圓融天皇陵(京都市右京区)

後村上陵(のちのむらかみのみささぎ) 第64代圓融天皇は、醍醐天皇、村上天皇の天皇親政期と藤原摂関政治の絶頂期と藤原道長の時代との中間に即位した天皇です。 次々と藤原氏からの圧力に嫌気がさして26歳の若さで花山天皇に譲位して、上皇になられたようです。 その名を記する円融寺で亡くなり火葬に付され一旦は、円融寺の背後の…
コメント:0

続きを読むread more

文徳天皇陵(京都市右京区)

田邑陵(たむらのみささぎ) 第55代文徳天皇は、平安時代初期、藤原氏が台頭するきっかけの一つとなった承和の変で、伯父の藤原良房に推され、仁明天皇の譲位によって即位したようです。 その陵は、京福電鉄の鳴滝駅から西に入った閑静な住宅街の奥に静かに佇んでいます。 住宅街と言いつつも、横には文徳池と呼ばれるため…
コメント:0

続きを読むread more

後宇多天皇陵(京都市右京区)

蓮華峯寺陵(れんげぶじのみささぎ) 第91代後宇多天皇は、鎌倉時代に8歳で即位したようですが、幼かったこともあって父の亀山上皇が院政を敷いていたようです。 治世中には、文永・弘安の役、いわゆる元寇が発生しています。 そんなこともあって、鎌倉幕府の執権であった北条時宗が力を持ってたようですね。 幕府の斡旋により、持…
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨天皇陵(京都市右京区)

嵯峨山上陵(さがのやまのえのみささぎ) 第52代の嵯峨天皇は、平安京に遷都した桓武天皇の第二皇子になります。 兄の平城天皇が平城京に還都を試み、それに失敗したことで譲位され天皇に即位したようです。 京都の西、この辺りを離宮の地と定め、そのなが示す通り、嵯峨離宮(のちの大覚寺)を造営し、そこで院政を敷いたとのこと。 そ…
コメント:0

続きを読むread more

後龜山天皇陵(京都市右京区)

嵯峨小倉陵(さがのおぐらのみささぎ) 第99代で即位した後龜山天皇は、それまで南北朝として別れていた朝廷の統一を成し遂げた天皇です。 後醍醐天皇から続いた南朝の最後の天皇で、北朝を指示する足利義満の調停案を受け入れて、北朝の後小松天皇に譲位することで南北朝が統一されました。 明治44年に南朝が正統とされたため、歴代…
コメント:0

続きを読むread more

龜山天皇陵(京都市右京区)

龜山陵(かめやまのみささぎ) 第90代龜山天皇は、鎌倉時代の天皇で あの歴史的な大事件である元寇が起こった時に上皇として院政を敷いていました。 元寇に対して、伊勢神宮や熊野大社などに積極的に自らが異国降伏の祈願を行っていたようです。 後に大覚寺統と兄の後深草天皇の持明院統の対立が生じて 大覚寺統は、後の南朝に、持明院統…
コメント:0

続きを読むread more

御嵯峨天皇陵(京都市右京区)

嵯峨南陵(さがのみなみのみささぎ) 第88代は、鎌倉時代の初期の天皇です。 諡が示す通り、平安自体に嵯峨天皇が現在の大覚寺のちに離宮を築いて知性を行なったことにならって、その南に現在の天龍寺の地に嵯峨殿と呼ばれる離宮を築いたとのことです。 その後、足利尊氏によって、嵯峨殿と龜山殿は、天龍寺と名を改められたとのことです。 …
コメント:0

続きを読むread more

霊亀山・天龍寺(京都市右京区)

長慶天皇陵を後に 嵐山まで足を伸ばして・・・ 自転車を駐輪場に停めて、天龍寺を散策することにします。 今回の旅の目的は、天皇陵巡りで、神社仏閣は、回るつもりはなかったのですが、ここ、天龍寺境内には、龜山天皇と後嵯峨天皇の陵墓があるため、入場料を払って境内を散策することにしました。 とは言え、境内の…
コメント:0

