テーマ:社会

鹿屋航空基地資料館-後編(鹿児島県鹿屋市)

資料館は二階建てになっていて 二階の大部分が特攻隊関連の資料が展示されています。 知覧の特攻平和館に比べると、展示されている資料の量は比較にならないですが それでも、遺書などは・・・釘付けにされるものがたくさん展示されています。 二階は、そう言ったシビアーなものが数多くあるため写真撮影は禁止されているのですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿屋航空基地資料館-前編(鹿児島県鹿屋市)

内之浦宇宙観測所から車で1時間ほど 時間に余裕ができたので、内之浦宇宙観測所を訪れてみましたが、もともと、大隅半島では、ここを訪れる予定で行程を組んでいました。 薩摩半島の知覧とともに特攻隊の基地として有名だった鹿屋・・・ 今は、海上自衛隊の航空基地になっています。 駐車場前の広場には、ちょっと旧式ですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市)

二日目は・・・ レンタカーを借りて、出来るだけ多くの観光施設を巡ろうと思ったのですが あいにくの台風直撃で、幹線道路が通行止めばかり でも、せっかく、鹿児島まで来たので、予定通り、レンタカーを借りて知覧を目指すことにします。 9時すぎに鹿児島市内を出発した時は、目の前が見えないくらいの豪雨 国道は通行止にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大倉山公園(神戸市兵庫区)

JR神戸駅から 湊川神社沿いを北上し、下山手通を超えたところにある神戸市内でも有数の規模を誇る大倉山公園に足を運んでみました。 入口では、「孫文先生之像」が出迎えてくれます。 「孫文先生之像」は、昭和40年11月の孫文生誕100年を記念して神戸華僑総連が中心となって準備し、神戸市に寄贈されたものです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水平社博物館(奈良県御所市)

「水平社」の名を知ったのは 中学時代「部落差別」をテーマにした道徳の授業の時間でした。 まだ、子供だったこともあって、授業の中で教わった部落差別の内容は衝撃的でした。 今はどうなのか現実を知らないのですが 当時は、中学の校区内に部落差別を受けていた町が現実にあって 正直、授業で部落差別のことを教えてもらうま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンセン病隔離政策を考える~長島愛生園から~

姫路市東部にある 美野の郷交流館で開催されている「ハンセン病隔離政策を考える~長島愛生園から~」に家内と足を運んできました。 中学生時代に映画「砂の器」でハンセン病(当時は「ライ病」と呼んでいたようです)が、ストーリーの中で重要なウェイトを占めていたことから、自分が生きている限り、忘れずにしたいと思い、長島愛生園には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しのびつか公園(岡山県瀬戸内市)

長島愛生園を後に 来た道を戻る途中・・・ 勿論、一本道なので、行く際にもここを通った際、長島愛生園を目指す気持ちが強く、帰りに立ち寄らせて頂こうと思い、通り過ごしたのですが 帰り道、立ち寄らせて頂きました。 「しのびつか公園」 今でこそ、研究が進み、ハンセン病は非常に感染力が低い感染病である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長島愛生園-後編(岡山県瀬戸内市)

蔦が絡まる歴史を感じる建物 「愛生歴史館」として、愛生園に関する資料を展示されています。 ここは、一般の見学施設として開放されています。 http://www.aisei-rekishikan.jp/exhibit1.html 一階には、常設展示室、医学展示室、映像室、ギャラリーなどがあって …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長島愛生園-前編(岡山県瀬戸内市)

「長島愛生園」・・・ この名を知ったのは、映画「砂の器」を観た時なので、もう40年以上前になります。 映画の中では、「長島愛生園」と言う固有名詞は出てきませんでしたが、主人公の父親が収容された岡山県にある国立療養所だったことから 学校の帰りに図書館に行ってハンセン病のことを調べて知りました。 あれから、40年以上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邑久長島大橋(岡山県瀬戸内市)

昭和63年2月竣工 邑久(おく)長島大橋と名付けられていますが、虫明の街と対岸の長島との間の「瀬溝の瀬戸」と呼ばれる潮流の早い海峡を跨ぐ橋 全長185mの橋に「大橋」の名が付けられたのには、やはり、この橋の意味することの大きさを表しているように感じます。 邑久の街を抜けると目の前に水色のアーチ橋が見えて来て …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鶉野飛行場跡-後編(兵庫県加西市)

