったので、今年も利用させて貰おうかとも思ったのですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「函館・下北」旅行記(2015)(その30・プリンスホテル函館大沼(北海道七飯町))

この日のお宿は 白樺と黒松が生い茂る中に佇む「函館大沼プリンスホテル」 マイナスイオンがいっぱい・・・ とても癒されます。 夕食は地元の食材を活かした洋食 アワビは歯ごたえはあるのですが、やわらかくて 地ビールの「大沼ビール」は、とてもコクがあっておいし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「函館・下北」旅行記(2015)(その22・プラザホテルむつ(青森県むつ市))

二日目の宿泊は 下北駅の斜め前にある、「プラザホテルむつ」 結婚式場もある下北半島唯一のシティホテルとのこと ホテル入口では、地元、「大湊ねぶた祭」で使用された「ねぶた」がお出迎え。 チャックイン後、下北駅や周辺を散策して・・ 日が暮れてから一階のレストランで夕食。  この日は、ステーキ御…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more