続きを読むread more

長慶天皇陵(京都市右京区)

嵯峨東陵(さがのがしのみささぎ) 第98代長慶天皇陵は、嵐電嵯峨駅から西に道路を挟んですぐのところにあります。 長慶天皇は、南北朝の南朝の第三代天皇で、正式に歴代天皇の一人として認定されたのは、大正15年とのことのようです。 陵には、皇子であった南禅寺の住持であった海門承朝の陵墓でもあるようです。 …
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨嵐山駅界隈を散策

嵯峨野山陰線を利用することはほとんどなくて 阪急電車や車で訪れたことは何度か嵐山に足を運んだことがあったのですが 今回、洛西の天皇陵を巡るため、嵯峨嵐山駅を利用しました。 京都駅から福知山行きの列車に乗ったのですが、通勤電車??と思うくらい満員。 でも、この駅でほとんどのお客さんが降りたのでは??と思うほ…
コメント:0

続きを読むread more

新竹三楽(兵庫県姫路市)

ネットで見つけた姫路卸売市場の中にある 「新竹三楽」にランチに立ち寄ってみました。 産業道路の信号を左折で場内に入ると二階に上がる坂道をそのまま上ると広い駐車場が広がります。 その右奥にあります。 外観を見ると・・・営業してるの??と言う感じで、引き戸を開けるのにちよっと勇気が入りますね。 引き戸を…
コメント:0

続きを読むread more

炭焼きうなぎ「きく川」(兵庫県姫路市)

休日のランチ 家内とちょっと贅沢しようか??と立ち寄ったのが 姫路郊外にある鰻屋さん「きく川」 開店してあまり時間が経っていないのに、店に入るとテープル席には既に数組の家族がいて それ以外のテーブル席やカウンターの席には「御予約席」と言うプレートが置かれていて とても人気のお店だったようです…
コメント:0

続きを読むread more

牛窓オリーブ園(岡山県瀬戸内市)

日本のエーゲ海と呼ばれる牛窓・・・・ 瀬戸内海に面した丘の上に広がるオリーブ畑は、柔らかい秋の日差しを浴びて癒しの空間を提供してくれます。 北には、日本最大級の太陽光発電所が広がり 南には、小豆島を臨むことができ 景色を眺めていると、耳の奥では「瀬戸の花嫁」が流れます(笑) …
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内Kirei太陽光発電所(岡山県瀬戸内市)

長島を後に岡山ブルーラインを西に走り 道の駅「一本松」で休憩。 一本松展望台から南を望むと そこに広がるのは、ちょっと異質な風景 ここは、以前、塩田が広がっていた場所だったようですが 日本最大級の太陽光発電所が建設され、昨年から商用運転が開始されているようです。 太陽光パネルは、南向きに傾けら…
コメント:0

続きを読むread more

長島愛生園(岡山県瀬戸内市)

ここを訪れるのは、2017年の春以来です。 ハンセン病の隔離施設として、暗い過去があることを忘れさせられるほど、秋のほんのり温かい日差しが注ぐ瀬戸内海はとても穏やかで 歴史館では、家内と二人しかいなかったので、ゆっくりと展示されている資料を拝見することができました。 いろんな資料を見た上で当時のジオラマ…
コメント:0

続きを読むread more

海鮮料理「磯」(岡山県備前市)

秋が深まる中・・・ 天気が良かったので家内とちょっと足を伸ばして岡山までドライブに行ったのですが 赤穂から西に走っていて・・・ ちょうど、日生にお昼の時間だったので、春に会社の知人たちと行ったことがある海鮮料理のお店に立ち寄ってみました。 春に訪れた時は、電車だったこともあって、蒸し牡蠣と茹でたシャコでビール…
コメント:0