鶉野飛行場跡周辺には 戦争の遺跡がたくさん残っていて・・・ 飛行場の南にコンクリートで作られたドーム状の建造物があって これは、防空壕として使用されていたものです。 普段は、鍵が閉じられているようですが、あらかじめ予約しておけば、中の見学も可能とことです。 防空壕の南側には、神戸大学農学部の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶉野飛行場跡-中編(兵庫県加西市)

飛行場跡地の 丁度、真ん中辺り・・ 西側に沿って走る道路沿いに「平和祈念の碑」が建立されています。 「姫路海軍航空隊 鶉野飛行場跡」と刻まれた碑の横には 「神風特別攻撃隊白鷺隊記」とあり やはり、太平洋戦争末期、戦況の悪化とともに「神風特攻隊」として多くの命が散ってしまいましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶉野飛行場跡-前編(兵庫県加西市)

北条鉄道巡りの途中 県道23号線を走っていると、道路際に「鶉野飛行場資料館」の立て看板が目に止まり立ち寄ってみました。 資料館は、残念ながら休館日だったので 見学が叶わなかったのですが、せっかくだったので、近くに残る「「鶉野飛行場」関連する場所を訪ねてみることにしました。 鶉野飛行場は、第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中之島の再開発も大詰め

2012年11月に フェスティバル・ホールが入居する四ツ橋筋の東側のビルが完成し 遅れること4年半・・・ ようやく、西側のビルがほぼ完成 四ツ橋筋を挟んでツインタワーが並び立つ姿は壮観ですね。 東側のビルの低層階にはフェスティバル・ホールが入居しているため少し形状が違いますが、上層階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北近畿と舞鶴の旅行記(その12・舞鶴引揚桟橋)

「舞鶴引揚記念館」を後に 高台から海岸線に降りると目の前の「招霊の碑」に この地がおごそかな場であることを教えてくれます。 ここが引揚船が着岸した桟橋です。 多くの引揚者は、この桟橋に足を下ろした瞬間が、苦難の中、ようやく本土にたどり着いた安堵感をかみ締めたことでしょうね。 桟橋横に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北近畿と舞鶴の旅行記(その10・舞鶴引揚記念館)

舞鶴市街地から リアス式海岸に沿って北上すること15分くらい? 舞鶴湾の北東の一番奥に位置する高台に「舞鶴引揚記念館」があります。 この施設に収蔵されている資料がユネスコ世界記憶遺産に登録されているようですね。 https://m-hikiage-museum.jp/?vm=r&s=1 昭和20年8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北近畿と舞鶴の旅行記(その9・海上自衛隊・舞鶴地方隊)

赤レンガ倉庫群の 西側には自衛隊桟橋があり海上自衛隊の艦船が停泊しています。 桟橋は、土日には一般の見学にも開放されているようですが、訪れた日が平日だったため、遠くから眺めるだけ・・・ ちょっと残念ですが、仕方ないですね。 他の艦艇に比べるとひときわ大きな船が目に止まり もしかして? 艦艇番号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく、雪も溶けてきました。

先週の前半は 全国的にも寒波が襲って 山陰地方も結構な雪 特に月曜日は、翌日、テレビニュースでも取り上げられていましたが、鳥取県の東の鳥取自動車道と西の米子自動車道が豪雪のため、通行止め。 その影響で、多くの車が立ち往生して、車の中で一夜を明かした方もたくさんいたようですね。 わたしも・・・本来なら、伯備線で移…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根原子力館(後編)(島根県松江市)

奥に進むと 原子力発電所の内部・・・・ 圧力容器のモックアップを間近に見ることができます。 丁度、この黄色く印をつけた部分ですね・・ 右にはタービンが見えます。 燃料棒がどのように収納されているのか・・ これも、原寸大で展示されています。 ある意味、大きいと思いつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根原子力館(前編)(島根県松江市)

全国に17箇所(51炉)ある原子力発電所の中で 唯一、県庁所在地に存在する中国電力の島根原子力発電所 現在、1号/2号炉とも定期点検で停止中で、安全対策工事が行われていて 既に、1号炉は、住民投票で廃炉が決まっているようですが、並行して3号炉の建設を進めているようですね。 発電所に隣接する、中国電力の「島根原子力館」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎重工創立120周年記念展 -世界最速にかけた誇り高き情熱-

