テーマ:百名城

江戸城址を散策(その3)(東京都千代田区)

天守閣跡を後に 反時計回りで本丸を散策することに 忠臣蔵で有名な松の廊下跡 浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷に及んだ場所ですね。 松の廊下は、江戸城で2番目の長さを誇り畳敷きの立派なものだってようです。 大奥の近くにあったことから、非常時に大奥の調度品などを避難させたと考えられている石室 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸城址を散策(その2)(東京都千代田区)

中之門跡を進むと 目の前に四万坪と言われている広大な本丸跡が広がります。 中央には芝生が張り巡らされ整備された広場が広がっていて 砲塔の跡などもあったようです。 家康から三代家光の時代にかけて築城され、当時は、表・中奥・大奥など壮大な建物が所狭しと立ち並んでいたようです。 本丸の北西には、天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸城址を散策(その1)(東京都千代田区)

皇居見学ツアーが午前中に終わったので 東御苑の方も回ってみることにしました。 こちらは、おととしに訪れた際、金曜日だったこともあって休園のため、見学を見送った場所です。 旧江戸城の正門となる大手門から入城 江戸城完成時には、この形ではなく、江戸城修復の際に伊達政宗らによって今の桝形の城門になったよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長浜城を散策(滋賀県長浜市)

このお城を訪れるのは 西国三十三箇所巡りのバス旅行で2018年の12月に訪れましたが バス旅行の場合、高速道から直接、長浜港に行き、竹生島を往復して、すぐに港からバスで次の目的地に行ったので、長浜の街をゆっくりと訪れるのは、新婚当時に琵琶湖一周のドライブをして以来なので 長浜城を訪れるのも35年ぶりかな?? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岸和田城を散策(大阪府岸和田市)

だんじりの街、岸和田を代表する建物 楠木正成の一族であった和田高家によって築かれたと言われている岸和田城を散策してみました。 南海電車の岸和田駅から徒歩で10分ほど??? 岸和田市役所の隣に位置しています。 市役所側から入るとまずは二の丸の櫓が目の前に現れます。 大手門をくぐって城内に足を踏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七尾城址を散策(石川県七尾市)

白川郷を散策した後は 雨は降っていなかったのですが、台風の影響で風がきつい中 宿泊先の和倉温泉を目指すことに。 高速道を利用したのですが、途中、風の影響で速度規制がされたりで 予定より大幅に遅れて七尾市内に着いたのですが 「七尾城址」の看板が目にとまり・・・・ 確か百名城の一つだったことを思い出して・・・せっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郡山城址を散策(奈良県大和郡山市)

豊臣秀吉の弟 大和大納言、羽柴秀長の居城であった郡山城址を散策してみました。 元々は、筒井重慶によって築かれ、、羽柴秀長らによって改修されたと言われています。 続日本100名城にも選ばれています。 追手門は、昭和58年に再建されています。 柳沢文庫は、訪れた月曜日は休館だったため残念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産「姫路城」小天守群内部公開(その3)

小天守群の見学が終わって 足を痛めているので、どうしようか迷ったのですが、折角、高額の入城料を払ったので・・・(笑) 「西の丸」も見学することにしました。 「西の丸」の見どころは、なんと言っても「百間廊下」と千姫の持参金で建てたと言われる「化粧櫓」ですね。 南側の櫓から「百間廊下」に入ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産「姫路城」小天守群内部公開(その2)

大天守の階段を一気に降りて いつもなら、そのまま出口なのですが 今回は、小天守の一般公開と言うこと、観覧券を購入。 観覧券は、姫路城が国宝に指定された昭和9年の時に使用されたものを復刻したものが使われていました。 待ち時間は、10分くらいありました。 姫路城は、東南に大天守があり、そこから時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産「姫路城」小天守群内部公開(その1)

毎日、目にしている姫路城 身近すぎて・・・ いつもは、散歩がてらに「三の丸」広場に足を運ぶ程度だったのですが 久しぶりに・・・ 「世界遺産登録25周年記念」と銘打って小天守群の内部が期間限定(2月中)で公開されているとのことで 平成の大修理が終わって4年目にして、久しぶりに入城料を払って城内に足を運びました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音寺城址を散策(滋賀県近江八幡市)