続きを読むread more

アリスのツアー最終日

今年のGWに神戸から始まった アリスによる全国ツアー「ALICE AGAIN 2019-2020 限りなき挑戦 -OPEN GATE-」・・・。 神戸でスタートした後、関西地区は、東大阪、和歌山、京都などと巡っていたようなのですが チケットにチャレンジしようと思っても、ちょっと遠いし・・と二の足を踏んでいたら そ…
コメント:0

続きを読むread more

今年こそ、師走にススタイリスティックス

毎年、年末になると ビルボード大阪でライブをやっているスタイリスティックス・・・ 何度か行こうかなぁ と思いつつ、どうしても12月は予定が合わず、ずっと見送ってきました。 いつもライブに一緒に行く知人も、できたら、スタイリスティックスのライブは行ってみたいよなって言われていたので・・・・ 今年もどうかな?と思っ…
コメント:0

続きを読むread more

翼果楼(滋賀県長浜市)

せっかく、長浜まで足を伸ばしたので 名物の「焼き鯖そうめん」を食べようと思って テレビなどで取り上げられたことがある有名な「翼果楼」に入ってみました。 メインストリートに面しているのですが、入口は、右の路地を入ったところらあって 引き戸って・・・情緒がありますね。 店内は、古民家のような佇ま…
コメント:0

続きを読むread more

黒壁スクエア(滋賀県長浜市)

長浜駅から東側 古い街並みが広がっていて その一画、旧北陸街道沿いに立ち並ぶレトロな建物 古い町家やクラシカルなショップや飲食店が立ち並ぶ歴史景観エリアは黒壁スクエアと呼ばれています。 明治時代「黒壁銀行」の愛称で知られた第百三十国立銀行長浜支店の建物を利用する「黒壁ガラス館」 …
コメント:0

続きを読むread more

長浜鉄道スクエア(滋賀県長浜市)

長浜駅の南に隣接する「長浜鉄道スクエア」 煉瓦造りの建物が時代を感じさせてくれるのですが ここは、もともとは、長浜駅の駅舎だったようで1882年に完成したとのことなので、140年近くの歴史があるたいものですね。 現存する日本最古の鉄道駅舎のようです。 当時の改札口がそのまま遺されています。 …
コメント:0

続きを読むread more

長浜城を散策(滋賀県長浜市)

このお城を訪れるのは 西国三十三箇所巡りのバス旅行で2018年の12月に訪れましたが バス旅行の場合、高速道から直接、長浜港に行き、竹生島を往復して、すぐに港からバスで次の目的地に行ったので、長浜の街をゆっくりと訪れるのは、新婚当時に琵琶湖一周のドライブをして以来なので 長浜城を訪れるのも35年ぶりかな?? …
コメント:0

続きを読むread more

長浜駅界隈を散策(滋賀県長浜市)

米原駅から北陸本線に乗り換えて 三つ目・・・・ 滋賀県だと、湖東を走る東海道本線と湖西を走る湖西線のイメージがあるのですが 米原から北は・・・確かに北陸本線ですね。 敦賀方面を臨む 米原方面を臨む 秀吉が開いた街ということで、あちらこちらに羽柴秀吉の姿を見ることができます。 …
コメント:0

続きを読むread more

岸和田城を散策(大阪府岸和田市)

だんじりの街、岸和田を代表する建物 楠木正成の一族であった和田高家によって築かれたと言われている岸和田城を散策してみました。 南海電車の岸和田駅から徒歩で10分ほど??? 岸和田市役所の隣に位置しています。 市役所側から入るとまずは二の丸の櫓が目の前に現れます。 大手門をくぐって城内に足を踏…
コメント:0

続きを読むread more

南海電車・岸和田駅

だんじりの街の表玄関 なんか・・・なぜ、って思うくらい駅全体が暗い感じですね。 堺方面を臨む ふるさと納税の件で全国的に一躍有名になった泉佐野方面を臨む 改札を出ると・・・ 目の前に朝ドラ「カーネーション」の舞台となったことを宣伝している横断幕が迎えてくれました。 尾野真千…
コメント:0

