御嵯峨天皇陵(京都市右京区)

嵯峨南陵(さがのみなみのみささぎ) 第88代は、鎌倉時代の初期の天皇です。 諡が示す通り、平安自体に嵯峨天皇が現在の大覚寺のちに離宮を築いて知性を行なったことにならって、その南に現在の天龍寺の地に嵯峨殿と呼ばれる離宮を築いたとのことです。 その後、足利尊氏によって、嵯峨殿と龜山殿は、天龍寺と名を改められたとのことです。 …
コメント:0

続きを読むread more