観音正寺がある 繖山全体が観音寺城と言う山城となっています。 南北朝時代に六角氏が砦を築いたのが、この城の始まりです。 山頂の駐車場から観音正寺に向かう途中に細い山道に「佐々木氏城跡」と記された道しるべがあります。 でも、見過ごしてしまいそうなくらいですね。 このまま、道しるべに従って登っていきたい衝動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根旅行記(2018)(その2)小田原城址を散策

小田原駅に着くなり大きなアクシデント・・・ 小田急/箱根登山鉄道の駅に行くと、多くの観光客でごった返していて よく見ると・・・なんと「強風のため、箱根ロープウェイーと芦ノ湖遊覧船は運休しています」とのこと なんと・・・ロープウェイが止まっていると芦ノ湖に行くのが難しい上、行けたとしても遊覧船が止まってるって・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ満開の姫路城

サクラ満開とのニュースを見て 天気もよかったので、散歩がてらに朝から姫路城に家内と花見に行ってきました。 例年に比べると一週間ほど早いかな? 毎年、4月6日(シロの日)辺りが満開のイメージですね。 早い時間だったこともあって 三の丸広場は、まだまだ、人はさほど多くなくて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千早城址を散策(大阪府千早赤阪村)

楠木正成が築城し 百名城として有名な千早城。 せっかく、観心寺まで来たので、足を伸ばして千早城に行ってみました。 県道沿いの駐車場に車を止めると、管理人のおばちゃんから「石段や坂道が大変やけど頑張って」と励ましの言葉とアメちゃんをもらい、気を引き締めて登城することにしました。 太平記には、鎌倉幕府軍100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋城を散策(その3)(名古屋市西区)

本丸御殿を後に いよいよ天守閣に登ることにします。 ぱっと見は・・屋根に緑青が吹いていて どことなく大阪城の天守閣のイメージに近いですね。 天守閣に入ると大きな金のシャチホコが出迎えてくれます。 大阪城と同様、各フロアーにはいろんな展示がされています。 姫路城が、逆に現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋城を散策(その2)(名古屋市西区)

表ニ之門をくぐると 目の前に復元された本丸御殿の唐門が姿を現します。 本丸御殿は、まだ、復元工事中ですが一部は内部を公開していて見学することができます。 内部に入る際は、壁や柱にぶつけて傷をつけてはいけないためか、手提げかばんの持ち込みは禁止されていました。 廊下を歩くと白木のいい香りが漂っていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋城を散策(その1)(名古屋市西区)

出張では 何度も足を運んでいる名古屋ですが ここ、名古屋城を訪れるのは初めて。 11月に放送されたNHKの「ブラタモリ」で取り上げられたのをきっかけに立ち寄ってみました。 ブラタモリで知ったのですが、名古屋城の空堀には以前、瀬戸市から瀬戸物を運ぶための鉄道が走っていて この東南の角は、ほぼ直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

但馬と鳥取旅行記(その2・出石城址を散策)(兵庫県豊岡市))

皿そばを堪能した後は 出石の街のシンボルである出石城址に足を運んでみました。 『祝出石城・有子山城 続日本100名城選定』の幟が目に止まって・・・ 元々100名城と言うのは認識していて・・・意識的に100名城には足を運びたいと思っていて とは言え、まだ、1/3の33城しか巡れていないのですが、そんな中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松江城を散策(島根県松江市)

以前にも訪れたことがあったのですが 出張のついでに久しぶりに立ち寄ってみました。 国宝に指定されてから初めてですね。 やはり国宝に指定されたためか、以前訪れた時より観光客が多いかな? 入場券を買って天守閣に登閣したのですが 650円はちょっと高いかな? 姫路城は、1000円でとても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高取城址を散策(奈良県高取町)

高取駅から南東に4kmほど 車のすれ違いが厳しい山間の道を抜けた先の高取山の山上に高取城址があります。 曲輪が連なった連郭式の山城で周囲が3kmほどある国内でも最大規模の山城です。 車を降りて、山道を上がって行くことに 歩くこと10分?? 目の先に石垣が見えて・・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津山城址を散策-後編(岡山県津山市)