続きを読むread more

南海電車・新今宮駅

環状線の駅から改札を出ると すぐ目の前には南海電車の改札があります。 物理的には、天下茶屋駅を過ぎてから分離する南海本線と高野線は、すでにこの駅でホームが分かれています。 なんば方面を臨む 天下茶屋方面を臨む 北東には新世界が広がっており、南側はあいりん地区が広がっています。 …
コメント:0

続きを読むread more

新今宮駅界隈を散策

大阪の環状線の駅 コテコテの大阪って言われている新世界の最寄りの駅ですね。 ホームから新世界のシンボル、通天閣が見えます。 大阪方面を臨む 天王寺方面を臨む 地下鉄や南海電車と駅が繋がっていますが 環状線の新今宮駅は浪速区にあって、隣接する南海電車の新今宮駅は西成区のよ…
コメント:2

続きを読むread more

インド&ネパール料理「タージマハル エベレスト」(大阪府豊中市)

千里中央から北に歩いて ヤマダ電機の4階のレストラン街の一画にあるインドカレーのお店にランチに立ち寄ってみました。 元々はうどん屋さんだったようで 居抜きなので、どことなく和風の雰囲気がありますね。 Aランチでいつもの通り激辛を選択。 大きなナンだけでも結構なボリュームがありそうなのに …
コメント:0

続きを読むread more

カレーうどん「まんてん」(兵庫県西宮市)

甲子園口の南 国道2号線の交差点の前にあるカレーうどんの「まんてん」にランチに立ち寄ってみました。 扉を開けて店内に足を踏み入れると、コの字型のカウンター席が目の前に・・・ 開店して間もない時間だったので、他にお客さんがいなかったので、貸切状態で、カウンター席に腰をかけて 甲子園球場に近いからか、阪神…
コメント:0

続きを読むread more

鳳徳山・大佛寺(富山県高岡市)

のとじま水族館を出たのが11時過ぎだったので 帰り着く家に時間を考えると、あまり他の観光地を巡るという時間もないので 金沢に戻るため、能越自動車道を走りながら、昼食の場所と途中立ち寄るところからないか考えていたら 奈良の大仏、鎌倉の大仏と並ぶ三大仏と呼ばれている「高岡大仏」が通り道にあることがわかり、駆け足で立ち寄ってみる…
コメント:0

続きを読むread more

のとじま水族館-後編(石川県七尾市)

水族館本館で魚たちを鑑賞した後 雨の中、屋外施設を見て回ることに ちょうど、イルカショーが始まる時間が近づいていたので、急ぎ足で、イルカ・アシカショーへ 台風が過ぎた翌日、雨の平日の朝一だったこともあって、観客は半分くらい?? イルカショーが始まると四頭のカマイルカがプールを縦横無尽に泳ぎ …
コメント:0

続きを読むread more

のとじま水族館-前編(石川県七尾市)

三日目は・・・ 曇り空で・・・どこを回ろうか??? 迷った挙句、近くにあった「のとじま水族館」に足を運ぶことにしました。 七尾湾に浮かぶ能登島の北側に位置し、能登半島近海に住む魚を中心に約500種の生き物が飼育された水族館です。 入口を入ると、目の前に「ジンボエザメ館」があって 中に入ると大きな水槽…
コメント:0

続きを読むread more

加賀屋グループ「虹と海」(石川県七尾市)

二日目の宿泊は 和倉温泉の一画、七尾湾に面した「虹と海」と言うちよっとおしゃれなホテル ここは、おもてなし日本一と言われている加賀屋グループのホテルのようなので、やっぱり期待してしまいますね。 部屋はさほど広くはなかったのに清潔感があって落ち着きます。 ベッドが置かれたスペースからは大きな…
コメント:0

続きを読むread more

七尾城址を散策(石川県七尾市)