名機「飛燕」の実物が展示されている と言うことで話題になっている、神戸港のポートターミナルにある大ホールで開催されている「川崎重工創立120周年記念展」に行ってきました。 JRとポートライナーを乗り継いで、ポートターミナル駅に着いたのは、9時半だったのですが・・・ 既に多くのファンが列を作ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国生み神話の島」旅行記(2016)(その9-北淡震災記念公園(後編)) (兵庫県淡路市)

「野島断層保存館」の外 何となく場違いな感じがする古びたコンクリートの壁 これは、「神戸の壁」と名付けられた壁で 阪神淡路大震災の際、甚大な被害を受けた場所のひとつ、長田の街にあった若松市場の防火壁 町中、揺れと火災で壊滅的な状況の中、揺れにも耐え残ったものです。 長田の街の復興のため、一時、取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国生み神話の島」旅行記(2016)(その8-北淡震災記念公園(前編)) (兵庫県淡路市)

今から21年7か月前 1995年1月17日 午前5時46分に発生した「阪神・淡路大震災」 原因となった野島断層 野島断層は淡路島の北西部を南北に走っていて・・・・ 震災の記憶を風化させないため、整備されたのがここ「北淡震災記念公園」 公園内には、被災された方を慰霊するための記念碑と、あの時、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

板宿市場(神戸市須磨区)

板宿駅の改札を出て 地上にあがると、板宿市場に繋がっています。 アーケードに覆われた懐かしい雰囲気を醸し出した商店街が北に伸びています。 南北に大通りがあって 東西にクロスする道沿いも市場になっていて・・・ 細い路地は、立ち寄った日が市場の定休日だったのか、シャッターが下ろされていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕暮れの平和記念公園(広島県広島市)

伊勢志摩サミットが始まり いよいよ、明日、アメリカの現職のオバマ大統領が広島を訪れることに 戦後71年・・・ 自分の人生より長い期間のため、正直、実感がわきませんが、それくらい長きに渡って、この時を多くの方が待っていたのだと思います。 ケリー国務長官が訪れて一か月余り・・・ 71年間訪れなかったこの機会が一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産「姫路城マラソン2016」

播磨地方は 朝から天候に恵まれて・・・ 暖かく、快晴。 平成の大修理の完成を記念して、昨年に第一回の「世界遺産 姫路城マラソン」が開催されました。 完成記念と言う名目もあって、二回目以降の開催はどうなるのかな??と思っていたのですが、関係者の皆さんの努力が実って、二年連続での開催となりました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平和の道(広島市中区)

少し時間に余裕があったので 広島駅から目的地まで散歩がてらに歩いていると 太田川の支流の京橋川沿いに整備された遊歩道を歩いていると・・・ 「平和の道」のプレートを発見。 この石畳を敷き詰め整備された道は「平和の道」とのこと・・・・・ 市電が走る「稲荷橋」が見えます。 北側を臨む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長田北港を散策(神戸市長田区)

長田の街を南に歩き続けて 行きついたのは、小さな港町 そりゃ、瀬戸内海に面した神戸の街なので、南に歩いて行きつくのは海に決まっていますが、正直、この風景は意外でした。 もう少し西に行けば・・・垂水や明石などは、漁港としてイメージがあるのですが、神戸港から西に数キロしか離れていない場所に、このようにのどか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長田の街を散策(神戸市長田区)

小春日和だったので 西代の駅から南に向かって、久しぶりに長田の街を散策することに・・・ 広い道路が走り綺麗に区画整理が行われ、高層マンションや公園などが整備され、おしゃれな街ですが 20年以上前は、道はもう少し狭く、また、多くの家や町工場が立ち並ぶ下町だった記憶があります。 この辺りは、阪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前オマーン国王夫人 清子アルサイド墓所(兵庫県稲美町)

播磨平野の東南部 JR東加古川駅から北に徒歩で30分ほど ため池と田んぼが広がる田園地帯の中にある・・・正直、どこにでもあるような墓苑 近くには県立高校があります。 その一画に・・・・ 墓石に刻まれた文字を見ると・・・ちょっと珍しいカタカナが見えます。 よく見ると・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more