備中櫓の西には 大きな天守台が遺っていて、往時は四重五階立ての天守がこの上に建っているのを想像すると、何か歴史ロマンを感じることができます。 天守台には上ることができて 天守台の上から備中櫓を臨む 南西の角から津山市街地を臨む 西を臨む 東に目をやると本丸広場を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津山城址を散策-中編(岡山県津山市)

石段を進むと 備中櫓が直ぐ目の前に石垣の上に見えるのですが 石垣沿いに道が続き・・ ほんと、直ぐ上に見えるのに・・・ 石垣沿いに進むと、石段が見え そこを折れ曲がって石段を進み 表鉄門跡を抜けると 目の前に広大に本丸???広場が広がります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津山城址を散策-前編(岡山県津山市)

岡山県の北部 津山市中心部にある津山城址に足を運んでみました。 別名「鶴山城」と呼ばれる津山城は、その名の由来となっている鶴山公園の中にあります。 と言うか、逆ですね。 津山城址を鶴山公園に整備したと言う方が正しいですね。 往時は山全体が城郭になっていたようですね。 関ケ原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多旅行記(2017)(その8)福岡城址を訪ねて(福岡市中央区)

平和台陸上競技場を横に見ながら 天守跡を目指すことに 坂を上がり切ると石垣が目の前に この辺りは、二の丸になるのかな? 公園としてきれいに整備されていますね。 東に進むと石段があり、そこを上がると 県の重要文化財に指定されている「祈念櫓」が目の前に現れま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥取城址を散策-3(鳥取県鳥取市)

二の丸の南 鳥取城の南の端に位置するのが天球丸。 日本では他に類を見ない・・・ここ、鳥取城址にしかない特殊な形をした石垣 半球の形をしています。 こうやって、引いて見ると他の石垣が直線的なだけにその形がよく分かります。 城主池田長吉の姉の天球院がいた場所から名付けられてようですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥取城址を散策-2(鳥取県鳥取市)

鳥取城に唯一残る城門をくぐって 二の丸を目指すことに 立派な石垣が続きます。 山城とは思えないくらい二の丸は広いですね。 二の丸の山側には、石切り場があって、ここで切り出された石を利用して石垣が築かれたようです。 自給自足ですね。 二の丸の中央にある三階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥取城址を散策-その1(鳥取県鳥取市)

以前から行きたいと思っていた 鳥取城址を訪れました。 鳥取県庁のすぐ裏・・・ 甲冑を身に着けた吉川経家公の像がお出迎え。 吉川経家は、羽柴秀吉の鳥取城の干殺しと呼ばれた兵糧攻めを受けた際の城主で、自らの命と引き換えに開城し、多くの家臣の命を救ったことで有名ですね。 像の向こうに見える久松山全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その32・夜の五稜郭を散策(北海道函館市))

ジンギスカンとアルコールでお腹がいっぱい と言うことで、昼と同様、腹ごなしに五稜郭を散策することに 19時過ぎだったので、まだ、五稜郭タワーには観光客が結構残っていて・・ そんな横を抜けて、お濠へ 昼間と違って、とても幻想的 暗闇に浮き出た五稜郭タワー 五稜郭公園の外周はウォー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「道南・青森」旅行記(2016年)(その29・五稜郭を散策(北海道函館市))

おなかが一杯になったので ちょっと腹ごなしに五稜郭を散策することに 平日だったこともあるのか、観光客が少なくて 天気がよく、お濠の周りをのんびりと歩いてみました。 今まで、何度も訪れていますが、 こうやって、お濠の周りをゆっくり歩くのは初めてかも? こうやって、のんびり散策していると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国生み神話の島」旅行記(2016)(その4-洲本城址を訪ねて) (兵庫県洲本市)

淡路サービスエリアから 神戸鳴門自動車道を洲本インターまで南下し、洲本市街地を抜けて洲本温泉まで直行。 いったん、ホテルにチェックイン後、直ぐ近くにある洲本城址に足を運んでみました。 地図を見ると洲本温泉街から小高い山に上って約2kmなので、決して歩けない距離ではないのですが、猛暑・・ それも炎天下の中、右足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more