白川郷を散策した後は 雨は降っていなかったのですが、台風の影響で風がきつい中 宿泊先の和倉温泉を目指すことに。 高速道を利用したのですが、途中、風の影響で速度規制がされたりで 予定より大幅に遅れて七尾市内に着いたのですが 「七尾城址」の看板が目にとまり・・・・ 確か百名城の一つだったことを思い出して・・・せっ…
コメント:0

続きを読むread more

豚屋「とん一」(兵庫県姫路市)

用事があって 姫路駅前に出かけた際・・・・ みゆき通り商店街の入口のお店のカツ丼の看板が目について 無性に食べたくなって、ぷらっと入ってみました。 店内は、新しいこともあると思いますが、とても清潔感が感じられ カウンター越しにトンカツをあげる様子を見ることができます。 看板にあった…
コメント:0

続きを読むread more

ラーメン「来来亭」花田店(兵庫県姫路市)

全国にチェーン店展開をしている 「来来亭」は、あちらこちらで目にしていたのですが、今まで一度も入る機会がなかったのですが・・ 小川橋から国道372号線を走っている際に・・・あの黄色い建物が目にとまり 入ってみることに。 開店して間も無くだったため、貸切状態。 カウンターに座り・・メニューを見て …
コメント:0

続きを読むread more

白川郷・荻町合掌集落(岐阜県白川村)

昼食を済ませて 白川郷を目指すと 5分ほど走ったところで右折して、町営のせせらぎ公園の駐車場を目指すことに 6年前に訪れた時は、GWと言うこともあって、このあたりの道は渋滞で・・ 駐車場に入るまでにとても時間がかかった記憶があったのですが、今回は、三連休だったのに台風の影響もあって、空いていましたね。 でも・・・駐車場に着…
コメント:0

続きを読むread more

道の駅「白川郷」(岐阜県白川村)

以前、白川郷は、知人たちと訪れたことがあったので どうしようかとも思ったのですが、家内と息子は訪れたことがなかったので 五箇山を後に車で20分ほど国道を南下して白川郷を目指すことにします。 途中、昼食にはちょっと早いと思いつつ、道の駅の看板が目に止まったので 昼食休憩をすることにします。 レストランは、やっぱり…
コメント:0

続きを読むread more

五箇山・菅沼合掌集落(富山県南砺市)

相倉合掌集落を後に 南に10kmほど離れた場所にある菅沼合掌集落に向かうことに 10分ほど走ったところで駐車場の看板が目にとまり 駐車場に車を止めると、駐車場の一画に観光用のエレベーターがあって 丘の上の駐車場から下に広がる集落まで歩くのは、ちょっとタフなようなのでエレベーターが設置されています。 まぁ、世界遺産で…
コメント:0

続きを読むread more

五箇山・相倉合掌集落(富山県南砺市)

二日目も台風が近づいていることもあっ 雨は降っていないのですが、曇り空 その上、結構強い風が吹く中・・・ レンタカーを借りて、世界遺産の五箇山を訪れることに 金沢市内から高速道路を利用して約1時間??? 最初に訪れたのは、世界遺産として登録されている五箇山の中でも北に位置する「相倉合掌造り集落」 日本…
コメント:0

続きを読むread more

正久山・妙立寺(石川県金沢市)

昼食を終えて どこに行こうか・・・迷ったのですが 前回訪れた時に私は、金沢城、兼六園を巡っていたので 忍者寺と呼ばれている「妙立寺」に足を運びました。 もともとは金沢城内にあったようですが、三代藩主の前田利常が前田家の祈願所としてこの地に移築したのが始まりのようです。 創建当時は、外様大名の中でNo1の莫大な財…
コメント:0

続きを読むread more

カレーのチャンピオン(石川県金沢市)

今年2回目の金沢の旅 まぁ、前回は、出張だったので、旅とは言えないかな 今回は、家内と息子と三人で訪れました。 台風が近づく中だったので、鉄道がまらないか心配していたのですが、なんとか大丈夫で 無事、金沢の街に着いて・・・ まずは、バスの一日チケットを購入 ホテルに荷物を預けて・・・ そして、昼食は・・・・ 近江…
コメント:0

続きを読むread more

「御座候」あずきミュージアム(兵庫県姫路市)

あずきのトンネルの先には、 あずき色をした正十二角形のあずきミュージアムがあります。 入場料が大人1200円だったので ちょっとためらったのですが・・・ まぁ、せっかくの機会だからと思い、入場してみました。 あずき型の入口のアーチを潜るとあずき食品の数々が展示されています。 なんか・・・ち…
コメント:0

続きを読むread more

「御座候」本社工場見学(兵庫県姫路市)

午前中に二回 本社に隣接する工場見学ができます。 せっかくの機会なので、参加してみました。 14年前に建てられた建物で、食品を扱うだけあって内部はとても清潔に保たれている工場です。 まずは、廊下のバネルで工場の概要などの説明の後、廊下にあるガラス窓越しに見学になります。 全国にあ…
コメント:0

続きを読むread more

「御座候」本社-里山庭園(兵庫県姫路市)

「姫路にうまいもん」と言う キャッチフレーズで有名な「御座候」さん 一般的には、今川焼き??と言うのかも 「御座候」さんでは、回転焼きって呼んでますね。 子供の頃から食べていて・・・お気に入り一品です。 昔、上司だった九州出身の方が、なぜか大阪から離れた姫路の回転焼きの大ファンだったことを思い出しました。 …
コメント:0

続きを読むread more

ハンバーグ&ステーキ「聖」(兵庫県姫路市)

国道二号線を姫路市街地から西に走り 太子インターチェンジから脇道にそれて走ること5分ほどの道沿いにあるネットで見つけた洋食のお店に家内とランチに行ってみました。 店内は、とてもゆったりとしたレイアウトで落ち着いた雰囲気が漂っています。 私はチキンステーキ(200g)のAセット、家内は和風ハンバーグランチ…
コメント:0

続きを読むread more

大阪モノレール「ニックン&セイチャン」列車

万博公園駅のホームで 彩都線の列車を待っていたら入線してきたのが、「ニックン&セイチャン」列車 金髪の男の子と女の子のキャラクターは、「ニックン」と「セイチャン」 このキャラを見るだけで、ソフトクリームを思い出しますね。 ソフトクリームメーカーの日世さんが広告主のようですね。 どちらかと言うとソ…
コメント:0

続きを読むread more

大阪モノレール「茨木ファミリーショップ」列車

「千里中央駅」のホームで待っていると 入線してきたのは、全身が黄色にラッピングされた車両。 今年の春にデビューしたばかりの・・・「茨木ファミリーショップ」列車のようですね。 Pana Homeさんが広告主なのかな??? マンションの分譲を宣伝しているようで・・・当該マンションが売り切れたら…
コメント:0

続きを読むread more

大阪モノレール・彩都西駅

彩都線のターミナル駅 15年ほど前に街開きがされた彩都地区・・ 正式には、国際文化公園都市と呼ぶのかな??? 住宅地とともに、生命科学の研究開発拠点、国際的な文化学術交流の拠点として開発した街で公的機関や企業の開発拠点やデータセンターが立地されている場所です。 そんな街の玄関口になるのが、ここ「彩都西駅」 …
コメント:0

続きを読むread more

大阪モノレール・豊川駅

阪大病院駅の北には 「豊川駅」があるのですが・・・ 彩都方面を臨むと緑の中に遠くに白い建物が林立している姿が見えます。 阪大病院方面を臨む なんで、ここに駅があるの?? 失礼ながら、利用客はいるの??と思うほど、駅の周りは田園地帯 確かに、阪大病院駅と彩都西駅となると結構な距離があ…
コメント:0

続きを読むread more